> How to Use > パーティション管理 > 対処法:Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高い

対処法:Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高い

2020年02月16日に更新

筆者: Tioka

パーティション管理
概要:
Antimalware Service Executableが暴走してCPU使用率が高いとPCの動作がとても重たくなります。この場合どうすればいいのでしょうか。この記事では、最も効果的な対処法を紹介するので、それらの対処法に従って、Antimalware Service Executableの設定を変更する、または無効にすることでこの問題を解決しましょう。

Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高い

Windows 10の安全性保護の一環として、Antimalware Service ExecutableプロセスはWindows Defenderに内蔵されているバックグラウンドプロセスです。このプログラムは、MsMpEng.exeと呼ばれています。

タスクマネージャーを確認することで、メモリを容量ぎりぎりまで使っているからなのか、CPUの使用率が高いためにパソコンが遅くなっているのかという原因が分かります。だからまずCPUがどれぐらい高いのか確認してみましょう。

このプロセスはユーザーが安全にPCを使うため、ファイルやソフトをスキャンして、悪意のあるソフト、またウィルスからWindowsを保護することができます。ただ、「Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高くてPCの動作がめちゃくちゃ重たい」というユーザーも多くいます。この問題に対して、どうすればいいのか困っているユーザーもたくさんいるみたいなので、これをきっかけにこの記事を書きました。この記事では、Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高くなってPCの動作が重くなる時の対処法を皆さんにご紹介します。

antimalware-service-executableのCPU使用率が高かった問題

対処法:Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高い

対処法1. Windows Defenderのタスクスケジューラを変更

Win + R キーを同時に押してtaskschd.mscを入力することでタスクスケジューラに入ります。
タスクスケジューラライブラリをダブルクリックして > Microsoft > Windowsに入ります。
Windows Defenderを選択して、右にあるWindows Defender Scheduled Scanをダブルクリックしてください。
表示されるウィンドウで「最上位の特権で実行する」をチェック外してください。
OKボタンをクリックして変更を保存します。

最上位の特権で実行する項目のチェックを外す

以上の操作で問題が解決されると思いますが、役に立たない場合は対処法2に移動してください。

対処法2.Antimalware Service ExecutableをWindows Defenderの除外リストに追加

1.設定に入って更新とセキュリティを選択してください。
2.Windows Defenderをクリックして、除外を追加をクリックしてください。
3..exe、.comまたは.scrプロセスを除外しますを選択してください。
4.表示されるウィンドウで「MsMpEng.exe」を入力してOKボタンを押してください。

対処法3.Windows Defenderを無効にする

Win + R を同時に押すことでダイアログを開きます。
regeditを入力してOKボタンをクリックすることでレジストリエディタに入ります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defenderの順位従って選択して下さい。
右にあるDisableAntiSpyware項目を右クリックして「修正」を選択して値のデータを1に変更してください。

windows defenderを無効にする

その他のヒント:ファイルシステムを確認する/ジャンクファイルをクリア

Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高くなっている場合は、ファイルシステムを確認するしてジャンクファイルを削除することで、PCをいつも健康な状態を保つのも時々役に立つ対処法です。そのやり方は、おススメの専用のツール ― EaseUS Partition Masterを使う必要があります。下記のリンクからダウンロードリンクからこのツールを獲得することができます。それから、次の部分のガイドに従ってパーティションエラーのチェック&修復とキャッシュクリアがカンタンにできます。

ダウンロードリンク:http://down.easeus.com/product/epm_free

動作OS: Windows 10/8/7/Vista/XP

EaseUS Partition Master Freeは、Windows10環境でハードディスク/パーティションの不良セクタ、ファイルシステムエラー、および他のディスクエラーを検出し修正できます。
1.ディスク/パーティションを右クリック>「ファイルシステムを確認する」を選択します。

ファイルシステムを確認する

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが生成されます。

2.「OK」を押したら、エラーチェックを実行します。

3.それから、メニューからクリーンアップ/最適化を実行をクリックして、ジャンクファイルクリーンを選択してください。

ジャンクファイルを削除する

4.分析をクリックすることでクリーンアップのプロセスを開始ましょう。

また、このソフトはパーティションを変更することも可能です、パーティションの容量が不足になっている時に特に役に立ちますので、必要な方は是非このソフトを見逃しないでください。