> How to Use > パーティション管理 > 【対処法】Windows 11のインストールに失敗

【対処法】Windows 11のインストールに失敗

kenji
更新者:kenji 2023/11/24
   

概要:

Windows が「Windows 11 のインストールに失敗しました」という警告を表示し、その理由を説明しないという同じエラーに遭遇したことがある人は多いでしょう。このような方は、このガイドに従って、このエラーを修正し、Windows 11 をコンピュータに正常にインストールしましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

related articles

対処法: Windows 11累積更新プログラムダウンロード失敗(2023)

あなたはさまざまなエラーコードでWindows 11の累積更新プログラムをダウンロードに失敗したことがありますか。ご心配なく!本記事は、データを失うことなく、Windows 11累積更新の失敗を解決する完全なガイドをご提供します。今すぐ本文を読みましょう。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

概要

「Windows 11のインストールに失敗しました」というエラーは、Windows 11のような新しいWindowsオペレーティングシステムをインストールするために、Windowsセットアップを実行してハードディスクドライブを設定するときによく起こります。

Windows 11のインストールに失敗し、このエラーメッセージが表示された場合、Windows OSのインストールに失敗したことを通知します。

Windows 11のインストールに失敗しましたエラー

では、このエラーはどのように修正するのでしょうか?Windows 11 のインストールに失敗した原因を突き止め、この問題をすぐに解決しましょう。

Windows 11のインストールに失敗した理由

Windows 11をコンピュータに正常にインストールできない原因は、複数考えられます。

ここでは、Windows 11のインストールタスクが同じ理由でブロックされたかどうかを確認するためのリストを紹介します。

失敗可能な原因:

  • PCに接続された外付けハードディスク。
  • ドライバの非互換性、またはドライバが古い。
  • PCがWindows 11と互換性がない、またはPCがWindows 11の要件を満たしていない。
  • Windows 11のインストールがsafe_OSフェーズで失敗するエラー
  • エラーコード 0xC1900101
  • このPCはセキュアブート、UEFI、MBRディスクの問題でWindows11を動かすことができません
  • 不具合のあるWindows 11 ISOファイルや問題のあるインサイダープレビュー版をダウンロードした。

では、どのようにこのエラーを取り除き、Windows 11をコンピュータに正常にインストールさせるのでしょうか?次の部分のガイドに従ってください、あなたは自分でこの問題を解決することができます。前へ進んで、詳細を見ましょう。

Windows 11のインストールに失敗したエラーの修正方法

「Windows 11 のインストールに失敗しました」エラーを取り除くために、私たちはいくつかのクイックチェックのヒントと完全な修正プランをここに持っています。このエラーを取り除くために、1つずつヒントと解決策に従ってください、PC上でWindows 11のインストールを完了します。

「Windows 11のインストールに失敗しました」エラーを修正するクイックヒント

  • 接続されている外付けハードディスク、USBドライブ、SDカードをPCから取り外す。
  • ディスクドライバの更新、またはディスクドライバのアンインストール/再インストールを行う。
  • Windows 11のダウンロードが完了したか、または正規品であるかを確認します。
  • PCのマルウェアやウイルスを一掃する。

この後、パソコンを再起動し、再度Windows 11をパソコンにインストールしてください。インストールが完了した場合は、ここで停止することができます。そうでない場合は、リラックスして、「Windows 11 のインストールに失敗しました」エラーをお使いのコンピュータから正常に取り除くために前進することができます。

Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaでこのエラーを修正するには、以下の解決策を適用することができます。

対処法1.Windows 11に対応したパソコンの確認と設定

Windows 11をインストールできないWindowsユーザーの多くは、お使いのパソコンがWindows 11のシステム要件を満たしていないことが原因です。

では、自分のパソコンがスペックやWindows 11の要件を満たしているかどうかを確認するにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、信頼性の高いPCヘルスチェッカーである「EaseUS Windows 11 Checker」アプリが役に立ちます。

このソフトウェアは、お使いのコンピュータ機器がWindows 11に完全に対応しているかどうかを自動的にチェックし、お知らせします。見てみましょう。

ステップ1.「Win11 Checker」をダウンロードて、プログラムを開きます。

ステップ 2.次に、「Check Now」ボタンをクリックして開始します。

クリックチェック

ステップ3.まもなくWindows 11の互換性結果ウィンドウが表示されます。互換性のない設定項目と互換性のある設定項目がすべてリストアップされます。

Windows 11の互換性チェック結果

Windows 11 チェッカーがあなたのコンピューターに何らかの問題を発見した場合でも、慌てないでください。ここにあるヒントを試してみてください。

#1.起動方式 - ブートメソッドはUEFIであることが必要です

この通知は、お使いのコンピュータがUEFIブートモードに設定されていないことを意味します。Windows 11を正常にインストールするには、まずコンピュータをUEFIブートモードに設定する必要があります。

