> How to Use > パーティション管理 > クローン後のSSDの未割り当て領域の処理について

クローン後のSSDの未割り当て領域の処理について

EaseUSの筆者のプロフィール写真

aoki | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年01月04日に更新

概要:

HDD、SSDのクローンやOSのマイグレーションを行った後、未割り当て領域に戸惑うことがありますか?この記事では、空いたスペースをストレージドライブとして利用する方法について、関連する答えを提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

より大きなHDD/SSDにクローンした後、未割り当て領域を使用する方法

「ボリュームの拡張」を選択する

クローンパーティションのすぐ後ろに未割り当て領域がある場合は、ディスクの管理を使用してください。

  1. 1.未割り当て領域の隣にある、最も近いパーティションを右クリックします。
  2. 2.「ボリュームの拡張」を選択します。ポップアップウィンドウで、矢印をボックスの端にドラッグすることができます…

クローン後の未割り当て領域について

「小容量HDDを大容量HDDにクローンした後、未割り当て領域が表示されます。どうしたのでしょうか?クローン元のディスクには、そんな空き領域はないはずですが。ちなみに、使っているのはEaseUSのディスククローンソフトです。」

ディスククローニング後の未割り当て領域は、どのディスククローニングソフトウェアでもよくあることです。そのため、様々なコンピュータフォーラムに歓迎されない未割り当て領域に関する質問が寄せられています。人々は、それがどこに持ってきたのか、そして、かなり無駄と思われる空のスペースをどのように取り除くかについて、不確かさを感じています。

まず、未割り当て領域は決して無駄ではなく、ハードディスクの一部であり、重要な用途に使わなければなりません。次に、なぜそのようなスペースができたかというと、ハードディスクやパーティションのクローンを作成する際に、セクター単位のクローン機能を適用したためです。例えば、EaseUS Todo Backupのディスククローン機能では、システムファイルやパーティションテーブルをセクタ単位、不良セクタを含むバイト単位でクローンすることができます。このように、元のドライブの完全なコピーでありながら、未割り当て領域を手に入れることができるのです。

クローン後のSSDの未割り当て領域を活用する方法

未割り当て領域をストレージドライブパーティションに変換することで、トラブルを回避し、クローンハードディスクの全バイトをフル活用することができます。EaseUS Partition Masterは、システムをHDDからHDD/SSDに移行したり、ハードディスクを小容量から大容量に、または古いものから新しいものにアップグレードしたりするための使いやすいソフトウェアをお探しの方に理想的な選択です。クローン後の未割り当て領域を隣接するパーティションに直接結合して編集することもできます。

しかし、前のステップでどのようにドライブをクローンしても、現在未割り当て領域の問題に直面している限り、EaseUS Partition Masterに助けを求めることができます。まず、無料のパーティションマネージャーをパソコンにダウンロードし、次の2つのオプションで現在の問題に対処します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

オプション1.未割り当て領域にパーティションを作成する

ステップ1.EaseUS Partition Masterを起動します。メインウィンドウで、ハードディスクや外付けストレージの未割り当て領域を右クリックし、「作成」を選択します。

ステップ2.新しいパーティションのサイズ、ファイルシステム(必要に応じてファイルシステムを選択してください)、ラベルなどを調整し、「OK」をクリックして続行してください。

ステップ3.「1タスクの実行」ボタンをクリックし、「適用」をクリックして新しいパーティションを作成します。

次のビデオチュートリアルを見て、NTFS、FAT、またはEXTファイルシステムでパーティションを作成する方法を学びます。

オプション2.既存のパーティションに未割り当て領域を追加する

未割り当て領域の隣にある既存のパーティションを拡張することで、未割り当て領域をパーティションに追加し、それを使用することができます。以下はその手順です:

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. 未割り当て領域の隣にあるパーティションを選択し、「サイズ調整/移動」を選択します。

「サイズ調整/移動」を選択する

ステップ2. マウスをパーティションに置き、左右にドラッグして未割り当て領域を移動します。

マウスをパーティションに置き、左右にドラッグしてみ割り当て領域を移動する

ステップ1と2を繰り返すことで、未割り当て領域を目的の場所に移動することができます。

ステップ3. 「タスクの実行」と「適用」をクリックすると、最終的に未割り当て領域をターゲットパーティションに追加する操作が実行されます。

「タスクの実行」と「適用」をクリックすると、最終的に未割り当て領域をターゲットパーティションに追加する操作が実行される

オプション3.ディスクの管理で既存のパーティションに未割り当て領域を追加する

ステップ1.このPC/マイコンピュータを右クリック > 「管理」をクリック > デバイスマネージャーに入り、「ディスクの管理」をクリックします。

ステップ2.ターゲットパーティション上で右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

ステップ3.「次へ」をクリックして進み、未割り当て領域を追加してターゲットパーティションを拡張します。「次へ」と「完了」をクリックして完了します。

「ボリュームの拡張」を選択する

別の方法として、未使用の領域で新しいシンプルボリュームを作成することができます。スペースを右クリックして、「新しいシンプル ボリューム」を選択します。あとは、ウィザードに従うだけです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!