> How to Use > パーティション管理 > Windowsでのキャッシュをクリアする方法

Windowsでのキャッシュをクリアする方法

2017-02-09 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
日々の積み重ねに伴って、パソコンで大量のキャッシュファイルが貯まっていきます。特にシステムドライブでキャッシュファイルがあまりに多すぎると、パソコンの起動スピードや稼動スピードに悪い影響を与えてしまうことがあります。Windows 10/8/7でのキャッシュをクリアするには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Windows 10/8/7でのキャッシュファイル累積

「キャッシュ」という言葉を知らなくても、処理しないとPCでのジャンクファイルがどんどん増えてゆくのは、パソコンを使う人なら誰でも知っていることでしょう。キャッシュというのは、一時ファイルや、システムキャッシュなどのジャンクファイルの通称で、大量に貯まると、パソコンの稼動スピードに悪い影響を与えるかもしれません。

しかし、Windowsは今までにキャッシュファイルを自動的に検出することやクリアすることができないので、どうやってキャッシュファイルを検出して削除できるんでしょうか?次に二つの方法を皆さんに紹介します。無駄なキャッシュファイルをクリアすることで、領域の空きを拡張してパソコンの性能を上げてみましょう。

お見逃しなくWindows 10でのディスククリーンアップ:ディスクスペースを解放しよう

(Windows 7/8/10向け)EaseUSパーティション管理ソフトでWindowsでのキャッシュファイルをクリアする

上記のように、Windows自体は、キャッシュファイルを自動検出&クリア機能が備わっていませんので。サードパーティーを使わないといけません。ここで、クリーンアップツール搭載の無料パーティション管理ソフトEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めしたいと思います。完全無料で、少しのステップだけでパソコン内のジャンクファイル、無駄の大容量ファイルを検出し、クリアにすることができます。

1.ソフトを運行し、上の「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックします。

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックする

2.出たメニューで「ジャンクファイルクリーン」を選択し、ディスクでのジャンクファイルを検出してクリアします。

ジャンクファイルを削除する

3.ディスクの大容量ファイルを削除するには、「大容量ファイルクリーンアップ」をクリックして、クリアすることができます。

大容量ファイルをクリーンアップする

4.「ディスク最適化」を選んで、ディスクを最適化することができます。

ディスク最適化

 

Windows 10でのキャッシュファイルをクリアする

「ディスククリーンアップ」とは、Windows搭載のジャンクファイルクリアツールです。それを使ってキャッシュファイルを削除し、ディスクスペースを解放することができます。Windowsの内蔵アプリなので、気軽に使ってみましょう。

一時ファイルの削除

1.「ディスククリーンアップ」とタスクバーで検索し、実行します。

2.ディスククリーンアップしたいドライブをプルダウンリストから選択し、「OK」をクリックします。

3.ディスククリーンアップダイアログボックスが表示されると、「一時ファイル」の前ににチェックをつけます。

4.「OK」をクリックします。

システムキャッシュファイルの削除

Windowsシステムでは無駄なキャッシュファイルが大量に残されることがよくあります。不要なシステムファイルを削除すれば、スペースを解放し、パソコンの性能アップが望まれます。

1.「ディスククリーンアップ」「システムファイルをクリーンアップ」をクリックします。

2.ファイル種類を指定します。

3.「OK」をクリックします。

 

EaseUSが選ばれる理由