> How to Use > パーティション管理 > Windowsで「ディスク領域不足」警告メッセージを無効にする方法

Windowsで「ディスク領域不足」警告メッセージを無効にする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2021年02月23日に更新

概要:

Windowsでディスクの容量が迫っている場合、「ディスク領域不足」という警告メッセージのポップアップが繰り返します。それでは、「ディスク領域不足」警告の表示を無効にするには、どうしたらいいですか?この問題を完全に解決するには、どうしたらいいですか?本文では、これらの対策について皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

「ディスク領域不足」の警告について

Windowsでは、ローカルディスクの使用可能な空き容量がギリギリになった場合、「ディスク領域不足」という警告メッセージが自動的に表示されます。警告メッセージの詳細は次のようになります。

警告メッセージ:

  • ディスク領域不足-ドライブローカルディスクのディスクの空き領域が少なくなっています。古いファイルや不要なファイルを削除してドライブの領域を空けるには、ここをクリックしてください。
  • ディスク領域不足:ドライブローカルディスクのディスクの空き領域が少なくなっています。ここをクリックして、このドライブの領域を解放できるかどうかを確認してください。

ディスクの利用可能な空き領域がギリギリになった場合、Windowsは、「ディスク領域不足」の警告メッセージを表示することで、ユーザーにハードドライブの状態がよくないことを示して、如何なる改善を求めています。

「ディスク領域不足」の警告メッセージが表示されると、ディスクの空き領域が足りないことを占めています。このような場合、どうやってこういう領域問題を解決すればいいですか?また、利用可能な領域が足りないことを既に分かっている場合、この警告の表示を無効にしたい場合はどうしたらいいですか?次は、これらの対策を皆さんに紹介します。

「ディスク領域不足」の警告メッセージを無効にする

この部分では、ディスクの空き容量が足りない場合、「ディスク領域不足」という警告メッセージを無効にする対処法を皆さんに紹介します。

方法1.レジストリエディタで「ディスク領域不足」警告を無効にする

一番試してもらいたい方法は、レジストリエディタを使う方法です。

1.キーボードでWin + Rキーを同時に押すことで「ファイルを指定して実行」を開き、REGEDITを入力することで、レジストリエディターを開きます。

2.次のパスを展開します:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

3.空のところで右クリックして、「新規」→「DWORD(32ビット)値」の順にクリックします。

新しいdwod値を作成する

4.この項目の名前を「NoLowDiscSpaceChecks」に変更します。

5.NoLowDiscSpaceChecksをダブルクリックして、「値のデータ」を1に設定します。

値のデータを0から1に変更する

6.レジストリエディタを閉じて、パソコンを再起動します。

上記のステップに従って、「ディスク領域不足」の警告メッセージが表示されないようになります。ただし、ここで警告メッセージの表示を無効にするだけですが、領域問題を実際に解決していません。次は、領域問題を解決する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法2.パーティションの容量を拡張することで「ディスク領域不足」問題を解決

「ディスク領域不足」警告メッセージが表示される原因だと、使用中のディスクの空き容量が足りないからです。だから、この問題を解決するには、空き容量を増やさなければいけません。この部分では、パーティション管理ソフトEaseUS Partition Masterを使って、ディスクのパーティションの容量を拡張して、この問題を解決する方法を皆さんに紹介してきたいと思います。

1.EaseUS Partition Masterを実行します。未割り当て領域がないですから、まずは隣のDディスクを縮小して、未割り当て領域を作成します。

インタフェース

2.Dディスクを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択して、ドラッグでDディスクを縮小します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ2.

3.同じようにCドライブの右側を右にドラッグすることで拡張します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ3.

4.適用をクリックして、行った操作を確実に実行します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法3.Windowsで一時ファイルを削除することで「ディスク領域不足」問題を解決

Windowsでは、各プログラムを利用し続けると、たくさんの一時ファイルが積み重ねます。長時間パソコンを使い続けて、しかも定期的にクリーンアップしていない場合は、一時ファイルの容量が非常に大きいのです。だから、これらの一時ファイルを削除することで、「ディスク領域不足」問題を解決することができるでしょう。

①batファイルを作成して一時ファイルを削除する

1.メモ帳を開き、下記の文字を入力する。

rd %temp% /s /q

md %temp%

2.下記のパースとして保存する。

%appdata%\microsoft\windows\start menu\programs\startup\cleantemp.bat

上記の操作で、%appdata%\microsoft\windows\start menu\programs\startupフォルダーでcleantemp.batというファイルが自動的に作成される。

バッチファイルを作成することで一時ファイルを自動削除

②ディスククリーンアップツールで削除する

Window10の一時ファイルを削除する場合は、ディスククリーンアップを行うこともいけます。操作手順が以下の通りです。

1.「pc」をクリックして、「ローカルディスク(C:)」を右クリックして、「プロパティ」「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

windows temp 自動削除ステップ1
2.「一時ファイル」にチェックを入れ、「OK」をクリックして完成します。

自動削除ステップ2

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!