> How to Use > パーティション管理 > Windows 10/8/7で予約済みパーティションをリカバリする方法

Windows 10/8/7で予約済みパーティションをリカバリする方法

2016-07-06 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
予約済みパーティションがよくディスク管理画面で見られていますが、一体どんなパーティションなのでしょうか?Windows 10/8/7で予約済みパーティションを誤って削除したら、どうすれば復旧できるでしょうか。Windows 10/8/7で予約済みパーティションをリカバリする方法を紹介します。

皆さんは、不注意でシステム予約済みパーティションを削除してしまったことありますか。システム予約済みパーティションが削除されると、システムのアップデートやパソコンの起動までエラーが発生するかもしれません。どうすれば、Windows 10/8/7で削除された予約済みパーティションをリカバリでき、パソコンの起動エラーを修復できるでしょうか。ここで、幾つかの方法を皆さんに紹介します。

下記の方法を試す前に、大事なデータとファイルをストレージデバイスにバックアップしておくのをお薦めします。

ブータブルディスクでシステムを再起動する

予約済みパーティション紛失のため、パソコンが正常に起動できなくなることもあります。その時、まずはブータブルディスクを作成して、そこでシステムを再起動することはできます。では、どうやって簡単にブータブルディスクを作成できるでしょうか。ここで、ブータブル作成ツールが搭載されるパーティション管理ソフトEaseUS Partition Masterを皆さんにお薦めします。簡単なステップで、ブータブルディスクの作成を実現可能です。

紛失した予約済みパーティションをリカバリする

同じくEaseUS Partition Masterを使って、予約済みパーティションの復旧を行ってみたいと思います。

1.ソフトを運行して、上の「ウィザード」にて「パーティション復元ウィザード」をクリックします。そして「次へ」

2.リカバリモードを指定してから(手動をおススメ)、「次へ」をクリックします。

リカバリモードを指定

3.未割り当て領域を指定してから、「次へ」、そして検索方法を指定します(完全をおススメ)。

検索方法を指定

4.リカバリ完了。

リカバリ完了

後はパソコンを再起動すればOK。

 

また、Windows 10でのパーティションをリサイズ、拡張、縮小などの操作も実現できます。

 

EaseUSが選ばれる理由