> How to Use > パーティション管理 > Windows 10環境でUSBフラッシュドライブをフォーマットする方法

Windows 10環境でUSBフラッシュドライブをフォーマットする方法

2016-05-31 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
USBフラッシュドライブをフォーマットするのは多くの場合に必要となります。単にドライブでのファイルを削除するとは違って、フォーマットというのは、ドライブを工場出荷状態にさせないと行けません。windows 10環境でどうやってフラッシュドライブをフォーマットするでしょうか。その方法を皆さんに紹介いたします。

皆さんは、フラッシュドライブフォーマットが必要となる時ありますか。windows環境では、いろんな場合でフラッシュドライブをフォーマットしなければいけません。今日は、皆さんにメモリをフォーマットする必要性とやり方をご紹介します。

USBフラッシュドライブをフォーマットする場合

1.USBドライブに書き込みたいファイルは4GBを超える時

2.32GBを超えるパーティションを作成する時

3.よく大きなファイルを書き込んだので、USBドライブをより高速化させたい時

4.小さなファイルを書き込むのでドライブのスペースを十分に利用したい時

5.ドライブをクリーンアップし、壊れたセクターをチェックしたい時

「ディスクの管理」でUSBフラッシュドライブをフォーマットする

windowsの「ディスクの管理」機能を利用して、フラッシュメモリをフォーマットするのはかなり簡単です。次の操作ガイドに従って、フォーマットを始めましょう。

1.USBをパソコンに接続します。

2.「PC」を右クリックし、「管理」「ディスクの管理」にてディスク管理ツールを運行します。

3.フォーマットしたいフラッシュを右クリックして、「フォーマット」します。

4.ファイルシステムとクラスターサイズを指定し、「OK」

EaseUSパーティションソフトでUSBフラッシュドライブをフォーマットする

フリーなパーティション管理ソフトEaseUS Partition Master Freeで簡単にフォーマットできます。次は詳しいやり方を教えます。

1.ソフトを運行して、フォーマットしたいディスクを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

フォーマットディスクを指定

2.ディスクのラベルを入力します。

ラベルを入力

3.ファイルシステムを指定します。

ファイルシステムを指定

4.クラスタサイズを指定します。

クラスタサイズを指定

5.最後に、「適用」で操作を実行します。

EaseUS Partition Master Freeにはまだ色々な機能が搭載されています。詳細はこちらにてご参照ください。

フォーマットされたUSBやHDDからデータを復旧する方法については、データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardのサイトまでご覧下さい。

EaseUSが選ばれる理由