> How to Use > パーティション管理 > Windows 10ビルド14390ダウンロード・アップデート

Windows 10ビルド14390ダウンロード・アップデート

2016-07-19 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
マイクロがWindows 10の最新ビルド14390をリリースしました。以前のバージョンで解決されなかったバッグ幾つかを修復したそうです。どうすれば、エラーを避けて順調にWindows 10 14390にアップデートできるでしょうか。その方法を皆さんに紹介します。

マイクロが7月15日にWindows 10の最新ビルド14390をリリースしました。Windows 10ユーザーなら、無料でダウンロード、アップデートすることができます。バッグを修復するため新たなビルド14390を試したい方には、この記事はきっとお役に立てるでしょう。

14390新機能と改善点

Amazonアシスタント(Edge拡張機能)

Microsoft Edge 向けの Amazonブラウザ拡張機能が新規追加されました。Amazonアシスタントというのは、ネットショッピングする時、商品の取り扱い開始日や景品の比較、気に入り商品のリストそして色々なショートカットの総括を提供することによって、ショップの決定にいいヒントをあげられます。Microsoft Edgeを起動して、メニューを開いて、拡張機能を選び、「ストア」から拡張機能を選択すればいいです。

バッグの修正

非英語環境で人を悩ませてきたエラー0x80004005がようやくビルド14390で解決されました。

アップデートする前にシステム&データバックアップを行う

システムアップデートする前に、いつでも事前に元のシステムと大事なデータをバックアップすることを強くお薦めします。それは、万が一アップデートによってシステムがエラーになっても、バックアップさえすればシステムクラッシュやデータ紛失にはなれないからです。ここで、バックアップソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。それを使って、Windows 10 14390にアップデートする前システムと大事なデータをバックアップしておきましょう。

アップデートする前にシステムドライブを拡張し、Windows 10でのエラーを修復する

システムドライブが容量不足なのは、システムアップデートを失敗させる一つ大きなな原因と言われています。どうすればシステムドライブを拡張できるでしょうか。ここは、パーティション管理ソフトEaseUS Partition Masterを皆さんにお薦めします。アップデート中のエラーを避けるため、システムドライブ容量を拡張しましょう。

ソフトの初期画面

また、システムドライブをチェックして、Windows 10でのエラーがあれば解決しないといけません。EaseUS Partition Masterではディスクエラー修復機能も搭載されていますので、まずはシステムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択してから、後は先に進めばいいです。

パーティションのエラーをチェック&修復

Windows 10 14390をダウンロード&インストールする

普通では、「設定」「アップデートとセキュリティ」「windowsアップデート」「アップデートチェック」「今すぐダウンロード」のように進めば、システムが自動的にアップデートを行います。

また、下記のリンクにてISOそれともESDファイルをダウンロードして、手動的にWindows 10 14390にアップデートするのもいいです。

Windows 10 14390 ISO  X86/X64

Windows 10 14390 ESD

EaseUSが選ばれる理由