> How to Use > パーティション管理 > USBからWindows 10/11をPCにインストールする方法

USBからWindows 10/11をPCにインストールする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月24日に更新

概要:

この記事では、USBなどの携帯可能のストレージデバイスからWindows 10/11をPCにインストールする詳細な方法を皆さんに紹介します。この記事で紹介する対処法に従って簡単にWindows 10をインストールしましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

USBからWindows 10/11をPCにインストールすることについて

USBでWindows 10/11をPCにインストールするシンプルな方法を探しているなら、もう正確なところについてきました。2分くらいかかってこのページの内容を目を通していれば、90%のユーザーがUSBメモリだけでWindows 10/11をPCにインストールする方法を手に入れることができそうです。それでは、本文には入りましょう。

USBメモリだけでWindows 10/11をインストールする事前準備

  • UltraISO-Windows 10/11のブータブルUSBを作成するためのツール
  • 少なくとも8GBの空き容量があるUSBメモリ
  • USBメモリをフォーマットするための起動可能なパソコン
  • EaseUS Partition Master - 専門なUSBフォーマットツール
  • Windows 10/11をインストールしたいPC

3ステップでWindows 10/11をUSBからPCにインストールできる!

ステップ1.USBをフォーマットしてプライマリーパーティションをアクティブに設定

下記のダウンロードボタンをクリックすることで EaseUS Partition Masterをパソコンにインストールします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

  •  EaseUS Partition Masterを開きます。

USBをフォーマット:USBを右クリックして「パーティションをフォーマット」を選択します。それから、ファイルシステムをFAT32を指定して「実行」することでUSBをフォーマットます。

USBをフォーマットします

  • ディスクの管理を開きます。

USBパーティションをアクティブに:Windowsの「ディスクの管理」ツールを開き、USBメモリを右クリックして「アクティブパーティションを設定」を選択します。

ステップ2.Windows 10/11インストール用のUSBを作成

Windows 11/10のインストールを行うには、インストールCDまたはインストールUSBが必要になることがよくあります。Windows 11/10の起動可能なUSBを作成するにはどうすればよいですか?UltraISOツールを使用して、Windows11/10DVDまたはISOをUSBフラッシュドライブに書き込むことができます。以下の手順に従ってください。 

  • 空のフォーマット済みのUSBドライブをコンピューターに接続します。
  • UltraISOツールを開いて実行します。[File]>[Open]を選択して、Windows11/10オペレーティングシステムのISOインストールソースファイル(お持ちでない場合はGoogleで「Windows ISO」を検索してダウンロードする必要あり)をインポートします。
  • メインメニューから「Bootable」>「Write Hard Disk Image」を選択してUSB​​ドライブを選択します。 
  • 「Write」ボタンをクリックすると、Window11/10はISOファイルからUSBメモリに書き込みます。
  • 書き込みが完了したら、USBをインストールディスクとして使用して、Windows11/10オペレーティングシステムをインストールし始めます。

UltraISO

ステップ3.USBからWindows 10/11をPCにインストールする

まずは、Windowsが保存されているUSBメモリをパソコンに挿入します。

PCを起動してブートディスクのメニューに入るためのキーを押します。(デバイスによってそのキーは異なります。多くの場合はEsc/F10/11/F12など)

USBメモリをブートディスクとして設定を保存します。

Windowsのセットアップが始まりますので、そのガイドに従えば、Windows 10/11を正確にインストールすることができます。

最後に、USBメモリを取り外してもOKです。

ヒント:1クリックでWindows 10/11をインストールするためにOSを移行

PCに新しくWindows 11/10をインストールする最も簡単で迅速な対策は、USBからインストールする代わりに、OSの移行を行うことになります。

ここでEaseUS Partition Masterという高機能のディスク管理ツールを使って、1クリックでOSを完全にSSD/HDDを移行することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

事前準備:

  • Windows 10/11搭載のパソコン
  • OSのサイズより容量が大きなHDD/SSDを1つ
  • OS移行ツールのEaseUS Partition Master

OSを簡単に移行してPCにWindows 11/10をインストールする操作手順

上記のものをあらかじめ用意した上、次のステップを参照して、簡単にOSをほかのPCに移行してインストールすることができます。

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードして、PCにインストールします。そして、ソフトを実行して、上部メニューでOSを移行を選択します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ1.

2.SSDを目標ディスクとして選択し、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ2.

3.目標SSDで何かデータが保存されている場合は、それらデータがすべて上書きされてしまうので、注意を払ってください。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ3.

4.転送元のディスクと転送先のディスクのレイアウトが違って、いったん移行プロセスを実行すれば、全部一緒になるので、ここで事前に目標パーティションのサイズを調整して、「次へ」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ4.

5.ソフトのメインウィンドウで「保留中の操作」をクリックして、OS移行プロセスの詳細を確認して、操作を適用します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ5.

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

OS移行後の注意事項

1.上記のステップを参照して、OSをSSD/HDDに移行すると、Windows 11/10がすでに当該ディスクにインストールされています。

2.新しくインストールしたWindows 10/11を利用するには、BIOS設定を開き、ブートドライブをそのディスクに設定する必要があります。

  • PCを再起動します。起動画面が表示されたら、常にF2 / F12/DELを押してBIOSに入ります。
  • 次に、矢印キーを使用して[Boot]タップを選択し、最初のブートオプションとしてOS移行後のディスクを選択します。 
  • 設定を保存して、コンピューターを再起動します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!