> How to Use > パーティション管理 > ベーシックディスクとダイナミックディスクの違いと変換する方法

ベーシックディスクとダイナミックディスクの違いと変換する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月25日に更新

概要:

「ベーシックディスク」、「ダイナミックディスク」という言葉を聞いたことがありますか?ディスクの管理には、この二つのディスク種類があります。本文では、これらの違いと変換する方法について紹介したいと思います。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

ベーシックディスクとは

ベーシックディスクは、WindowsOSが使用する最も普通、一般的なパーティション種類です。パーティションテーブルまたは論理ドライブは、ハードディスクパーティション上のすべてのデータを処理します。ベーシックディスクは、MS-DOSで使用されるセットアップに同じくオリジナルのストレージモデルです。たとえば、オペレーティングシステムはベーシックディスクを序盤として構成され、ハードドライブにインストールされます。また、特に指定しないと、新しいディスクはデフォルトでベーシックディスクとして作成されます。

パーティションはベーシックディスクの簡易な形です。基本ディスク設定のもとで、パーティションをフォーマットすると、作成後にパーティションのサイズを調整できます。パーティションの最大サイズはハードドライブのサイズです。

ディスクの管理メニュー

各パーティションは独自に存在し、 他のパーティションとの情報共有、分割することはあり得ません。MBRとGPTの2つの形でパーティションを使用することが普通です。ベーシックディスクに設定できるパーティションの最大数が制限されています。その最大数はディスクが使用するパーティションのスタイルによって異なります。

GPTパーティションスタイルを使用するベーシックディスクでは、最大128のプライマリパーティションを作成できます。MBRパーティションスタイルを使用するベーシックディスクは、最大4つのパーティションを持つことができます。4つのプライマリパーティション、もしくは、3つのプライマリパーティションと論理パーティション1つの組み合わせでも可能です。さらに、ベーシックディスクを使用すると、FAT、FAT32、およびNTFSファイルシステムにも通用します。

ダイナミックディスクとは

Windows2000ではダイナミックディスクは初めて導入されました。この新しい技術により、フォールトトレラントボリュームなどのより柔軟なデータ管理が可能になりました。

ダイナミックディスクは、ダイナミックボリュームと呼ばれる特殊な種類のボリュームを使用します。 ダイナミックボリュームは、作成後でも分割、変換、拡張することができます。 また、物理ディスク上の連続していないスペースにボリュームを拡張することもできます。ダイナミックディスクの最大サイズは場面によって異なる可能があります。

ダイナミックディスクは、仮想ディスクサービス(VDS)または非表示の論理ディスクマネージャー(LDM)データベースを使用できます。 MBRとGPTにもサポートしています。

ダイナミックディスクには、シンプル、スパン、ストライプ、ミラー、およびRAID-5の5つの異なるボリュームタイプがあります。 シンプルボリュームとは、単一のダイナミックディスクボリュームです。 スパンドボリュームは、複数のディスクに基づいて構成されたダイナミックボリュームです。

ストライプボリュームは、スパンドボリュームと同じく複数のディスクを作られますが、それぞれのディスクのサイズは必ず等しなければなりません。ミラーボリュームには、保存されたデータの2つのコピーがあり、フォールトトレラント機能を提供します。RAID-5ボリュームは、回転ディスクにデータを格納するフォールトトレラント機能付きのダイナミックボリュームで、 ミラーリングまたは拡張することはできません。

ハードディスクには最大2,000のダイナミックボリュームを保存できます。 ただし、ダイナミックボリュームの推奨数は最大32以下です。ダイナミックディスクがMBRまたはGPTどちらを使っても大丈夫です。

ベーシックディスクとダイナミックディスクの違い

皆さんが恐らく「どれをすればいいのかな?」と疑惑を抱いていると思います。さて、そろそろベーシックディスクとダイナミックディスクの違いについて話しましょう。

ベーシックディスクとダイナミックディスどちらでもデータを保存できます、使い方はそれぞれです。

ベーシックとダイナミックの違い

ベーシックディスクはオリジナルディスクであり、DOSの時代から存在しています。データはGTPとMBRで追跡されます。 これらのパーティションスタイルでは、プライマリパーティションと論理パーティションのみが許可されます。作成後、特別なツールがないとパーティションを直接変更することはできません。これが、パーティションのサイズがハードドライブのスペースに制限されている理由の1つです。

ベーシックディスクは、最も一般的なストレージ方法で、 デュアルマルチ起動性、使いやすさ、データの保護など、様々なメリットが備えています。それに、ベーシックディスクがダイナミックディスクにデータを失わずに変換できます。

ダイナミックディスクは、Windowsコンピューターで使用される特殊なタイプのストレージです。 もともとWindowsNT用に開発されたダイナミックディスクは、Windows 2000で利用できるようになりました。ダイナミックディスクは、LDMおよびVDSデータベース、MBRまたはGTPでボリュームを追跡します。

