> How to Use > パーティション管理 > 修復:ハードディスクへのショートDST(ハードドライブ クリック テスト)が失敗した!

修復:ハードディスクへのショートDST(ハードドライブ クリック テスト)が失敗した!

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年10月16日に更新

概要:

エラー2000、0141、0142や1046のため、ハードディスクのショートDST(ハードドライブ クリック テスト)に失敗したら、どうすればいいですか。ハードディスクを修復するか交換するなど、このページではすべてのトラブルシューティングを皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

ショートDST(ハードドライブ クリック テスト)に失敗!

ショートDST(ハードドライブ クリック テスト)とは、20秒から最大90秒でドライブのセルフテストです。このDSTはハードディスクに内蔵されているファームウェアを使って行われるので、データは完全に安全です。ショートDSTが備えているPC、例えばHPやDellなどのメーカーのコンピューターが毎回OSを起動する度、ショートDSTが自動的に行われるので、エラーが発生しないと、そういうツールの存在を発見できません。

それでは、エラー2000、0141、0142や1046のため、ハードディスクのショートDST(ハードドライブ クリック テスト)に失敗したら、どうすればいいですか。次はこの問題に対してトラブルシューティングを皆さんに紹介します。

ショートDSTのエラーについて

一般的には、ショートショートDSTのエラーが発生すると、下記の画面になるかもしれません。

ショートDST失敗した画面

エラーコード: 0142
エラーコード: 2000-0142
Hard Drive 0 - self test unsuccessful
Status: 79

など意味不明な英文字(日本語表示の場合もあります。)が表示され、正常に起動することができないか、起動が繰り返すか、ブルースクリーンになります。

ショートDST(ハードドライブ クリック テスト)に失敗した原因

ショートDST(ハードドライブ クリック テスト)が失敗することは、PCのハードドライブの状態が不健康なことの証拠になります。このような時に、ハードドライブの問題を修復するか、ハードディスクを交換しなければいけません。

大事なデータが保存されていて、高機能のデータ復旧ソフトを使ってその問題ハードドライブからデータを救出することが可能です。

修復:ショートDST(ハードドライブ クリック テスト)が失敗した!

ハードディスクに不具合が発生するのは、直接に交換するより、どうにかしてハードディスクの修復を試す必要があると思います。

修復法1.ハードドライブの不良セクターをチェック&修復

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

この修復法は、無料なパーティション管理ソフト―EaseUS Partition Masterで行ってください。この修復法を使うことで、ハードドライブの不良セクターを検出して修復することが可能です。

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして「ファイルシステムを確認する」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.ファイルシステムを確認するウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

修復法2.ハードドライブのエラーをスキャン&修復

PowerShellで「Repair-Volume」を利用してハードドライブのエラーを検出して修復することも可能です。
PowerShellを開き、利用できるコマンド「Repair-Volume」のオプションが4つあります。
1)ドライブをスキャン・修復:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter(例えばCドライブを修復したい場合はRepair-Volume -C)を入力し、 Enterキーを押します。

2)ドライブでOfflineScanAndFixを実行:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -OfflineScanAndFix」を入力し、 Enterキーを押します。

3)ドライブをクイックスキャン:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -Scan」を入力し、 Enterキーを押します。

4)ドライブでSpotFixを実行:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -SpotFix」を入力し、 Enterキーを押します。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!