> How to Use > パーティション管理 > windows 10インストール中エラーC1900101-20017を避ける方法

windows 10インストール中エラーC1900101-20017を避ける方法

2016-05-05 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
windows 10をインストールする時によく遭ったエラーコードC1900101-20017について、その解決方法を紹介いたします。

初めに

windows 10をインストールする時、エラーコードC1900101 - 20017でスクリーンが藍色になってしまって、インストールが続けられないのは勿論、パソコンの起動に問題を与えるかもしれない。ここで、エラーC1900101-20017を避ける方法を、皆さんにご紹介いたします。

 

ヒント1 システムパーティションを拡張してWindows 10のインストールに十分なスペースを


システムにスペースが不足なのでインストールが失敗になることがよくあります。そういうことを避けるため、パーティションリサイズが得意のEaseUS Partition Master Free を使って、システムドライブに容量を加えましょう。

ステップ1.EaseUS Partition Master Freeを起動してから、右ドラッグでシステムドライブやパーティションの後にスペースを作ります。

ステップ2.システムドライブやパーティションを右クリックして、「パーティションのサイズを調整或いはパーティションを移動する」を選びます。

EaseUS Partition Master FreeでエラーC1900101-20017を避けるステップ1

ステップ3.システムドライブやパーティションの後ろ側を右へドラッグして、スペースを加えます。

ステップ4.変更を実行する」をクリックします。


ヒント2 windows 10をインストールするため、クリーンなシステム環境を用意する

インストール中のエラーを避けるため、システムドライブでのエラーをチェックして、それをクリーンにすることが必要です。EaseUS Partition Master Freeにもクリーンツールが搭載されますので、下記のステップをしておけばいいです。

ステップ1.EaseUS Partition Master Freeを起動し、チェックしたいパーティションを右クリックして、「パーティションをチェックする」を選びます。

ステップ2.チェックするやり方を選んで、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition Master FreeでエラーC1900101-20017を避けるステップ2

ステップ3.EaseUS Partition Master Freeが自動的にエラーをチェックして直します。プロセスが終わると、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition Master FreeでエラーC1900101-20017を避けるステップ3

 

EaseUSが選ばれる理由