MBRディスクパーティションでは、データベースは最後のメガバイト(MB)のスペースを占有します。 GPTディスクパーティションでは、配分済み(非表示)の1MBディスクを占有します。

ダイナミックディスクを使用すると、さまざまなスペースの構成でボリュームを作成できます。ダイナミックボリュームは、サイズの変更、再生、移動など簡単にできます。データベースを使用し、コンピューターは新しい動的ディスクを作成し、および破損したディスクを修復します。

初心者でもダイナミックボリュームを利用できます。ダイナミックボリュームには、シンプル、スパン、ストライプ、ミラー、およびRAID-5の5つのタイプがあります。 しかし、これらのどれもマルチブートを対応していません。

複数のリージョンをリンクすることで、果てのない大容量のダイナミックボリュームを構成できます。 逆にも、セクションに分割し、データを簡単、分かりやすく管理できます。 データの損失を防ぐために、ボリュームを変更したり、バックアップしたり、オペレーティングシステムを再起動する必要はありません。

残念ながら、ダイナミックディスクをベーシックディスクに直接変換することはできません。 変換する前にそれらを削除する必要があります。 データの損失を防ぐには、特別なツールが必要になります。

ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する方法

ベーシックディスクとダイナミックディスクの区別について大分わかっていると思います。これからベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する方法を紹介したいと思います。全体的には、二つの方法があります。一つは、EaseUS Partition Master使用して成し遂げます。もう1つは、Windows 10 / 8.1/8/7でディスクの管理を使用することです。

EaseUS Partition Masterでベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する

EaseUS Partition Masterのメリット

  • WindowsOSでデータドライブをパーティション分割して管理できる 
  • データ損失のリスクなしで、ベーシックディスクをダイナミックディスクに、またはその逆に変換できる 
  • サイズ変更、作成、移動、削除、マージ、パーティションのワイプ、ドライブ文字の変更を簡単にできる 
  • 簡潔なインターフェースにより、初心者でも使いやすく操作できる
  • Windows2000からWindows10までのすべてのWindowsシステムにすべて対応

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作の手順

ステップ1:EaseUS Partition Masterを開いて、ターゲットドライブを選択して、「ダイナミックへの変換」を選択します。

ベージックディスクへの変更手順1

ステップ2:上部のツールバーで「保留中の操作」をクリックして。「適用」をクリックします。

ベージックディスクへの変更手順2

ディスクの管理からベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する

ディスクの管理では、すべての重要な機能に加えて、ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換することもできます。下のガイドに従って、ディスクの管理でベーシックディスクをダイナミックディスクに変換しましょう。

1.Windowsの[スタート]ボタンを右クリックします。 「ディスクの管理」をクリックして開きます。

スタートメニュー

2.機能しているドライブは、ディスクの管理ツールに表示されます。

3.ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換するには、ディスクを右クリックして[ダイナミックディスクに変換]を選択します。

ディスクの管理メニュー

4.この新しいウィンドウで、変換するディスクを選択します。 「OK」を押します。

ダイナミックディスクに変換する

4.ディスクの管理は警告を出します。「はい」をクリックします。プロセスが完了するまでをしばらく待ちます。

ダイナミックディスクの変換

ダイナミックディスクをベーシックディスクにに変換する方法

「ディスクの管理」では、ダイナミックディスクをベーシックディスクに直接変換することはできません。 ダイナミックディスクを変換するオプションが利用できないことに気付いているでしょう。したがって、変換を実現するには、いくつかの時間のかかる手順に従う必要があります。 まずは、ダイナミックディスク上のすべてのボリュームを削除する必要があります。データが失われますので、先にバックアップしておきますようにご注意ください。

ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するには、以下の手順に従ってください。

1.まず、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する前に、すべてのデータをバックアップしてください。

2. [スタート]ボタンを右クリックし、[ディスクの管理]を選択します。

3.変換したいダイナミックディスクを選択し、右クリックして「ボリュームの削除」をクリックします。

4.その後、変換したいダイナミックディスクを右クリックし、[ベーシックディスクに変換する]をクリックします。

まとめ

このガイドでは、ベーシックディスクとダイナミックディスクとの違い、使い分ける方法について説明しました。ダイナミックディスクははるかに柔軟性がありますが、ベーシックディスクに直接変換することはできません。また、マルチブートパーティションはベーシックディスクのみが対応します。それによって、2種類のディスクをスムーズに操作には適切なツールが必要とされている。

ベーシックディスクをダイナミックディスクに、またはその逆に変換する方法を学びました。Windowsのディスクの管理ツールでは、バックアップせずにデータの損失を回避することは不可能です。ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する前に、すべてを削除する必要がありますから。ハードディスクの主な問題は、一度フォーマットすると、簡単に拡張または変換できないことです。ここで、EaseUS Partition Masterを使用すると、数回クリックするだけで、ベーシックディスクをダイナミックディスクに、またはその逆に変換できます。今すぐダウンロードして、データを失うことなくでボリュームを拡張、サイズ変更、ベーシックディスクとダイナミックディスクの変更をしてみてしてください!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!