> How to Use > パーティション管理 > Windows 11で「Cドライブを拡張できない」を修正[4つの方法]

Windows 11で「Cドライブを拡張できない」を修正[4つの方法]

aoki
更新者:aoki 2023/11/24
   

概要:

Windows 11でCドライブを拡張することができず、問題を解決したいと考えていますか?幸いなことに、この問題を解決することができます。ここでは、この問題を解決するのに役立つ4つの優れた解決策を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

はじめに

Windowsのバージョンや使用するデバイスに関係なく、Windowsユーザーであれば、パソコンの動作が時間とともに遅くなるのを見たことがあるのではないでしょうか?それは、ガジェットを使い続けるうちに、データやファイルが溜まっていくからです。他の仕切りには十分な容量があるにもかかわらず、「容量不足です」と訴えるポップアップが表示され続けるというシナリオはよくあることでしょう。

パソコンのパフォーマンスが低下し始め、アプリが重くなったり、ハードディスクの容量を増やせなくなったりします。Windows 11でCドライブを拡張できない理由を見てみましょう。そして、この問題を簡単に解決することができる解決策をみていきましょう。

Cパーティションの拡張ができないのはなぜ?

ボリュームを拡張できなくても気にする必要はありません。例えば、Cドライブのボリュームを拡張することはできません。Windowsの「ディスクの管理」を開き、ディスクパーティションの状態や、下の項目で説明した内容を見てください。

  • パーティションがFATなどでフォーマットされている場合、Windowsでは拡大できません。
  • 拡張したいパーティションの裏側の領域には、連続した未割り当て領域や空き領域がありません。
  • コンピュータのハードディスクに未割り当て領域が存在しません。

「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」オプションは、RAWまたはNTFSとしてフォーマットされたパーティションに対してのみ利用可能です。Windows パソコンは、FATやその他のファイルシステムのパーティションの拡張をサポートしていません。

  • MBRドライブを使用した場合、パーティション容量が2TBの限界に達しています。
  • いずれにしても、Windowsは拡張パーティションの未割り当て領域を使用してメインパーティションを拡大することを許可しませんし、その逆も同様です。

Windows10/8/7でハーディスクの容量を確認する方法は、こちらのリンクからご確認いただけます。

「ボリュームの拡張」がグレーアウトしている原因を突き止めた上で、特定のケースで「ボリュームの拡張」を有効にしたり、パーティションサイズを上げたりする方法を決定する必要があります。

「Cドライブを拡張できません」を修正する方法は?

このセクションでは、Cドライブの拡張の問題を解決するための方法について説明します。しかし、その前に、ユーザーは2つの状況について知っておく必要があります。

  1. 1. 未割り当て領域がない - これがディスクの問題である場合、オプション1およびオプション2に進み、ディスク管理でパーティションを削除または縮小します。しかし、これは潜在的にデータの損失につながる可能性があることを念頭に置いてください。
  2. 2. 非隣接の未割り当て領域がある - 非隣接の未割り当て領域がある場合、以下のオプション3で説明するように、サードパーティ製ソフトウェアを使用するのが最善です。

オプション1.ディスクの管理でボリュームを削除する

ディスクからボリュームまたはパーティションを取り外すと、そのボリュームまたはパーティション用に以前予約されていたスペースがドライブ上で利用可能になります。その後、この未割り当てスペースに同じディスク上の別のボリューム/パーティションを拡張して、未割り当てスペースを以前に拡張したボリューム/パーティションに追加することができます。

ステップ1: Win+Xメニューを開き、クリックまたはタップしてディスクの管理を選択します(diskgmt.msc

ステップ2: パーティション/ボリューム(例:「G」)を右クリックまたは長押しすると、表示されるコンテキストメニューから「ボリュームの削除」を選択します。

「ボリュームの削除」を選択する

ステップ3: 確認する場合は、ドロップダウンメニューからはいを選択します。

注: これでボリューム/パーティションは消去され、ドライブの残りの領域は「未割り当て領域」として表示されます。

ドライブの残りの領域は「未割り当て領域」として表示される

オプション2.ディスクの管理でボリュームを縮小する

ボリュームを縮小することで、既存のディスクから新しいディスクスペースを作り出すことは可能であり、この新しいスペースは未割り当ての領域となります。

パーティションを追加したいが、ドライブがない場合、以下の手順でパーティションを作成することができます。

注意:現在のパーティションにデータが含まれている場合、パーティションを縮小するとデータが失われる可能性があることに留意してください。パーティションを縮小する前に、データのバックアップを取ることを強くお勧めします。