関連記事

UEFIモードを有効/無効にする方法【完全ガイド】

UEFIとは何か、お使いのWindows 11/10 PCでUEFIモードを有効/無効にするにはどうすればいいかを知りたいですか。そうである場合、こちらの記事をご参照ください。

無料体験

UEFIブート構造

#2.ディスクパーティションタイプ  - ディスクパーティションタイプはGPTであることが必要です

この通知は、現在Windows 11をインストールする対象ディスクがMBRディスクタイプであることを意味します。しかし、Windows 11のアップデートやインストールには、GPTのディスクタイプが必要です。このことも、多くの人が最新のWindows OSをPCにインストールできない原因となっています。

そのためには、EaseUS Partition Masterのディスク変換機能を適用する必要があるので、参考にしてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ビデオガイドWindows 11のインストールのためにMBRをGPTに変換する

#3.セキュリティブート - セキュアブートを有効にする必要があります

UEFIブートモードの他に、Windows 11のインストールでは、コンピュータをセキュアブートモードに設定する必要があります。これを行うには、このチュートリアルに従うと便利です。

関連記事

Windows11をインストールためにセキュアブート(Secure Boot)を有効にする方法【図解】

本文では、分かりやすい図解の形でWindows 11をインストールためにセキュアブートを有効にする方法をお伝えします。

セキュアブートを有効にする

#4.TPM - TPMを有効にすることが必要です

Windows 11のインストールには、TPM 2.0チップを有効にする必要があります。PCのTPM 2.0を確認し、有効化する方法は以下のとおりです。

現在お使いのコンピュータにTPM 2.0チップが搭載されていない、またはサポートされていない場合は問題ありません。このガイドに従って、この設定を回避することができます。

関連記事

TPM2.0を使用せずにWindows 11をインストールする方法

TPM2.0未対応のパソコンで、ブータブルUSBから最新版のWindows 11をダウンロードする場合は、こちらの方法をお試しください。

Win11ダウンローダー

パソコンの設定が完了すると、その時点でWindows 11のダウンロードとインストールが可能になるはずです。

対処法2.Windows 11 のインストールが Safe_OS フェーズで失敗する問題を修正しました。0xc1900101

Windows 11のインストール中に「SAFE_OSフェーズでBOOT操作中にエラーが発生してインストールに失敗しました」というメッセージが表示された場合、周辺機器の不具合、ドライバの破損、レジストリ項目のバグ、さらにはシステム設定の誤り、ハードウェアの誤動作、さらにはディスク容量不足がこの問題の原因である可能性があります。

この問題を解決するまで、この手順をひとつずつ試してみてください。

ステップ1. コンピュータに接続されているすべての外部機器のプラグを抜きます。

ステップ2. GPUドライバを削除します。

デバイスマネージャーを開く >ディスプレイアダプターの 拡張 > Intel(R) UHD Graphicsを右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。

GPUドライバを削除する

ステップ3. スタートアップの設定を改善する。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログ services.msc と入力 >BITS、Windows Update Services、Cryptographic Serviceを右クリックしてプロパティ設定 >スタートアップを「自動」に設定し「OK」をクリック

スタートアップ設定の改善

ステップ4. 必要に応じてRAMをアップグレードまたは追加します。

ステップ5. BIOSのアクティブコア設定を1にしてください。

BIOSに入る > アクティブコアの設定を探す > アクティブなプロセッサコアの数を1に変更する > 保存してBIOSを終了する。

BIOSのActive Coresの設定

この後、パソコンを再起動し、Windows 11のインストールが完了するかどうか試してみてください。

対処法3.システムディスクをアップグレードしてWindows 11のインストールを完了させる

システムディスクの空き容量が少ない、機械式ハードディスクドライブが古すぎる、または故障していることが、Windows 11をコンピュータに正常にインストールできない障害になっている可能性があります。

この問題を解決するには、EaseUS Partition Masterの助けを借りて、ターゲットシステムディスクをアップグレードし、Windows 11のインストールを完了することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

#1.システムドライブを拡張して、Windows 11のディスク容量不足のエラーを修正する

オプション1.システムCドライブを未割り当ての領域で拡張する

  • 1.システムC:ドライブを右クリックし、「サイズ変更/移動」を選択します。
  • 2.システムパーティションの端を未割り当て領域にドラッグして、C:ドライブに追加する。そして 「OK 」をクリックする。
  • 3.「タスクを実行」「適用」をクリックすると、操作が実行され、Cドライブが拡張されます。

オプション 2.未割り当て領域なしでシステムCドライブを拡張する

  • 1.システムディスク上の十分な空き容量がある大きなパーティションを右クリックし、「領域の割り当て」を選択する。
  • 2.「領域の割り当て元(*)」でシステムドライブを選択し、システムCドライブの終端を未割り当て領域にドラッグします。「OK 」をクリックして確定します。
  • 3. 「タスクを実行」をクリックすると、保留中の操作が一覧表示されます。「適用」をクリックすると、変更が保存され、Cドライブが拡張されます。

0:00-0:26 未割り当ての領域でシステムドライブを拡張する; 0:27-0:58 未割り当て領域なしでシステムドライブを拡張する.

