> How to Use > パーティション管理 > 対策3選:ダイナミックディスクへの変換がグレー表示

対策3選:ダイナミックディスクへの変換がグレー表示

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年01月07日に更新

概要:

ディスクをセットアップしようとして、ディスクをベーシックディスクからダイナミックディスクに変換する必要があります。しかし、ダイナミックディスクへの変換オプションが無効になっている場合、どうしましょうか?この記事では、ダイナミックディスクへの変換がグレー表示される問題を修正する方法を説明しています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

「基本ボリューム(サイズは3TB)を動的に拡張しようとしますが、変換オプションはグレー表示されています。誰か助けてくれませんか?」

この記事では、この問題が発生する理由とその対策について説明します。

なぜ、ダイナミックディスクへの変換がグレー表示されるのか?

サイズが2TBを超える基本ボリュームを拡張したい場合には、こういう問題が発生します。MBRディスクでは、最大2TBしか認識できないという容量制限があります。したがって、2TBを超えるベーシックディスクをダイナミックディスクに変換すると、割り当てられた領域は「ディスクの管理」によって変換できません。

グレー表示された変換オプションを修正する方法

問題は主にMBRディスクの容量にあるため、ディスクをMBRからGPTに変換することだけで解決できます。GPTディスクにはMBRのような制限がなありませんし、ほぼ無制限のパーティションを保持できます。また、ディスク容量のサイズも2TBに制限されていません。ディスクを変換するには、3つの方法があります。パーティション管理ツールであるEaseUS Partition Masterコンピューターのディスク管理、およびDiskPartコマンドです。

1.データを失うことなくディスクをMBRからGPTに変換する

従来の変換方法はすべて、データの損失が生じます。ボリュームの完全バックアップを作成しておいたとしても、バックアップの復元にはかなりの時間がかかります。そのため、EaseUS Partition Masterをお勧めします。

EaseUS Partition Masterで、ディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRに、削除やデータ消去なしで変換できます。したがって、バックアップと復元のプロセスを実行する必要はありません。さらに、パーティションのサイズを変更したり、フォーマットしたり、マージしたりすることもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Masterをダウンロードし、以下のガイドに従ってディスクをMBRからGPTに変換しましょう。

データ損失なくMBRをGPTに変換するチュートリアル

2.ディスクの管理でディスクをMBRからGPTに変換する

ディスクの管理では、ディスクタイプの変換、ボリュームの削除、サイズ変更などを行うことができます。ディスクをMBRからGPTに変換する方法については、以下の手順に従ってください。この方法では、ボリュームを削除します。完全バックアップを作成する必要があります。

ステップ1.「コントロールパネル」>「管理ツール」>「コンピューターの管理」に移動します。

ディスクの管理でディスクをMBRからGPTに変換する1

ステップ2.「記憶域」の下の「ディスクの管理」をクリックします。変換したいディスクに既存するすべてのボリュームを削除します。

ディスクの管理でディスクをMBRからGPTに変換する

ステップ3.変更するMBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」をクリックします。

ディスクの管理でディスクをMBRからGPTに変換する3

3.DiskPartコマンドでMBRディスクをGPTに変換する

コマンドプロンプトによって、ディスクをGPTに変換することもできます。ただし、この方法では、ボリュームを削除する必要もあります。バックアップの作成を忘れないでください。

ステップ1.管理者として実行し、「Win」キーを押して、「コマンドプロンプト」を選択します。

ステップ2.コマンドプロンプトでdiskpartを入力し、次にlist diskと入力して、「Enter」キーを押します。

ステップ3.select disk1と入力します(MBRディスクの番号の例として、"1"を取り上げます)。MBRディスクを選択したら、cleanと入力して、このディスク上のすべてのデータを削除します。

ステップ4.convert GPTと入力し、「Enter」キーを押して実行します。

DiskPartコマンドでMBRディスクをGPTに変換する

まとめ

総じていえば、MBRディスクシステムの制限により、ダイナミックディスクへの変換オプションがクレー表示されます。次に同じ問題が発生する時は、まずMBRディスクのサイズを確認し、問題を解決する方法を1つ選択してください。とにかく、EaseUS Partition Masterは、データの損失もなく、使いやすいため、お勧めです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!