> How to Use > パーティション管理 > Windowsアップデート中のエラーを解決する方法

Windowsアップデート中のエラーを解決する方法

2016-10-08 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windowsのバージョンアップ或いはパッチをインストールする時、エラーが現れてアップデートを失敗させるのはよく発生します。アップデートができないだけではなく、システムに不具合が出て、パソコンをフォーマットするまでの可能性もあります。どうすれば、そのような問題を避けられるでしょうか?この記事では、Windowsアップデート中のエラーを解決する方法を皆さんに紹介します。

windowsの新しいバージョン或いはパッチがリリースされる度、「エラーコードが出てアップデートが失敗した」との声が必ず聞こえます。特にバージョンアップや大型のパッチはいつもエラーコードが伴われています。では、どうすればWindowsアップデート中現れるエラーを解決できるでしょうか。皆さんに幾つかの方法を紹介します。

windowsトラブルシューティングツールでエラーを解決

windowsにはトラブルシューティングというエラー修復ツールが搭載されているので。まずはそれを利用することをお薦めします。

  • サーチにて、トラブルシューティグと検索して実行します。
  • 「システム&セキュリティ」でアップデート中のエラーを修復します。
  • 再度アップデートを試します。

Software Distributionフォルダを削除

0xc000017/80240020/80200056などのエラーコード出る場合、パソコンでのSoftware Distributionフォルダを削除するのは一番効き目がある方法です。

  • C:\Windows\SoftwareDistribution\Download folderにてすべてのファイルを削除します。
  • スタートを右クリックして、Command Prompt(admin)を開けます。
  • exe/updatenowと入力してEnterキーをタップします。
  • 再度アップデートを試します。

windowsシステムパーティションを拡張

システムドライブが容量不足なのは、アップデート中のエラーを起す大きな理由と思われます。システムドライブに十分なスペースを与えたら、アップデートの成功率が大幅に上昇します。ここで、無料のパーティション管理ソフトであるEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。フリーソフトでありながら、パーティションをリサイズ、結合、分割するなど多彩な機能を備えています。

具体的な操作手順はwindowsパーティションをリサイズするガイドにご参照ください。ビデオも用意しましたのでどうぞご覧ください。

EaseUSが選ばれる理由