> How to Use > パーティション管理 > 対処法:ディスクのチェックを実行できませんでした

対処法:ディスクのチェックを実行できませんでした

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月29日に更新

概要:

外付けハードドライブが0バイトと表示される場合があります。だが、それをチェックしたいと、「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。この記事では、それを解決するためのソリューションを提供しています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

コンピュータユーザーにとって、外付けハードドライブは重要な役割を果たしています。それを使うと、重要なファイルとデータをバックアップしたり、持ち運んだりできます。ただし、外付けハードドライブに問題が発生する可能性もあります。たとえば、外付けハードドライブが突然表示されなくなったり、アクセスが拒否されたりします。

0バイトになった外付けハードドライブをチェックしたいが、「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」というエラーメッセージが表示されたことがありますか?

そういう問題があったら、この記事に従って、エラーを修復しましょう。

実行可能なソリューション:

修正1.外付けハードドライブの接続を確認します

修正2.外付けハードドライブのドライブ文字を変更します

修正1.外付けハードドライブの接続を確認

接続不良が原因で、このエラーメッセージが表示される可能性があります。そのため、接続ケーブルとUSBポートを確認することをお勧めします。

外付けHDDを別のケーブルでコンピューターに接続します。または、外付けハードドライブを他のUSBポートに挿入します。問題がまだ存在している場合は、修正2を試してください。

修正2.2つの方法で外付けハードドライブのドライブ文字を変更

Windowsがディスクにアクセスできないもう1つの理由は、ドライブ文字です。コンピュータに新しいドライブを接続するたびに、そのドライブに新しいドライブ文字が割り当てられます。何か一致していないところがあれば、「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」というエラーメッセージが出てきます。 

この問題を解決するには、ドライブ文字を変更すればいいです。Windowsユーザーに利用可能なツールは2つあります。1つはディスクの管理で、もう1つはパーティション管理ソフトウェアのEaseUS Partition Masterです。

#1.ディスクの管理でドライブ文字を変更

Step 1.Windowsアイコンを右クリックし、[ディスクの管理]を選択します。

Step 2.ディスクの管理というウィンドウで、接続されているドライブがすべて表示されています。

Step 3.外付けハードドライブを右クリックして、[ドライブ文字とパスの変更]を選択します。

ディスクの管理でドライブ文字を変更1

Step 4.次に、[変更]をクリックし、ドロップダウンメニューから新しいドライブ文字を選択し、[OK]をクリックします。

ディスクの管理でドライブ文字を変更2

ドライブ文字を変更した後、コンピュータを再起動し、ドライブのプロパティを再度チェックします。または、CHKDSKを再度実行して、ディスクにアクセスできるかどうかを確認します。

#2.EaseUS Partition Masterでドライブレターを変更

ドライブ文字を変更してディスクのチェックを実行するには、便利かつ無料のサードパーティツールが利用できます。それはEaseUS Partition Masterです。パーティションをより簡単に管理できるように設計された、分かりやすいユーザーインタフェースを備えたこのツールを利用すれば、パーティションのサイズ変更、フォーマット、確認、および消去などが初心者にも簡単にできます。 

では、EaseUS Partition Masterを無料でダウンロードし、ガイドに従ってドライブ文字を変更する方法を確認しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

手順1.EaseUS Partition Masterを実行し、ターゲットパーティションを右クリックして、[ドライブレターを変更]を選択します。

EaseUS Partition Masterでドライブレターを変更1

手順2.ドロップダウンメニューからパーティションの新しいドライブ文字を選択して、[OK]をクリックします。

EaseUS Partition Masterでドライブレターを変更2

手順3.左上隅にある[保留中の操作]をクリックして変更を確認し、[適用]をクリックします。

追加ヒント:EaseUS Partition Masterでディスクエラーをチェック

EaseUS Partition Masterは、外付けハードドライブのドライブ文字を変更できるだけでなく、ディスクエラーのチェックにも役立ちます。Windowsコマンドプロンプトでコマンドラインの入力も必要せずに、クリックするだけでドライブのエラーをチェックして修復できます。具体的な操作方法は次のとおりです。

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

おわりに

ここまで読んでいただいた方にとって、「ディスクにアクセスできないため、ディスクのチェックを実行できませんでした」というエラーの修復は簡単なことでしょう。この問題が発生した場合は、まず外付けハードドライブの接続を確認することを忘れないでください。それでも無理な場合、ドライブ文字を変更してみればいいです。

さらに、chkdskを実行することで、検出されたディスクエラーを修復しようとする場合、ターゲットドライブのデータを別の安全な場所に復元する必要があります。chkdskが実行されると、デバイス上のデータが完全に失われ、回復できなくなるためです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!