> How to Use > パーティション管理 > 自作ノートパソコン:独自のノートパソコンキットの作り方

自作ノートパソコン:独自のノートパソコンキットの作り方

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月09日に更新

概要:

自分の独自のノートパソコンを作ることができませんか?本文では、自分の独自のニーズに応じて、ノートパソコンの自作方法を皆さんに紹介します。自分でノートパソコンを作りたい場合、本文の完全なガイドを参照してください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

「自分でよくデスクトップを作りましたが、ノートパソコンを作った経験がありませんでした。ノートパソコンを持っていないため、自分のニーズに従ってノートパソコンを作ることもできるかという質問があります。また、ノートパソコンの部品はどこで購入するのでしょうか。同じパフォーマンスの場合、自作のデスクトップの価格は、ブランドPCより半分くらい安くなっていますが、ノートパソコンでも同じ状況でしょうか?」

ご存知のように、一部の有名なノートパソコンメーカー(Dell、HP、Lenovoなど)は、ノートパソコンを購入する場合、基本構成をカスタマイズすることが可能です。ただし、任意の部品をアップグレードしても、価格は非常に上げられ、なかなか負担できなくなる可能性があります。それゆえ、自分でノートパソコンを作る場合、かなりのお金を節約することができます。本文では、ノートパソコンを自作する方法を皆さんに紹介するので、ご参照ください。

ノートパソコンを作ることができる?

コストを抑えるか、自分のニーズに従ってノートパソコンを自分で作ることができます。たしかに、ハイエンドのノートパソコンを作るために、普通のノートパソコンよりコストが高い場合がよくありますが、このようなノートパソコンを自作すると、各部品を頻繁に交換することなく、長期間使用できます。

ノートパソコンを自作するために必要な部品:ベアボーンノートパソコン、プロセッサ(CPU)、メモリ、ハードドライブ、グラフィックカード、およびワイヤレスカード。

初心者のためのノートパソコンの自作方法

1.ベアボーン

ベアボーンはノートパソコンの筐体として、ノートパソコンのディスクプレイ、キーボード、マザーボードが付いています。そして、ベアボーンを中心に、適切なCPU、メモリ、ディスク、グラフィックカードをセッティングする必要があります。

ベアボーン

ベアボーンを購入するポイント:

1.ケースをカスタマイズすることはできませんので、キーボードレイアウトと画面サイズ(解像度など)に注意してください。

2. 2022年の最高のベアボーン:人気のあるレビューを考慮に入れて、トップ5のベアボーンノートパソコンのリストは次のとおりです。

  • ClevoNV41MZベアボーンシリーズ
  • Acer Aspire5スリムノートパソコン
  • ヒュンダイThinnote-A
  • CHUWI HeroBook Pro Windows10ノートパソコンコンピューター
  • Lenovo Ideapad 315ノートパソコンコンピューター
  • Pi-topベアボーンキット

アマゾン、パソコン工房、CDW、Newegg、TigerDirectを介してオンラインでベアボーンを購入できます。

3.必要なハードディスクのインターフェイスの数の確認

4.必要なストレージの確認

2.プロセッサ(CPU)

ベアボーンと互換性のあるプロセッサを購入してください。2つの主要なCPUメーカーがあります:IntelとAMDです。

CPU

それでは、どちらのCPUが優れていますか?

ここでは、ユーザーが最も気になる3つのポイントを紹介します。

  • 価格:AMDはIntelよりもコスパが高い
  • ゲームのパフォーマンス:2つのプロセッサはゲームのパフォーマンスで優れていますが、インテルは消費電力や発熱などの面において勝ちです。
  • ドライバーとソフトウェア:インテルが勝ちます。

AMD VS Intelの詳細に興味がある場合は、次の関連記事を読んでいただいてください。

関連記事:AMD vs Intel: Which CPUs Are Better in 2022?

3.メモリ(RAM)

メモリがないと、ノートパソコンは機能しません。マザーボードでサポートされているRAMのタイプを確認し、自分のニーズに応じて、8GBまたは16GBのメモリを入手してください。

3種類のRAMチップ:RDRAM、SDRAM、およびDDRSDRAM。

RAM

4.ハードディスク

特別な需要がある場合以外、250〜350GBのハードドライブでニーズを満たすことができます。

  • サイズ:ノートパソコン用の2.5インチドライブ。
  • 速度:HDDと比較して、SSDは優れたパフォーマンスを発揮します。
  • ストレージ:ハードドライブにOSをインストールするのに十分なスペースがあることを確認してください。

ハードディスク

5.グラフィックカード

グラフィックデザイナーやゲーマーにとって、グラフィックカードはインストールすることが重要です。グラフィックカードがないと、ノートパソコンは表示する画像をレンダリングする方法がありません。マザーボードと一致していることを確認してください。

グラフィックカード

6.ワイヤレスカード

これらのコンポーネントを入手して、ワイヤレスルーターを接続し、インターネットにアクセスできます。ワイヤレスカードの現在の標準:802.11g、802.11n。レビューに基づくと、802.11nは802.11gよりも高速です。

ワイヤレスカード

ノートパソコンを組み立てる方法

1.ノートパソコン用のねじ回しを準備します。(ノートパソコンのネジはデスクトップPCのネジよりも小さいです。)

2.安全確保のため、静電気防止用の手首を着用して、地面につながります。

ご案内:静電放電により、コンポーネントが損傷する可能性があります。また、金属物体に手を置いて静電気を放散させることもできます。ナイロンやウールのセーターは着用しないでください。

3.ノートパソコンの筐体を裏返し、底面を上にすると、ねじ回しを使用してパネルを取り外します。

4. ハードドライブをブラケットにセッティングします。4本のネジを使用してハードドライブを固定します。

5.マザーボードをカバーするパネルを取り外します。

6. CPU、メモリ、および冷却ファンを取り付けます。(冷却ファンがない場合、プロセッサが過熱になる可能性があります。)

7.パネルを元に戻して起動します。

ノートパソコンを作った後、OSを移行する方法

ノートパソコンを成功に自作した後、それを正確に動作させるため、OSのインストールする必要があります。ここで、EaseUS Partition Masterという専門ツールを使って、簡単にほかのパソコンからOSを自作ノートパソコンに移行する方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

OSをHDD / SSDに移行する手順:

次のガイドを参照して、このソフトの強力のクローン機能を使って、システムドライブをクローンすることで、OSを自作のノートパソコンに移行しましょう。

1.EaseUS Partition Masterを実行して、上部のメニューで「クローン」を選択します。

2.クローンの操作画面が表示されます。ここで「ディスクモード」(ディスク全体をクローン)と「パーティションモード」(パーティションをクローン)があるので、適切なモードを選択します。そして、クローン元のパーティションまたはディスクとクローン先のパーティションまたはディスクを選択します。

EaseUS Partition Masterでディスク換装1

3.クローン先となるディスクまたはパーティション上のすべてのデータが上書きされますという提示が表示されるので、特に問題がない場合は、「OK」をクリックして先に進みます。

4.クローン操作を実行すると、クローン先の構造がクローン元と一緒になるので、ここでパーティションのサイズを調整して「OK」をクリックします。

クローンを実行する前にパーティションのサイズを調整

5.ここでソフトのメイン画面に戻るので、画面上部の「保留中の操作」の詳細を確認してから、「適用」をクリックしてください。

EaseUS Partition Masterでディスク換装

 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

注: OSをSSDまたはHDDに移行する操作では、ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がない場合、ターゲットディスク上の既存のパーティションとデータが削除されます。重要なデータを事前にバックアップしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!