> How to Use > パーティション管理 > Windows 11/10で誤って削除したOSを復元する方法

Windows 11/10で誤って削除したOSを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年01月03日に更新

概要:

誤ってパソコン上のWindowsオペレーティングシステムを削除した場合、パソコンを正常に起動できなくなり、パソコン上のすべてのデータがアクセスできなくなります。Windows 11/10で削除されたオペレーティングシステムを復元し、コンピュータを再び起動させるには、以下のガイドに従って物事を進めてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 11/10で誤ってOSを削除してしまった場合

普段使っている中で、WindowsのOSを削除するのは容易ではなく、Windowsで操作していれば削除することは不可能です。しかし、Windowsのオペレーティングシステムは削除できないわけではありません。一般的に、コンピュータ上のオペレーティングシステムを誤って削除する可能性があるいくつかの状況があります。

  • Windowsプリインストール環境で誤ってOSを削除してしまう。
  • ブータブルメディア経由でコンピュータを起動し、誤ってOSを削除してしまった場合
  • コンピュータにデュアルオペレーティングシステムがあり、別のオペレーティングシステムにブートした後、そのうちの1つを削除した場合
  • システムクローン、OS再インストール、システムリカバリ、誤操作などでOSを削除してしまった...

オペレーティングシステムが削除されると、期待通りにコンピュータを起動できなくなり、コンピュータのハードディスクに保存されているファイルにアクセスできなくなります。この問題を解消するには、削除されたオペレーティングシステムを復元して、コンピュータを再び正常に起動させる必要があります。

Windows 11/10で誤って削除したオペレーティングシステムを復元する方法

一般的に、オペレーティングシステムを削除することは、システムパーティション全体を削除することを意味します。したがって、削除されたシステムパーティションを復元するために、パーティションツール- EaseUS Partition Masterが必要です。このツールを使って、Windows 11/10で削除したOSを復元し、3つの手順でPCを再び正常に起動させることができます。

  • EaseUS Partition Masterで起動可能なメディアを作成する
  • ブータブルメディアからコンピュータを起動し、システムパーティションを復元します。
  • その後、BIOS/UEFIでブートオプションを追加して、コンピュータのハードディスクからWindowsを再び起動させることができます。削除したOSを復活させるために

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Partition Masterの起動ディスクを作成するには、USBドライブ、フラッシュドライブ、CD/DVDディスクなどの記憶媒体を用意する必要があります。そして、そのドライブをパソコンに正しく接続します。

ステップ2. EaseUS Partition Masterを起動し、左側にある「ブータブルメディア」機能を見つけます。それをクリックします。

ステップ3. ドライブが利用可能な場合は、USBまたはCD/DVDを選択することができます。しかし、手元に記憶装置がない場合、ISOファイルをローカルドライブに保存し、後で記憶媒体に書き込むこともできます。オプションを作ったら、「作成」ボタンをクリックして開始します。

  • 警告メッセージを確認し、"はい "をクリックする。

プロセスが終了すると、EaseUS Partition Master WinPE ブータブルディスクの作成が完了します。これで、パソコンが正常に起動しないときでも、起動可能なドライブを通してハードディスクやパーティションを管理することができます。

RAIDや特定のハードディスクなど、ドライバがインストールされていないとWinPE環境下で認識されないデバイスがあるため、RAIDドライブの場合は、まずメニューバーからドライバの追加をクリックして、お使いのデバイスのドライバをWinPE環境下に追加してください。

注: Windows 11/10のISOファイルを誤ってごみ箱に削除してしまった場合、イメージファイルを復活させることもできます。こちらもご覧ください。

関連記事

ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

ごみ箱の回復を実行する方法をお探しですか?すぐにごみ箱から削除されたファイルを復元する方法を学ぶために従ってください。

ごみ箱のイメージ

手順1.EaseUS Partition Masterで起動可能なメディアを作成します。

これでEaseUS Partition Master WinPE起動ディスクの作成は完了です。作成したWinPE起動ディスクを壊れたWindowsシステムのあるパソコンに接続し、パソコンを再起動してBIOS/UEFIで起動順序を変更します。PCを起動したら「F2」(BIOSキーはPCメーカーにより異なる)を押す。これでEaseUS Partition Masterが起動し、Windowsを使わずにシステムパーティションの復旧ができるようになります。

始める前に、確認すべきことがあります。

EaseUS Partition MasterやRAWで、元のシステムパーティションが未割り当て領域と表示されている場合、以下の手順でパーティションとWindows OSを一緒に復旧させることができます。システムパーティションはまだ存在するが、コンピュータを起動することができないことがわかった場合。Windowsシステムファイルが間違って削除された可能性があります。このような場合、ハードドライブ回復ソフトウェア- EaseUS Data Recovery Wizardで起動可能なメディアを作成し、デバイスからコンピュータを起動し、削除したWindowsシステムファイルを回復し、BIOS / UEFIで起動オプションを作成してオペレーティングシステムを回復することができます。

手順2.Windowsで削除されたOSを復元する

ステップ 1.「EaseUS Partition Master」を実行して、メインウィンドウの上部にあるメニューバーで「パーティション復旧」をクリックします。

パーティション復元1

ステップ 2.すべてのディスクがこの画面で表示されます。

パーティション復元2

ステップ3.紛失パーティションがある場合、その分の状態が未割り当てになるので、ディスクの未割り当ての部分を選択して「スキャン」ボタンをクリックします。

パーティション復元3

ステップ4.スキャンをクリックすると、紛失パーティションへの検出プロセスが始まります。まずはクイックスキャンで削除データを検出します。クイックスキャンが終わったら、ディープスキャンが自動的に始まります。このディープスキャンにより、さらに多くのデータを検出することが可能です。

パーティション復元4

ステップ5.スキャンのプロセスが終わると、すべての復元可能なファイルが表示されますので、必要なのを選択して容易に復元することが可能です。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

手順3.ブートオプションを追加する

BIOSまたはUEFIブートモードでブートオプションを追加するのは簡単ではありません。お使いのブートモードとコンピュータのブランドに応じて、インターネット上でガイドを検索することができます。または、ライブチャットや下記の電話番号で直接弊社サポートチームに連絡して、リモートアシスタンスを受けることができます。ブートオプションの作成に加えて、私たちのサポートチームは、データ復旧のような他の側面でも支援することができます。

まとめ

誤ってOSを削除してしまうことは非常に稀ですが、まだ存在します。コンピュータのファイルに再アクセスし、削除されたOSを回復するには、100%安全でウイルスフリー、プラグインフリーであるEaseUS Partition Masterなどのパーティション回復ソフトウェアでブータブルメディアを作成する必要があります。データ復旧やブートオプションの追加に問題がある場合は、当社のサポートチームにお問い合わせください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!