> How to Use > パーティション管理 > Windows 11の互換性確認:互換していない配置を変更する方法

Windows 11の互換性確認:互換していない配置を変更する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2021年08月18日に更新

概要:

Windows 11にアップグレードするために、その最小要件を満たすことが必要となります。本文では、 TPM 2.0、UEFIセキュリティブートなどの要件をチェックする方法を皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

2015年7月にMicrosoft者はwindows 10をリリースしてから6年、2021年6月25日にWindows 11が正式に発表され、2021年後半のリリースが計画されています。Windows 10のライセンスであれば、Windows 11でも適用されますが、現在使用中のパソコンはWindows 11をインストールできるかどうかは別の話です。それでは、Windows 11が動作できる最小要件とはなんですか?無料でパソコンが最小要件を満たしているかどうかを確認するツールはありますか?

本文では、現在パソコンのWindows 11との互換性確認の方法を完全に解説していきたいと思います。Windows 11にアップグレードしてみたい方は、この記事を見逃しないでください。

windows 11

Windows 11の最小ハードウェア要件について

Windows 11が正式に発表されて以来、Windows 11の最小要件や現在利用中のパソコンとの互換性確認について関心をかなり持っています。それでは、Windows 11が対応できる最小ハードウェア要件とは何ですか?

  • プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
  • メモリ:4 GB RAM
  • ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
  • システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応
  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
  • グラフィックス カード:DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
  • ディスプレイ:9インチ以上、HD解像度 (720p)
  • インターネット接続:Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です。

上記の要件を満たすことができれば、Windows 11の提供時に無料でアップグレードすることができます。

利用中のパソコンがWindows 11に互換できるかどうかを確認する方法

Microsoft社も互換性確認ツールを撤去したので、現在利用可能なWindows 11互換性確認ツールはなくなります。パソコンに詳しくない方は、現在利用中のパソコンが公式サイトに掲載されている要件を満たしているかどうかを判断することができないかもしれませんので、自動的に互換性を確認できるツールが必要となると思います。それでは、ここでEaseUS製Windows 11互換性チェッカーを皆さんに紹介します。このツールをパソコンにインストールすると、現在利用中のパソコンのWindows 11との互換項目を一々チェックすることが可能です。

Microsoft社の互換性確認ツールが準備中

ステップ1.EaseUS製Windows 11互換性チェッカーをダウンロードします。

ステップ2.Why Not Win 11」ボタンをクリックします。

easeus windows 11互換性チェックステップ1

ステップ3.互換性確認の結果ウィンドウで、どの項目が互換しているか、どの項目が互換していないことを確認できます。

easeus windows 11互換性チェックステップ2

パソコンでTPM 2.0を有効にする方法

上記の方法を参照して、現在のパソコンの互換性を確認した後、 多くのパソコンが TPM 2.0を実装していないようです。 TPM 2.0は、Trusted Platform Module 2.0の略称で、パソコンに様々なセキュリティ機能を提供するためのモジュールのことです。例えば、BitLockerの利用はTPMの利用例の1つです。Microsoftは、2016年にTPM2.0を必須項目にしたので、もし2016年以前購入したパソコンなら、TPM 2.0を実装していない可能性が高いので、Windows 11にもアップグレードすることができません。2016年以降購入したパソコンは、基本的にはTPM2.0を実装しているので、下記のステップを参照して、TPMの状態を確認して、BIOSでTPM 2.0を有効にしてください。

ステップ1.Win + Rキーを同時に押して、ファイル名を指定して実行を開き、そこで「tpm.msc」を入力してエンターキーを押します。

tpm機能チェックステップ1

ステップ2.画像1になっている場合は、TPMを実装していないか、TPM機能を無効にしています。画像2の場合は、    TPM機能が正確に動作していて、Windows 11にもアップグレード可能です。

tpm2.0がない

画像1:TPMが実装されていない

tpm2.0がある

画像2:TPMが実装されている

現在利用中のパソコンはTPM2.0モジュールを確実に実装していると分かっている場合は、下記のステップを参照してBIOSでTPM2.0を有効にすることができます。

ステップ1.パソコンを再起動します。パソコンが起動する時に画面に明記されているBIOSのホットキーを押してBIOSメニューを開きます。

各メーカーの製品のBIOSのキー一覧:

  • Acer: F2, DEL
  • ASUS: F2, DEL
  • Dell: F2, F12
  • HP: ESC, F10
  • Lenovo: F2, Fn + F2
  • Lenovo (デスクトップ): F1
  • Lenovo (ThinkPad): Enter + F1
  • MSI: DEL
  • Microsoft Surfaceシリーズ: 音量アップボタンを押し続ける
  • Origin PC: F2
  • Samsung: F2
  • Sony: F1, F2, F3
  • Toshiba: F2

ステップ2.Security」タブに移動して、「Trusted Platform Module (TPM)」を選択してエンターキーを押します。

biosでtpmを有効にする

ステップ3.ドロップダウンリストから「Enable」を選択します。

ステップ4.変更を保存して、PCを再起動します。

パソコンで起動方式をUEFIに変更する方法

Windows 11のファームウェア要件によって、TPM 2.0と同じ、UEFI起動も必須な条件となります。この部分では、パソコンの起動方式をBIOSをUEFIに変更する方法を皆さんに紹介します。

現在のOEMのPCは、基本的には、UEFI起動をサポートしています。Windows 11互換性確認ツールがパソコンがレガシーBIOS起動方式を採用していると報告している場合、ハードウェアがUEFI起動をサポートしているため、BIOSで簡単に変更することもできます。

ステップ1.パソコンを再起動します。パソコンが起動する時に画面に明記されているBIOSのホットキーを押してBIOSメニューを開きます。

ステップ2.Boot」メニューに移動して、「UEFI/BIOS Boot Mode」で変更することができます。

biosで起動方式をuefiに変更する

Windows 11にアップグレードするため、起動方式を変更することができません?ご心配なく、UEFIモードはGPTディスクにのみ対応できるので、もしシステムディスクはMBRディスクの場合、予めそのディスクをGPTに変換する必要もあります。

関連記事1:完全解説|MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、確認方法、相互変換方法など

関連記事2:UEFIとBIOS:確認の方法と違い完全解説

MBRディスクをGPTに変換する方法

EaseUS Partition Masterは、MBRディスクを簡単にGPTに変換できるツールです。システムディスクがMBRディスクの場合は、パソコンの起動方式を直接にUEFIに変更することができないため、まずこのソフトを利用して、ディスクのタイプをGPTに変更しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.EaseUS Partition Masterを実行します。MBRディスクを右クリックして、「MBRをGPTに変換」を選択します。

MBRディスクからGPTディスクに変換1

2.ソフトが10秒以内で迅速にディスクの変換を実行します。

MBRディスクからGPTディスクに変換2

3.ディスクの変換が完了した後、元のMBRディスクがGPTディスクと表示されます。「保留中の操作」を確認して、「適用」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクに変換3

4.最後に「OK」をクリックして、操作の適用を確認します。

MBRディスクからGPTディスクに変換4

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

上記の方法を参照してMBRのディスクをGPTに変換した後、また上記の内容を参照して、起動方式をUEFIに変更しましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!