> How to Use > パーティション管理 >Windows 10/8/7でDiskPart I/Oデバイス エラーを修正する方法

Windows 10/8/7でDiskPart I/Oデバイス エラーを修正する方法

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年12月09日に更新

概要:

DiskPartはI/Oデバイス エラーのため、コマンドを実行できなかったことがありますか。その時、DiskPartの使用中に「I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラー メッセージが表示されます。それを修正するにはどうすればいいかが分からない場合、心配しないでください。この記事では、DiskPart I/Oデバイス エラーが発生した場合の対処法について紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

「昨日、DiskPartを使用してPCのハード ドライブを管理しようとしましたが、「DiskPartにエラーが発生しました:I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラー メッセージが表示されました。I/Oデバイス エラーとは何ですか。また、それを修正するにはどうすればいいでしょうか。」
I/Oデバイス エラー(Input/Output device errorの略語)とは、Windowsがドライブ/ディスクにアクセスする際、入出力操作(データの読み取りやコピーなど)が実行できないことを指します。物理的な不良セクタ(ヘッドの破損など)、論理的な不良セクタ、または破損したパーティション テーブルがある場合にI/Oデバイス エラーが発生します。

DiskPart がエラーに遭遇しました i/o デバイスエラー

I/Oデバイス エラーが発生したら、ディスク パーティションを管理するためのDiskPartユーティリティを実行して、ハード ドライブへアクセスしたり、フォーマットしたり、パーティション分割したりすることに失敗する場合があります。その場合、「DiskPartにエラーが発生しました:I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラー メッセージが表示されます。
DiskPartのI/Oデバイス エラーが発生したら、どうすればいいでしょうか。ほとんどのI/Oデバイス エラーはディスクの物理的な損傷によって引き起こされますが、ここでは、それ以外の場合に対処する利用可能なソリューションをいくつか紹介します。

DiskPartのI/Oデバイス エラーを修正する方法

ケーブルの不良、接続の緩み、USBポートの破損など、デバイスの接続に問題があると、I/Oデバイス エラーが発生することがあります。その場合、ディスクがPCに正しく接続されているかどうかを確認します。また、互換性のないトランスポート モードや不適切なインターフェイスを使用すると、I/Oデバイス エラーが引き起こされる可能性があるのでご注意ください。
ハードウェア接続とトランスポート モードに問題がないことを確認した後、I/Oデバイス エラーがまだ修復されていない場合、以下の方法を一緒に見てみましょう。

1.無料のパーティション管理ツールでエラーを修正

ファイル システムをチェックして不良セクタを修復するために、EaseUS Partition Masterはコマンド プロンプトとまったく同じように機能します。コマンド ラインに慣れておらず、誤操作によるより深刻な損失が懸念される場合は、この使いやすいツールを使用することを強くお勧めします。EaseUS製パーティション管理ソフトウェアを使用すると、数回クリックするだけでハード ドライブを自動的に修復できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

最良のDiskPart代替ツールの1つとして、EaseUS Partition Masterは、新規パーティションの作成、パーティションの削除、パーティションのクリーニング、パーティションの修復など、DiskPartと同じパーティション管理操作をサポートしています。

このソフトウェアを無料でダウンロードし、パーティションをチェックしてエラーを修復しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

2.ドライバーを更新/再インストール

デバイスのドライバーが古いか、ハード ディスクと互換性がない場合、入出力機能に影響し、I/Oデバイス エラーが発生する可能性があります。そのため、ドライバーをハード ドライブに更新または再インストールして、トラブルシューティングを行います。
ドライバーを更新:
手順1.PCを右クリック > 管理をクリックして、左側のデバイス マネージャーを選択します。
手順2.ディスク ドライブをダブルクリックして展開します。ターゲットのディスク ドライブを右クリックし、ドライバー ソフトウェアの更新を選択します。
手順3.ドライバーの更新ウィンドウで、ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索を選択します。次に、コンピュータが最新版のドライバー ソフトウェアを検索してインストールします。

ドライブが見つからないのを修正する Windows 10 - ディスクドライバを更新する

ドライバーを再インストール:
ドライバーの更新がうまくいかない場合、ドライバーを再インストールしてみます。
手順1.ターゲットのディスク ドライブを右クリックし、デバイスのアンインストール > OKをクリックします。PCを再起動すると、Windowsがドライバーを再インストールします。
手順2.または、その会社の公式サイトにアクセスして、最新の更新プログラムを見つけて、コンピュータにダウンロードしてインストールします。

