> How to Use > パーティション管理 > 対処法:ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達している

対処法:ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達している

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年10月16日に更新

概要:

一般的には、ユーザーはディスクを用途別に複数のパーティションに分けて使用しています。新しいボリュームを作成する時に、「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。」が表示され、作成に失敗することもあります。それはどうしてですか。どうやって修復すればいいですか。本文では、このエラーの原因及び対処法について皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達している」エラーについて

一般的には、ユーザーはディスクを用途別に複数のパーティションに分けて使用している場合が多いですいます。ご存知のように、パーティションに未割り当て領域があれば、その領域を新しいボリュームにすることができますが、新しいボリュームを作成しようとする時に、下記のメッセージが表示され、作成に失敗することもよく見られます。

ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。

上限に達しているためパーティションを作成できません

それでは、上記のエラーメッセージが表示され、新しいボリュームの作成に失敗するのはどうしてですか。そしてどうにかしてこのエラーを解決できますか。本文では、その原因及び対処法を皆さんに紹介します。

パーティションの数の上限に達している原因

一般的に、2TB 以内の HDD に使われる MBR 形式で、作成出来るパーティションの数は4つです。3つのプライマリーパーティションと1つの拡張パーティション、もしくは4つのプライマリーパーティションです。その以上にパーティションを作成できません。ただし、拡張パーティションがディスクに存在すれば、その中に多数の論理ボリュームを作成できます。だから、4つ以上のパーティションを作成する場合、4つ目からのパーティションはすべて拡張パーティションに格納されるので、未割り当て領域を新しいパーティションにする時にエラーが発生しません。

「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。」エラーは、MBRディスクに存在する4つのパーティションもプライマリーパーティションの場合のみに発生するエラーです。

その一方で、MBR以外のディスクのパーティション方式-GPTという方式があります。GPTはMBRより進んでいるパーティションの方式なので、のディスクには、理論的にはパーティションを無制限に作成できます。

  MBR GPT
サポートパーティション数 4つ 制限なし
サポートディスクの最大容量 2TB/16TB 制限なし
互換するOS Windows XP以前のバージョン Windows XP以降のバージョン
ブートモード UEFI(古い) EFI(進んでいる)

以上のことで、「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。」エラーを解決して新しいパーティションを作成するには、2つの対処法があります。

  • 1.MBR上の1つのプライマリーパーティションを論理パーティションに変換する。
  • 2.ディスクをMBRからGPTに変換する

以上の操作を実行するためには、強力なパーティション管理ソフトが必要となります。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ここで、プライマリーパーティションを論理パーティションに変更することもできますし、ディスクをMBRからGPTに変換できるパーティションソフト-EaseUS Partition Master Freeを皆さんに紹介します。無料ソフトなので、そのソフトを使って、下記の対処法の詳細を参照して、このエラーを解決してみましょう。

対処法1.MBR上の1つのプライマリーパーティションを論理パーティションに変換する

上記のパーティション管理ソフトでプライマリーパーティションを論理パーティションに変換することができます。手順は下記のステップに従って変換してみてください。

注:ブートパーティションとシステムパーティションとなるプライマリーパーティションは、論理パーティションに変更できません。

1.パーティション管理ソフトを開き、変換したいプライマリパーティションを右クリックして、[論理へ変換]をクリックします。

1変換したいプライマリパーティションを右クリックして、[論理ディスクに変換する]をクリック

2.EaseUS Partition Master Freeはパーティションを検査するので、しばらく待つ必要があります。

2.論理ドライブへの変換を実行

3.保留中の操作で実行待ちのタスクを確認して、[実行]をクリックすることで変更を始めます。

3.変更を実行する

ここで選択したプライマリーパーティションを論理パーティションに変換することができます。それから、パーティションを新しく作成することができるようになると思います。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

対処法2.ディスクをMBRからGPTに変換する

上記に触れたように、パーティション方式がGPTのディスクには無制限にパーティションを作成することができますので、ディスクをMBRからGPTに変更することで「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。」問題を解決することができます。それでは、完全無料で使えるEaseUS Partition Master Freeで、パーティションの方式をGPTに変換する方法を紹介します。

1.EaseUS Partition Masterを実行します。MBRディスクを右クリックして、「GPTへ変換」を選択します。

MBRディスクからGPTディスクに変換1

2.ソフトが10秒以内で迅速にディスクの変換を実行します。

MBRディスクからGPTディスクに変換2

3.ディスクの変換が完了した後、元のMBRディスクがGPTディスクと表示されます。左上にある「保留中の操作」でタスクの内容を確認することができます。

MBRディスクからGPTディスクに変換3

4.最後に「適用」をクリックして、操作の適用を確認します。

MBRディスクからGPTディスクに変換4

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

以上のステップに従って、ディスクのパーティション方式を変更することができます。その後、数的制限なしでパーティションを作成することが可能です。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!