#2.新しいSSDへのOSのアップグレード/マイグレーション

対処法4.Windows 11の公式ISOをダウンロードし、クリーンインストールする

不具合やバグがあるWindows 11公式ISOファイルは、お使いのPCが最新のOSアップデートを取得できないだけでなく、プログラムやソフトウェアの誤作動の問題を引き起こす可能性があります。

ISOファイルの欠陥が原因で発生する「Windows 11のインストールに失敗しました」エラーを修正するには、Windows 11のインストールを公式ビルドでダウンロードし、完了することをお勧めします。EaseUS Win11 Builderはここでお役に立ちます。

#1.Windows 11 インストール用 USB の作成

ステップ1.Windows11ビルダーは、EaseUS OS2Goソフトウェアと統合されています。ダウンロードボタンをクリックし、インストール後、プログラムを起動してください。

ステップ2.Windowsクリエイターに切り替えます。取得したシステム情報はホーム画面に表示され、常に更新され続けます。Win11 builderはWindows 11以外にも、Windows 10/8.1のダウンロードもサポートしています。

ステップ3.USBメモリーをパソコンに接続します。Win11ビルダーが自動的にUSBデバイスを検出しますので、あとは「インストール」ボタンをクリックするだけです。

win11builder ステップ1

ステップ4.ソフトがUSBドライブのデータを空にします(中古の場合)。ダウンロードが始まったら、終わるまでそこで待つか、しばらく放置して自分の作業をしてください。

win11builder ステップ2

ステップ 5.Windows 11のisoイメージファイルをUSBドライブに正常にダウンロードした後、インストールウィザードのステップバイステップに従って、起動可能なUSBドライブからコンピュータにWindows 11をインストールするために開始します。

#2.インストールUSBからWindows 11をクリーンインストールする

ステップ1. PCを再起動し、BIOSに入り、USBドライブを起動ドライブとして設定します。

ステップ2. USBディスクでコンピュータが起動したら、画面の指示に従って新しいOSをインストールします。

ステップ3. 言語、時刻と通貨のフォーマット、キーボードまたは入力方法を設定し、「次へ」をクリックします。

Windows 11をインストールするために言語、時間、キーボードを設定する

ステップ4.「今すぐインストール 」をクリックして、次のステップに入ります。

USBからWindows 11をインストールするを選択する

ステップ5.「プロダクトキーがありません」をクリックして続行します。

ステップ6. インストールするWindows 11のエディションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

インストールするWindows 11のエディションを選択する

ステップ7.Microsoft License Termに同意して「次へ」をクリックします。

ステップ8.「カスタム」をクリックします。新しいディスクに「Windowsのみをインストールする」をクリックします。

カスタムを選択し、Windowsのみをインストールする

ステップ9. OSディスクを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

Windows 11 をインストールする新しい SSD を選択する

ステップ10. インストールが完了すると、コンピュータが自動的に再起動しますので、しばらくお待ちください。

Windows 11のインストールを終了する

その後、画面上のガイドに従ってコンピュータをセットアップしてください。新しいドライブでコンピュータが起動しない場合は、次のガイドに従ってコンピュータを有効にし、ターゲットディスクから起動するように設定します。

Windows 11が起動するのを待ちます。

よくある質問

1.Windows 11のインストールが35%、85%、100%で止まっているのを修正する方法は?

Windows 11 にアップグレードしようとしているのに、インストールプロセスが止まってしまった場合でも、ご心配なく。Windows 11のインストールが35%, 85%, 100%で止まっているのを修正する効果的なソリューションが見つかります。

2.Windows 11のBlack Screen of Deathを修正する方法は

Windows 11 BSOD、死の黒い画面は、「あなたのPCは問題に遭遇したので再起動する必要があります」というエラーメッセージが表示され、CRITICAL_PROCESS_DIED、VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTEDなど、特定のエラーコードが表示される。PCをセーフモードで再起動する、不良ドライバーをアンインストールする、BDCを修正する、ウイルスを除去するなどの方法で解決することができます。

修正方法をご覧ください。

関連記事

【対処法】Windows 11の「死のブラックスクリーン」

Windows 11でMicrosoftのブルースクリーンが黒に変化している。このチュートリアルでは、Windows 11で黒い画面の原因を示しています。そして、いくつかの方法でWindows 11の黒い画面の問題を修正する方法を学ぶことができます。

ビーエスオーディー

3.Windows 11 Updateの容量が足りない、どうすれば直る?

古いコンピュータでシステムディスクに非常に小さな空き領域がある場合、Windows Update Not enough spaceエラーが発生します。この問題を解決するには、古いWindowsファイルを削除し、システムのジャンクファイルをクリーンアップし、システムのCドライブに空き容量を追加し、さらにCドライブに大きなパーティションを結合することができます。

これらの修正のうち、Cドライブの拡張はすぐに効果があり、ヘルプのEaseUS Partition Masterを適用することで行うことができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!