> How to Use > パーティション管理 > Windows10/8/7でUEFIブートを修復する方法

Windows10/8/7でUEFIブートを修復する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月16日に更新

概要:

ブートローダには何か不調があり、Windowsをブートに失敗した場合、Windows10,8,7を問わず、この記事でその対処法を見つけます。これらの対処法を参照して、簡単にUEFIブートを修復しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows10/8/7でUEFIブートエラーが発生したら、どうすればいいのでしょうか。この記事では、UEFIブートローダーに何か不調がある時の修復法を皆さんにご紹介します。Windows10/8/7でUEFIブートに失敗する場合、これらの方法に従って、UEFIブートローダーを修復してUEFIブートエラーを簡単に解決しましょう。

方法1. Windows7の環境下、bootrec/bootsectでUEFIを修復

Windows7を使っている場合、UEFIブートエラーが発生したら、以下の2つの方法が役に立つと思います。

Windows7でUEFIブートローダを修復する前に、uefiブートモードがオンにしていることを確保してください。

やり方
PCを再起動 > UEFI/セットアップ/BIOS > Secure Boot/セキュアブート/セキュアブート制御をオフ/DISABLEにしてください。
注:種類によっては、Secure Bootの設定をするために、「Advanced Mode」などの詳細な設定ができる画面に移る必要があります。Secure Boot項目を見つけない場合、「Advanced Mode」を選択してください。

1.1 bootrecでWindows7のUEFIを修復

1. CD/DVDなどのWindows7のシステム修復ディスクを挿入し、そこからブートします。
2. 言語キーボードを選択し、「次へ」をクリックします。
3. リストからWindows7を選択して「次へ」をクリックしてください。
4. システム回復オプションのダイアログで「コマンド プロンプト」を選択してください。
5. 以下のコマンド指令を一つずつ入力してエンターキーを押します。

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /ScanOs
bootrec /rebuildBcd

6. CD/DVDを取り外して、 exitを入力してエンターキーを押します。そして、コンピュータを再起動します。

Windows回復オプションでコマンドプロンプトを選択

1.2 bootsectでWindows7のUEFIを修復

1. CD/DVDなどのWindows7のシステム修復ディスクを挿入し、そこからブートします。
2. 言語、キーボードを選択し、「次へ」をクリックします。
3. リストからWindows7を選択して「次へ」をクリックしてください。
4. システム回復オプションのダイアログで「コマンド プロンプト」を選択してください。
5. bootsect /nt60 SYS /mbrを入力し、エンターキーを押します。
6. CD/DVDを取り外して、 exitを入力してエンターキーを押します。そして、コンピュータを再起動します。

方法2. Windows10/8でdiskpart/自動修復でUEFIを修復

Windows10若しくはWindows8のユーザにとって、以下の方法が役に立つかもしれません。

2.1 diskpartでWindows10/8のUEFIを修復

1. Windows10/8のインストールメディア若しくは修復ディスクを挿入して、そこからコンピュータをブートします。
2. コンピュータを修復するをクリックしてください。
3. トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンドプロンプト を選択してください。
4. 以下のコマンド指令を一つずつ入力し、エンターキーを押して実行してください。

diskpart
DISKPART>
sel disk 0

5. 「Disk 0 is now the selected disk」というメッセージが表示されると、list volを入力してください。
6. diskpartは、コンピュータのすべてのボリュームを表示します、UEFIボリュームをそのリストから見つけます。(UEFIボリュームがボリューム2と仮定)
7. 以下のコマンドラインを一つずつ入力し、エンターキーを押します。

sel vol 2
assign letter=G
(Gは設置されていたが、まだ使っていないドライブの文字である。)

8. 「DiskPart successfully assigned the drive letter or mount point」メッセージが表示されると、以下のコマンド指令を一つずつ入力し、エンターキーを押します。

exit
cd /d G:\EFI\Microsoft\Boot\
cd /d G:\Boot\ 若しくは cd /d G:\ESD\Windows\EFI\Microsoft\Boot\

注:GはUEFIパーティションに入れ替えたドライブの文字である。
bootrec /fixboot
ren BCD BCD.bak
bcdboot C:\Windows /l en-us /s x: /f
(c:\ は、Windows10/8がインストールされているドライブの文字である。)

更には、bootrec /rebuildbcd という指令を実行してもいいです。

9.コマンドプロンプトでexit を入力してPCを再起動します。

2.2 自動修復でWindows10/8のUEFIを修復

1. Windows10/8のインストールメディア若しくは修復ディスクを挿入して、そこからコンピュータをブートします。
2. コンピュータを修復するをクリックしてください。
3. トラブルシューティング > 自動修復 をクリックしてください。
4. リストからアカウントを選択して自動修復を続けてください。
5. 自動修復プロセスが終わるまで待っておいてください。

方法3. Windows10/8/7でブータブルディスクを作成して、システムエラーを修復若しくはシステムを再インストールすることでUEFIブートエラーを修復

通常、UEFIブートエラーが発生したら、Windowsを起動できなくなります。ここでブータブルディスクを作成することをサポートしている高機能のパーティション管理ソフトを皆さんにおススメします。下記のダウンロードボタンを押して直接にダウンロードすることができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.パーティション管理ソフトでブータブルディスクを作成

EaseUS Partition Masterというパーティション管理ソフトでただ3ステップだけでブータブルディスクを作成することができます。

1.「EaseUS Partition Master」を実行します。

2.「ツール」>「WINPEブートディスクを作成する」を選択します。若しくは、下図の赤枠のボタンをクリックしてください。

WINPEブートディスクを作成するを選択

3.USBメモリ、DVD/CD、或いはパソコンでISOファイルを保存する場所を選択して、「実行」をクリックします。

「実行」をクリックする

4.パソコンを再起動して、ブートディスクからパソコンを起動します。

それから、ソフトを開き、UEFIパーティションを右クリックして、「ファイルシステムを確認する」機能を選択することで、UEFIパーティションのエラーを検出&修復することが可能です。それから、UEFIからのブートを試してみてください。もしも依然としてブートできない場合、ステップ2に移動してWindowsを再インストールする方法を参照してください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ2.Windows10/8を再インストールする

以下の方法に従って、Windows10/8を再インストールすることができます。Windowsを再インストールした後、上記のパーティション管理ソフトで、ディスクを分割し、パーティションを変更することができます。それでは、Windowsを再インストールする方法を見てみましょう。

Windowsを再インストールするには、Windows用のインストールメディアを作成してください。リンクページの詳細をチェックして、Windows用のインストールメディアを作成してから、そのページの底部に、Windows10若しくはWindows8/7をクリックして、そのページに移動して具体的な指示に従ってWindowsを再インストールすることができます。

以上で、Windowsを再インストールすることで、システムが一新されますので、UEFIブートエラーがなくなると思います。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!