> How to Use > パーティション管理 > Driver Easyの使い方|Driver Easyは安全ですか

Driver Easyの使い方|Driver Easyは安全ですか

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月14日に更新

概要:

無料のドライバー更新ツールとして、Driver Easyは何百万人ものユーザーに愛用されています。このソフトウェアによってどのようなドライバー情報が取得できますか?Driver Easyの使い方は?このようなドライバー更新ツールは無料で使えますか?この記事では、Driver Easyの使い方について説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

PCが起動せず、ビデオカードが認識されないなど、コンピュータに問題がある場合は、ドライバの更新を行うよう提案されることがよくあります。ドライバーはハードウェアとオペレーティングシステムの間の架け橋のようなものだからです。それがないと、コンピュータ上のデバイスが正しく動作しません。ドライバーを更新するために、Driver Easyというツールが利用可能です。しかし、安全かどうかを疑問視するユーザーもいます。

そのため、この記事では、Driver Easyとは何か、およびDriver Easyの使用方法について説明します。このソフトウェアのメリットとデメリットを充分考慮した上で、安全に使用できるかどうかを確認します。

Driver Easyとは

ドライバー更新ツールのDriver Easyでは、ボタンをクリックすることで、更新する必要のあるドライバーを自動的に検出できます。このツールは、製造元のWebサイトからドライバーを検索してダウンロードするのではなく、ソフトウェアからドライバーを直接ダウンロードすることをサポートしています。

メリット

デメリット

  • オフラインで使用
  • 高速スキャン
  • プログラムからドライバをダウンロード
  • ワンクリックで.infファイルを開く
  • 無料版ではダウンロード速度が遅い
  • ドライバーのインストールはプロバージョンでのみ、ダウンロードは無料版でいい
  • 無料版ではドライバーの一括ダウンロードができない

Driver Easyの無料バージョンを使用している場合は、次のパートに入りましょう。

無料でDriver Easyを使用する方法

Driver Easyの無料バージョンでは、ドライバーの更新が自動的にダウンロードされるため、手動でドライバーをインストールするだけです。

Step 1.Driver Easyを開きます。[今すぐスキャン]ボタンをクリックします。

今すぐスキャン

Step 2.スキャンプロセスが完了するのを待ちます。

Step 3.ドライバーの更新画面で、更新可能なドライバーが表示されます。更新したいドライバーを選択できます。

更新したいドライバーを選択

Step 4.[手動で作成]をクリックし、ドライバーのダウンロードを待ちます。

手動で作成

Step 5.[更新]の右横の下向き三角形をクリックし、[ファイルの場所を開く]を選択します。

ファイルの場所を開く

Step 6.拡張子が[.exe]の場合はファイルをダブルクリックします。それ以外の場合は、[Ctrl]+[C]キーを押して、アドレスバーのアドレスをコピーします。

アドレスバーのアドレスをコピー

Step 7.[Windows]+[R]キーを同時に押して[ファイル名を指定して実行]を開きます。[devmgmt.msc]と入力して、[デバイスマネージャー]を開きます。(または、[Windows]+[X]キーを押して、メニューから[デバイスマネージャー]をクリックします。)

devmgmt.msc

Step 8.カテゴリを展開し、更新するデバイスを選択します。

Step 9.デバイスを右クリックして、[ドライバーの更新]を選択します。

ドライバーの更新

Step 10.[コンピューターを参照してドライバーを検索]をクリックします。

コンピューターを参照してドライバーを検索

Step 11. [次の場所でドライバーを検索します]セクションで、Step 5でコピーしたアドレスを貼り付けます。そして、インストールプロセスが完了するのを待ちます。

次の場所でドライバーを検索

[ドライバーを正常に更新されました]というメッセージによって、ドライバーのインストールが正常に完了したかどうかを確認します。

Windows 10/7でドライバーを手動でインストールする方法

ステップ1.製造元のWebサイトからドライバーを見つけてダウンロードします。

  • ハードウェアのメーカーとモデルを特定します。(検索ボックスに[システム情報]と入力し、詳細を確認します。)

ハードウェアのメーカーとモデルを特定

  • 製造元のWebサイトにアクセスし、ドライバーをダウンロードします。(ドライバーのダウンロード情報が一覧表示されますので、見つからない場合は、Webサイトに電話して問い合わせてください。)
  • .infファイルをコンピューターに保存して解凍します。デスクトップまたは他の見つけやすい場所に保存します。

ステップ2.デバイスマネージャーでドライバーを更新します。

  • [Windows]+[X]キーを押すことで、[デバイスマネージャー]を開きます。
  • 更新するカテゴリを展開します。
  • デバイスを右クリックして[ドライバーの更新]ボタンを選択し、[コンピューターを参照してドライバーを検索]を選択します。
  • ドライバーを検索する場所を選択します。
  • [次へ]>[閉じる]をクリックします。

Driver Easyは安全、そして必要なのか

古くなったドライバーを更新しようとしますが、更新の安全性と必要性を確認しなければなりません。

無料ソフトウェアでドライバーを自動的にインストールしたい場合は、たぶんがっかりするかもしれません。ドライバーのインストールが有料機能なのです。さらに、オフラインスキャン機能を特徴としていますが、ドライバーのインストールでは、オンラインで行う必要があります。

しかし、Driver Easyは本当に必要でないのでしょうか?それはもちろん違います。

どのドライバが古くなっているかわからない場合は、このソフトウェアを利用すれば、対応するドライバーが簡単にスキャンされます。上記の手動方法と比較して、時間も節約できます。ハードウェア情報を識別することもなく、できるだけ早くドライバーを更新できます。

ヒント:データの損失を避けるためにパーティションのクローンを作成

データが失わないように、Driver Easyを使用する前に、EaseUS Partition Masterパーティションクローンを作成することをお薦めします。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.EaseUS Partition Masterを実行して、上部のメニューで「クローン」を選択します。

2.クローンの操作画面が表示されます。ここで「ディスクモード」(ディスク全体をクローン)と「パーティションモード」(パーティションをクローン)があるので、適切なモードを選択します。そして、クローン元のパーティションまたはディスクとクローン先のパーティションまたはディスクを選択します。

EaseUS Partition Masterでディスク換装1

3.クローン先となるディスクまたはパーティション上のすべてのデータが上書きされますという提示が表示されるので、特に問題がない場合は、「OK」をクリックして先に進みます。

4.クローン操作を実行すると、クローン先の構造がクローン元と一緒になるので、ここでパーティションのサイズを調整して「OK」をクリックします。

クローンを実行する前にパーティションのサイズを調整

5.ここでソフトのメイン画面に戻るので、画面上部の「保留中の操作」の詳細を確認してから、「適用」をクリックしてください。

EaseUS Partition Masterでディスク換装

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!