> How to Use > パーティション管理 > Win 10未割り当て領域で新規パーティションを作成し利用する方法

Win 10未割り当て領域で新規パーティションを作成し利用する方法

2016-06-17 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Win 10環境でディスクには大きいな未割り当て領域が存在しています。その未割り当て領域を空き容量に変更して、新規パーティションを作成し利用できれば、ユーザーにとっては実にお得です。このページではWin 10未割り当て領域で新規パーティションを作成し利用する方法を皆さんに紹介します。

未割り当て領域 VS 空き容量

皆さんは、パソコンでの未割り当て領域空き容量の区別を知っていますか。はっきりいうと、未割り当て領域空き容量二つともパソコンのストレージスペースを占めていますが、未割り当て領域がロックされ、データの書き込みも読み込みもできないスペースといわれています。それと違って、空き容量というのはデータを保存できて、パーティションとして利用できるスペースです。この間Win 10を利用しているユーザーからの指摘が多いのは、パソコンであちこちで数多くの未割り当て領域があったものの、利用できないのはちょっと腹立つということです。

どうすれば、未割り当て領域を空き容量に変えて、利用できるでしょうか。無料パーティション管理専門ソフトであるEaseUS Partition Master Freeがお役に立てると思います。

未割り当て領域を利用する

EaseUS Partition Masterは強力なパーティション管理機能を備えています。パーティションのリサイズ結合、分割、新規作成など、様々な操作ができます。

勿論、今回はWin 10での未割り当て領域を利用しようと思って、未割り当て領域をeドライブに加えること、または未割り当て領域で新規パーティションを作成することを試して皆さんにお見せします。

未割り当て領域を既存パーティションに加える

1.ソフトを実行して、ディスク上で未割り当て領域がどのくらいあることを確認します。

2.Eドライブを右クリックして、「パーティションのサイズを調整或いはパーティションを移動する」をクリックします。

パーティション調整/移動

3.ドライブのハンドルを右にドラッグして、未割り当て領域を占めてから、「OK」をクリックします。最後に、「保留中の操作」を確認し、「適用」します。

操作を確認/適用

未割り当て領域で新規パーティションを作成する

1.ソフトを実行して、未割り当ての領域がある場所(ディスク2)を確認します。

未割り当ての領域がある場所を確認

2.未割り当て領域を右クリックして、「パーティションを作成」を選択します。

「パーティション作成」を選択

3.新しいパーティションのプロパティを設定して、「OK」をクリックします。

プロパティを設定

4.保留中の操作を確認して、適用をクリックします。

ダイナミックボリュームのサイズ変更や、Windows PEブートディスクの作成などの機能を求めている方は、正式版をご検討ください。

EaseUSが選ばれる理由