> How to Use > パーティション管理 > SDカードエラーを検出&修復する方法

SDカードエラーを検出&修復する方法

2017-05-12 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
時にSDカードでエラーが現れて、カードの読み書きに影響を及ぼすことがあります。SDカードでのエラーを検出、修復するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

SDカードはよく利用される外付け記憶装置です。しかし、時にSDカードでエラーが現れて、読み書き操作すらできなくなることがあります。SDカードに大事なデータが保存されているが、その中には入れずデータを救出もできなくなる場合は、どうやってSDカードを修復すればいいですか。

外付けストレージ装置に一旦エラーが発生すると、SDカードを含め、各種ディスクでのエラーを検出&修復するには、どうすればいいでしょうか?次は二つの方法を皆さんに紹介します。

CHKDSKでSDカードを検出、修復

1. タスクバーで「Windows Explorer」フォルダのアイコンをクリックします。
2. SDカードを右クリック→「プロパティ」→「ツール」→「今すぐチェック
3. 「ドライブのスキャン」をクリックします。
4. Windowsが自動的にハードドライブ診断プロセスを実行し、ディスクエラーをスキャンし始めます。
5. 修復プロセスが完了すれば、「OK」をクリックして、パソコンを再起動します。

chkdskが効かない場合はSDカード修復策

上記のように、Windowsのディスクのエラー修復ツールでSDカードのエラーを修復できない場合は、どうすればいいですか。次は、EaseUSのデータ復旧ソフトパーティション管理ソフトで完璧にSDカードを修復できる方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

SDカード修復ツールを利用することでSDカードエラーを検出&修復

SDカードの具合によって修復が不可能な場合もありますので、最も先にやるべきことは、やはりデータを復元することです。データの安全性を確保するため、とりあえずデータを救出してから、不良セクタの修復操作をしましょう。

ステップ1.sdカードからデータを救出する

sdカードからデータを救出するため、まず、sdカードをパソコンに接続する必要があります。それから、データ復旧フリーソフト―EaseUS Data Recovery Wizard Freeをインストールして実行して下さい。

1.ソフトを開いて修復したいsdカードを選択し、「スキャン」をクリックすることでデータを検出します。

2.ソフトが自動的にクイックスキャンディープスキャンが行われることで、すべてのデータを検出します。

3.すべて復元可能なファイルがリストに表示されますので、復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることでファイルを他の場所に保存することができます。

sdカード復元ソフトの初期画面

ステップ2.SDカードエラーを検出&修復する

ここで、無料のディスク修復ツールEaseUS Partition Master Freeを皆さんにおすすめします。無料ソフトでありながら、SDカードでのエラーを検出し、修復することが可能です。

ダウンロードリンク:http://down.easeus.com/product/epm_free

動作OS: Windows 10/8/7/Vista/XP

1.ディスク/パーティションを右クリック>「ファイルシステムを確認する」を選択します。

SDカードエラーを検出し修復

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:ソフトが自動的にChkdskを実行させて、修復作業を開始させます。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが作成されます。

2.「OK」をクリックして、エラーチェック&修正を実行します。

EaseUSが選ばれる理由