Windows 10のドライバが見つからないのを修正する - ドライバを再インストールする

3.CHKDSKを実行して、ハード ドライブの不良セクタを修正

CHKDSKコマンドは、ハード ドライブのパーティション、外付けハード ドライブ、またはその他のストレージ デバイスにDiskPart I/Oデバイス エラーは発生する原因となる論理的な不良セクタを修復できます。CHKSDSKを実行してWindows 10/8.1/8/7のドライブ エラーを修復するには、2つの方法があります。ここでは、コマンド プロンプトでCHKDSKを実行する方法を紹介します。
コマンド プロンプトでCHKDSKを実行:
手順1.Windowsキーを押して、「cmd」と入力します。
手順2.コマンド プロンプトを右クリックし、管理者として実行を選択します。
手順3.次のコマンドを入力します。
chkdsk E: /f /r /x(Eはドライブのラベル)

Windows 10のコマンドプロンプトでchkdskコマンドを実行する

4.MBRを再構築してDiskPart I/Oデバイス エラーを修正

MBR(マスター ブート レコード)の破損が原因で、「DiskPartにエラーが発生しました:I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした。詳細については、システム イベント ログを参照してください」というエラーが発生した場合は、EaseUSディスク管理プログラムを利用してMBRを再構築してみてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. WinPEブータブルディスクを作成する

  • EaseUS Partition Masterを起動し、ツールバーの「ブータブルメディアを作成」をクリックします。ブータブルメディアの作成」を選択します。
  • 次へ」をクリックして、処理を終了してください。

ブータブルディスクの作成

ステップ2. EaseUS Partition MasterブータブルUSBを起動する。

  • ブータブルUSBまたはCD/DVDをPCに接続する。
  • コンピュータを再起動したときにF2キーまたはDelキーを押して、BIOS画面に入ります。リムーバブルデバイス」または「CD-ROMドライブ」から設定し、パソコンを起動します。すると、EaseUS Partition Masterが自動的に起動します。

ステップ3.MBRを再構築する

  • ツールキット」をクリックし、「MBRの再構築」を選択します。

リビルドMBR

  • ディスクを選択し、MBRの種類を選択します。その後、「再構築」をクリックします。

リビルドMBR

  • その後、"ディスクXのMBRが正常に再構築されました。"と表示されます。

related articles

Windows 11/10でDiskpartコマンドでパーティションを管理する方法

Windows 11/10のDiskpartコマンドは、非常に複雑ですが、強力なパーティションツールです。この記事では、cmdの使用方法を説明します。また、サードパーティのソフトウェアである、迅速で安全なEaseUS Partition Masterを紹介します。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

まとめ

「DiskPartにエラーが発生しました:I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした」という問題が発生した場合、どうすればいいでしょうか。この記事では、考えられる原因を探索し、DiskPartのI/Oデバイス エラーを修正する方法をいくつか紹介しました。
ご興味のあるかも:「DiskPartにエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」の対処法

よくある質問

「DiskPartにエラーが発生しました:I/Oデバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした」エラーを修正する方法は?

  • ハードウェア接続を確認
  • デバイスのトランスポート モードを変更
  • ドライバーを更新または再インストール
  • CHKDSKを実行して、ハード ドライブの不良セクタを修正
  • MBRを再構築

「DiskPartにエラーが発生しました:指定されたファイルが見つかりません」エラーを修正する方法は?

  • CHKDSKコマンドを実行
  • ディスク クリーンアップでハード ドライブを修復
  • システム ログ ファイルを確認
  • Regedit(レジストリ エディター)でファイルを探す
  • ハード ディスクのドライバーを更新
  • Windows更新プログラムをインストール

DiskPartにデータ エラー(巡回冗長検査)が発生した場合の対処法は?
ハードディスクの不良セクタなど、CRCエラーがいろいろな原因で発生する可能性があります。データ エラーの巡回冗長検査を修正するには、以下の方法があります。

  • CHKDSKコマンドでデータ エラー(Cyclic Redundancy Check)を修正
  • データ エラー(CRC)の原因となる欠落または破損したシステムファイルを修復
  • データ エラー(CRC)でアクセスできないドライブからデータを回復
  • 修理に出す

外付けHDDのCRCエラーを修正するにはどうすればいい?

  • ハード ドライブのエラーをチェック
  • RAWになった外付けHDDからファイルを復元

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!