> How to Use > パーティション管理 > windows11にアップグレードの要件をチェック!【無料】

windows11にアップグレードの要件をチェック!【無料】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年04月24日に更新

概要:

お使いのパソコンをWindowsにアップグレードするには、いくつの条件を満たさなければなりません。本文では、windows11にアップグレードする要件のチェック方法および二つの無料チェックツールを紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

2021年6月24日にWindows11がリリースした以来、使いやすさ、心地よさと豊富な機能によって好評を集めてきました。新しいUI、スタートメニューのアレンジ、TPM 2.0チップとUEFIセキュアブートという強固なセキュリティ要件が盛り込まれ、システム全面的にレベルアップされました。

Windows 11へのアップグレードをしようとする場合、その前にいくつかの準備作業をする必要があります。例えば、お使いのパソコンのハードウェアがWindows 11と互換性があるかどうかの確認です。

Windows11にアップグレードする最低限のハードウェア

Windows 11は、以下のようにハードウェアとシステムの要件を満たす必要があります。これらの項目は最低限の必要条件であり、全部の条件を満たしていないと、アップグレードしても「このPCはWindows 11を動かすことができません」という問題が発生します。

  • プロセッサ:互換性のある64ビットプロセッサまたはSoC(System on a Chip)上の2コア以上の1ギガヘルツ(GHz)またはそれ以上の速度。
  • メモリ:4GBのRAM
  • ストレージ:64GBまたはそれ以上のストレージデバイス
  • システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
  • TPM :TPMバージョン2.0
  • グラフィックカード:DirectX 12互換グラフィックス / WDDM 2.x
  • ディスプレイ:9インチ以上のHD解像度(720p)
  • インターネット接続環境:Windows 11 Homeのセットアップには、Microsoftアカウントとインターネット接続が必要です。

マイクロソフト公式サイトでPC正常性チェックアプリでチェックする

現在お使いのノートパソコンやPCがWindows 11をインストールする基準を満たしているかどうかを確認するために、マイクロソフトはPC正常性チェックアプリをダウンロードし、検査を始めよう!

PC正常性チェックアプリ公式サイト

EaseUS Windows 11 Checkerアプリで無料検査を行う

EaseUSでは、お使いの端末がWindows 11をインストールできるかどうかを確認できる「Windows 11 アップグレードチェッカー」を無料でご利用いただけます。ワンクリックで、お使いのパソコンの設定やWindows 11との互換性を確認することができます。

ステップ1:EaseUS Windows 11 Upgrade Checkerをダウンロードします
ステップ2:「Check Now」をクリックします

EaseUS-windows11のチェックツール

ステップ3.パソコンがWindows 11に互換できるかどうかを自動的に確認します。下記画像のように互換性確認の結果も表示されます。

windows 11互換性確認の結果

ブート方式:Windows 11はUEFIブートモードが必要です。これは、BIOSの代わりとしてオペレーティングシステムとシステムのファームウェア間のソフトウェアインターフェイスを定義するPCシステム仕様です。CPUがUEFIブートモードに対応している場合、ブートモードが正しく設定されていることを確認してください。

TPM:Windows 11はTPM 2.0を必要とし、これを有効にする必要があります。

セキュアブート:Windows 11のセキュアブートは、有効にする必要があります。セキュアブートを有効にする方法については、こちらをご覧ください。Windows11をインストールためにセキュアブート(Secure Boot)を有効にする方法

ディスクパーティションタイプ:Windows 11では、システムディスクのディスクパーティションタイプがGPTであることが必要です。もしあなたのシステムがMBRであれば、以下の方法でデータを失うことなくMBRからGPTに変換してください。

EaseUS Partition Masterを使ってMBRからGPTに変換する

今のところ、UEFIモードは、そのセキュリティと柔軟性の強化により、老朽化したLegacy BIOSモードに徐々に取って代わるトレンドのファームウェア設定である。UEFIファームウェアの設定からコンピュータを起動できるようにするには、ハードディスクがGPTスタイルで構築されている必要があります。

Windows11にアップグレードできない主な原因は、ハードディスクがGPTスタイルではないからです。

EaseUS Partition Masterをダウンロードし、ガイドに従って、パーティションやデータを失うことなく、Windows 10のハードディスクのMBRをGPTに変換してください。

EaseUS Partition Managerの機能一覧:

  • スライダーを移動することで、パーティションのサイズ変更と移動を簡単に行う
  • パーティションの作成、フォーマット、マージ、ワイプ、削除
  • ディスククローン、MBRの再構築、GPTへの変換
  • サーフェステストと4Kアライメント

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを実行します。MBRディスクを右クリックして、「MBRをGPTに変換」を選択します。

MBRディスクからGPTディスクに変換1

ステップ2.ソフトが10秒以内で迅速にディスクの変換を実行します。

MBRディスクからGPTディスクに変換2

ステップ3.ディスクの変換が完了した後、元のMBRディスクがGPTディスクと表示されます。「保留中の操作」を確認して、「適用」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクに変換3

ステップ4.最後に「OK」をクリックして、操作の適用を確認します。

MBRディスクからGPTディスクに変換4

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!