> How to Use > パーティション管理 > 未割り当て領域をDドライブに追加する方法(Windows10/8/7)

未割り当て領域をDドライブに追加する方法(Windows10/8/7)

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月03日に更新

概要:

未割り当て領域って何?空き容量と何が違うの?パーティション?ドライブ?ボリューム?この記事では、未割り当て領域をDドライブ、または、その他のドライブに追加するための3つ方法と、未割り当て領域のための新しいパーティションを作成する方法を紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

1.未割り当て領域とは?

コンピュータは、ハードドライブ上の領域を隣接するセクターまたはクラスターのグループとして割り当てます。新しいファイルを作成すると、オペレーティングシステムが使用可能な領域を探し出し、その領域をファイルに割り当てます。「空き領域」とも呼ばれる未割り当て領域は、パーティションが割り当てられていないハードドライブ上の領域です。つまり、未割り当て領域がコンピュータのドライブに割り当てられれば、データとファイルの保存に使用できます。

通常、未割り当て領域はコンピュータに表示されません。未割り当て領域は、Windows10 / 8/7コンピュータのディスクの管理で確認できます。この記事では、Dドライブに未割り当て領域を追加する方法を紹介します。実際、他のドライブに未割り当て領域を追加する場合にも、このページを参考にして頂けると思います。

未割り当て領域

2.未割り当て領域をDドライブに追加する方法(3つ)

Windows10/8/7ユーザーの場合は、未割り当て領域をDドライブに追加するための3つの方法が有効です:パーティション管理ソフト、Windowsディスク管理、DiscPartコマンドの3つです。それぞれの方法を詳しく説明していきます。

1)EaseUS Partitition Master
2)Windowsディスク管理
3)DiscPartコマンド

1)EaseUS Partitition Master:最も簡単

この方法が最も簡単な方法で、パーティションやドライブについて多くの専門知識を知らずとも作業を行えます。必要なのは、EaseUS Partition Masterというパーティション管理ソフトをダウンロードして、手順に沿って作業を進めていくのみです。このEaseUS Partition Masterは、EaseUS社から開発されたパーティション管理専門のソフトですので、その機能性も保証できます。

EaseUS Partition Masterの特徴

  • パーティションのサイズ変更、移動、結合、分割、作成、フォーマット、削除などが可能
  • データ損失なしでMBR―GPT間の変換
  • OSをSSDに移行してWindowsの動作をより迅速にする
  • 全ディスクや未割り当て領域を探し出し、削除・損失したパーティションを復元

以下のボタンからEaseUS Partition Masterをダウンロードして、さっそく未割り当て領域ををDドライブに追加しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Masterの操作方法

1.EaseUS Partition Masterを実行します。未割り当て領域がないですから、まずは隣のDディスクを縮小して、未割り当て領域を作成します。

インタフェース

2.Dディスクを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択して、ドラッグでDディスクを縮小します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ2.

3.同じようにCドライブの右側を右にドラッグすることで拡張します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ3.

4.適用をクリックして、行った操作を確実に実行します。

2)Windowsディスク管理:難易度中

Windowsディスク管理機能で、パーティションに未割り当て領域を追加することもできます。この方法は、パソコンやパーティション、ドライブなどにある程度詳しい方におすすめです。初心者の方でも、これから説明する手順に従えばそこまで難しくないと思いますので、参考にしてトライしてみてください。

(操作手順)
1.スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックし、「管理」>ディスクの管理を開く。

2.作業を行いたいパーティションを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択。

ディスク管理のボリューム拡張

3.手順に沿って、未割り当て領域のサイズを選択したパーティションに合わせる。

4.作業が終わったら、「完了」ボタンを押し、パーティションの拡張作業を終了する。

パーティションの拡張作業

3)DiscPartコマンド:難易度高
より難易度の高いこの方法は、上級者向けです。DiscPartコマンドを使った未割り当て領域の管理方法を、詳しく紹介します。

(操作手順)
1.DiscPartコマンドを起動する。(検索バーでCMDと入力>コマンドプロンプトを右クリック>管理者として実行>「diskpart」と入力しEnterキーを押す)

2.以下のコマンドを順に入力かつ、毎回Enterキーを押す。

list disk

  • select disk 0 (※0を任意のディスクに変更してください)
  • ist volume
  • select volume d (※dを任意のパーティションに変更してください)
  • extend size=number (MB単位で未割り当て領域を選択したボリュームに合わせ追加してください)

3.「exit」と入力しDiskPartを閉じる。

ここまで完了したら、DiscPartコマンドドライブ未割り当て領域がきちんと追加されたか確認します。

3.おまけ!未割り当て領域の新パーティション作成方法

上記で紹介したパーティションを拡張して、空き容量を追加する方法の他にも、新しくパーティションを作成することもできます。最初に紹介したEaseUS Partition Masterを使えば、シンプルで簡単な操作のみで新パーティション作成のための操作を行えます。以下の手順に従って、EaseUS Partition Masterを使いこなしましょう。

EaseUS Partition Masterの操作手順

まとめ

この記事では、未割り当て領域をDドライブに追加する方法を3つと別の方法を1つ紹介しました。すべて難易度が異なるので、それぞれに合う方法を参考にしていただけたらと思います。ページの始めで紹介したEaseUS Partition Masterは、初心者でも問題なくパーティション管理が行えるソフトなので、専門的な知識がない方や初めてこのような操作を行う方には、特におすすめしたいソフトです。空き容量を割り当てるのみならず、プライマリーパーティションを論理パーティションに変換したり、2つのパーティションを結合、また、WinPEブータブルディスクを作成したりすることのできる万能なパーティション管理ソフトなので、様々な場面で役立ちます。興味がある方は以下のボタンからダウンロードができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!