ステップ1Windowsの検索ボックスで、「コンピューターの管理」と入力して検索し、「管理者として実行」を選択します。

「コンピューターの管理」と入力して検索し、「管理者として実行」を選択する

ステップ2:「コンピューターの管理」メニューから「ディスクの管理」を選択します。

コンピュータの管理からディスクの管理を選択する

ステップ3:ディスクの管理で、追加のパーティションを作成したい現在のボリュームを右クリックし、コンテキストメニューから「ボリュームの縮小」を選択します。

「ボリュームの縮小」を選択する

ご注意:ボリュームを減らすと、自動的に減らせる最大容量が計算されます。

ステップ4:または、縮小したいサイズを入力し、「縮小」をクリックし、ボリュームを縮小します。

「縮小」をクリックし、ボリュームを縮小する

ステップ5:縮小が完了すると、 ディスクの管理で未割り当て領域が生成されます。この未割り当て領域を利用して、新しいパーティションを構築することができます(確立された後)。

ディスク管理における未割り当て領域

オプション3.隣接しない未割り当てスペースをマージする

ディスクの管理には欠点があり、EaseUS Partition Masterのようなサードパーティ製ソフトウェアは、それを補うことを目的としています。これはすべてのWindowsシステムと互換性があり、ユーザーに余分なディスク管理ツールを提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

必携のツールとして特徴的なのは、「OSの移行」「サイズ調整/移動」「ワイプ」「非表示」「MBR/GPTまたはベーシック/ダイナミック間の変換」などの機能です。論旨としては、つながっているパーティションをすべて削除して空いたスペースを1つのパーティションに割り当てるのではなく、「マージ」オプションを活用して2つのパーティションを1つのパーティションに統合してもよいということです。

隣接していないパーティションを結合しようとすると、ユーザーは3つのシナリオに直面することになります。EaseUS Partition Masterは、どのような状況でも使用することができます。パソコンにプログラムをインストールし、起動するのは簡単です。各段階を一つずつ詳しく説明しながら進めていきます。

EaseUS Partition Masterの主な機能:

  • MBRからGPTへ、GPTからMBRへ変換するオンラインコンバーター
  • データを失うことなく、パーティションをマージ
  • オペレーティングシステムをソリッドステートドライブに転送
  • パーティションは、作成、フォーマット、削除が可能

マージするには:

ステップ1. 未割り当てスペースの隣にあるパーティションを選択し、「サイズ調整/移動」を選択します。

「サイズ調整/移動」を選択する

ステップ2. パーティションにマウスを置き、左右にドラッグして未割り当てのスペースを移動させます。

パーティションにマウスを置き、左右にドラッグして未割り当てのスペースを移動させる

ステップ1、2を繰り返すことで、未割り当て領域を目的の場所に移動させることができます。

未割り当て領域を目的の場所に移動させる

ステップ3. 「タスクの実行」と「適用」をクリックすると、最終的に未割り当て領域をターゲットパーティションに追加するための操作が実行されます。

「タスクの実行」と「適用」をクリックする

オプション4.別のディスクから容量を確保する

「領域の割り当て」は、EaseUS Partition Masterの機能で、ディスクスペースを割り当てることができます。指定したディスクの未使用領域を、選択したパーティションから削除することなく、同じハードドライブ上の他のディスクに割り当てるために使用することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

領域を割り当てるには:

ステップ1.十分な空き容量があるD:パーティションを右クリックし、「領域の割り当て」を選択します。

「領域の割り当て」を選択する

ステップ2.ターゲットパーティション - C: ドライブを選択し、パーティションパネルを左方向にドラッグして、D: ドライブから C: ドライブに空き領域を追加します。その後、「OK」をクリックして確認します。

パーティションパネルを左方向にドラッグして、空き領域を追加する

ステップ3.「1個のタスクを実行」ボタンをクリックし、「適用」をクリックすると、D:ドライブからC:ドライブに空き容量を移動するプロセスが開始されます。

「1個のタスクを実行」ボタンをクリックし、「適用」をクリックする

結論

Windows 10/11のディスクの管理でCドライブにアクセス可能な未割り当て領域がない場合、ディスクを拡張することができません。十分な未割り当て領域を得るために、パーティションを削除することは問題ありません。しかし、この手順には時間がかかります。そのため、上記に挙げた改善策のいずれかを選択することをお勧めします。

未割り当てまたは未使用のスペースがある場合は、オプション1オプション2のどちらかを選択してください。また、空き容量がない場合は、オプション3を使用することができます。システムドライブ全体が小さすぎる場合、EaseUS Partition Masterを使ってより大きなディスクに転送することで、Windowsや他のアプリを再インストールすることなくディスクを交換することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!