> How to Use > パーティション管理 > 【対処法】ハードディスクの容量が異常に減る

【対処法】ハードディスクの容量が異常に減る

Shawty
更新者:Shawty 2023/11/24
   

概要:

新しいプログラムをインストールしたり、新しいファイルを保存していないにもかかわらず、ハードディスクの空き容量が減り続けています。特にシステムCドライブがそうです。空き領域はどこに行くのですか?この記事では、その理由と対処法をお伝えします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

本サイトの常連ユーザーは、「ハードディスクの容量表示が間違っている」と題したこの人気記事を覚えているはずです。この記事は、多くの人がハードディスク、USBフラッシュドライブ、SDカードの全容量を回復するのに役立ちました。記事の説明によると、ハードディスクの容量が実際のサイズより小さく見える主な理由は、巨大な隠された回復パーティション、コンピューターウイルス、ディスクパーティション全体に見えない未割り当て領域など、3つあります。とはいえ、ハードディスクのディスク容量の問題は常に存在し、ユーザーにとって非常に重要な問題です。今日の記事では、「 パソコンのハードディスクの容量が減り続けている」という問題を解決したいです。

C:ドライブの空き容量が減りました

「私のC:ドライブは常にスペースが失われています。 win10をインストールし、残りは50GBあり、そこに新しいプログラムをインストールしたり、新しいファイルを保存したりしなくても、空き容量がどんどん減っていくのです。 今朝、空き容量が12.6GBと表示され、その後8.3GB、6.1GB・・・・・と表示されました。 しかし、今現在はほぼ満杯で、残り1.2GBしかありません!なぜハードディスクは理由もなくディスク容量を失い続けるのでしょうか?」

ハードディスクの容量が1日に数GBの割合で消えていく場合、時間をかけて実際の原因を突き止め、正しい解決策を適用する必要があります。

ハードディスクの容量が減り続けている原因と対処法

1.ウイルスやマルウェアの感染

ここ数日、見知らぬウェブサイトから怪しいプログラムをインストールしたり、電子メールに含まれる見知らぬ添付ファイルを開いたりしていませんか? もしそうなら、ウイルスによってハードディスクの容量が減っているのです。

ステップ1.パソコンでアンチウィルスソフトを起動し、ウィルスをスキャンして除去することをためします。
ステップ2.ウイルス駆除ソフトが効かない場合は、cmdでハードディスクからウイルスを駆除してみてください
ステップ3.どの方法もうまくいかない場合は、最終手段を考える必要があるかもしれません。 ハードディスクを完全にフォーマットするか、システムの復元を実行します。

警告:フォーマットやシステムの復元は頑固なウイルスを除去することができますが、同時に大切なデータも失われてしまいます。 そのため、大切なデータはバックアップをとってから進めてください。

2.システム保護

システムの復元がオンになっているかどうか確認しよう。[コントロールパネル] -> [システムとセキュリティ] -> [システム] -> [システムの保護]。そして、[システムの保護]をクリックして[システムのプロパティ]を開き、[保護設定]を確認します。

通常、システムドライブの保護は[オン]に設定されています。 こうして、ハードディスクの空き容量がどんどん失われていくのです。 パソコンのシステムファイルや設定を定期的に復元ポイント(大きなファイル)に作成して保存し、そして空き領域がちいさくなります。

保護機能を [いいえ]に設定することで直接システム保護機能を無効にするか、他の2つのステップを実行することができます。

EaseUS CleanGeniusをコンピュータにダウンロードすると、ディスククリーナーとして、システムのジャンクファイルのクリーンアップ、大きなファイルのクリーンアップ、ディスクの最適化に使用することができます。 この3つのオプションは、いずれも「ハードディスクの容量が減り続けている」という問題を解決するのに有効です。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Partition Masterをダウンロードし、インストールします。「ディスカバリー」の「ディスククリーンアップ」ツールを開きます。

cleanup-system-junkflie-1

ステップ2.そして、「クリーンアップ」をクリックし、「スキャン」をクリックすると、システムのクリーンアップが始まり、PCのジャンクファイルを掃除することができます。

cleanup-system-junkflie-2

ステップ3.コンピュータをスキャンして、大量のディスクスペースを取っている無用なファイルを見つけます。選択したら、「クリア」ボタンをクリックします

cleanup-system-junkflie-3

ステップ4.動作が完了したら、「完了」をクリックして、システムジャンクファイルのクリーニングを終了します。

システムクリーンアップステップ3

これで、多くのスペースが解放され、ディスク容量不足エラーが修正されるはずです。

ディスクの空き容量を確保した後も、システムの保護機能はシステムの復元と修復に重要な役割を果たすため、有効にしておくとよいでしょう。 このとき、次のような方法があります。

  • [システムの保護]タブを開き、同様に[保護設定]タブで[ローカルディスクC:(システム)]を選択します。[設定]をクリックします。
  • ここで「システム保護」を開き、「ディスク領域の使用状況」の項目で、スライダーを動かして「システム保護」に使用できるディスク領域を減らします。 容量がいっぱいになると、古い復元ポイントは削除され、新しい復元ポイントのためのスペースが確保されます。
  • [適用]ボタンをクリック

hard-drive-keeps-losing-disk-space-1

また、ここでこのドライブからすべての復元ポイントを削除することができます。 この方法で、ターゲットドライブに少なくとも10GBのディスクスペースを確保することができます。

h2:ハードディスクの故障

おそらく、ハードディスク自体が故障していることが原因だと思われます。 ハードディスクのエラーや不良セクタは、データを正しく保存できず、ほとんどのセクタが使用できなくなり、空き容量が信じられない速さで減少し始めます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクをクリックして、右にある「ファイルシステムをチェック」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」をオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.ソフトは自動的に選択したディスクドライブをチェックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3


無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

多くの不良セクタが見つかった場合は、このガイドに従って修正する必要があります。

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!