> How to Use > パーティション管理 > 【2024最新】Windows 11用ディスク管理ツールおすすめ5選

【2024最新】Windows 11用ディスク管理ツールおすすめ5選

モンディー
更新者:モンディー 2024/01/04
   

概要:

Windows 11パソコンのディスクとパーティションをより適切に管理するつもりですか。その場合、Windows 11組み込みのディスク管理ツールと、EaseUS製パーティション管理ソフトなどの専門的なソフトウェアはお役に立ちます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パソコンを購入してからかなり経ちましたが、ディスクに対してパーティションの追加、結合、削除などの操作を実行したいかもしれません。最初からセットアップ済みの場合は、これ以上の操作は不要ですが、そうでない場合は、Windows 11でディスクを自分で手動管理する方法が必要になるでしょう。

Windows 11ディスクの管理とは

Windows 11にはハード ディスクを管理するためのディスク管理ツールが組み込まれています。このディスク管理ツールは、パーティションの作成、フォーマット、削除を行います。それをどのように使うか知っていれば、サードパーティ製ソフトウェアは必要ないでしょう。しかし、「元に戻す」オプションが提供されていないため、操作を間違えないようにご注意ください。

Windows 11とWindows 10のディスク管理ツールはほぼ同じです。UIが若干変更されただけです。

ディスクの管理

ディスクの管理の使い方

ディスクの管理を起動するには、検索ボックスに「ディスク管理」と入力し、検索結果から「ハード ディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリックします。

「ハード ディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリックします。

これで、パソコン内のすべてのディスクとパーティションが一覧表示されます。各ディスクのサイズ、各パーティションのサイズ、EFIパーティションが表示されます。画面上部にはすべてのパーティションが一覧表示され、下部にはすべてのディスクとパーティションの物理的な配置方式が見つかります。

ディスクの管理

ディスクを右クリックすると、操作のメニューが表示されます。「新しいスパン ボリューム」、「ダイナミック ディスクに変換」、「GPTディスクに変換」などのオプションが含まれています。

操作のメニューが表示されます

パーティションを右クリックすると、「パーティションをアクティブとしてマーク」、「ボリュームの拡張/縮小/削除」、「ミラーの追加」、「ドライブ文字とパスの変更」などのオプションが表示されます。

操作のメニュー2

ご使用のハード ディスクに対して操作を実行する前に、外付けHDDを接続して、複数のパーティションを作成したり、フォーマットしたり、ディスクの管理操作を試してみるほうがいいです。

とはいえ、Windowsには削除してはいけないパーティションもあります。それは、EFIシステム パーティションと回復パーティションのことを指します。前者はUEFIに準拠するパソコンを起動するために使われますが、後者はクラッシュなどのシステム問題が発生した時にパソコンを初期状態に回復するために使われます。

Windows 11向けのディスク管理ツール【5選】

Windows組み込みのディスク管理ツールは利用可能な機能がたくさん搭載されていますが、使いやすいものではありません。しかも、操作を実行したら何が起こるかを確認するための「プレビュー」機能はありません。

したがって、ディスクを管理して最適化するのに役立つ、より優れた専門的なソフトウェアを使用するほうがいいでしょう。ここでは、トップ5のWindows 11用ディスク管理ツールをご紹介します。

1.EaseUS Partition Master

EaseUS Partition Master

豊富多彩な機能を提供する専門的なディスク管理ソフトウェアです。ディスクを管理したり、別のドライブへOSを転送したり、データ損失なしでCドライブの容量を拡張したりできます。

主な機能:

  • パーティションをサイズ調整/クローン/マージ/フォーマット/削除
  • パーティションの消去/チェック
  • 起動可能なUSBドライブを作成
  • 別のドライブにOSを転送
  • NTFSをFAT32に変換
  • 無料版は基本的な機能を搭載
  • SSDの4Kアライメント調整を行う

長所:

  • BitLockerパーティションをサポート
  • ディスク レイアウトを調整
  • ディスク エラーをチェック
  • データをワイプ
  • リカバリUSBを作成

短所:

  • macOS非対応
  • クローン機能はプロ版でのみ利用可能

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Masterを使用したパーティション作成ガイド

2.GParted

GParted

GPartedは、ディスク パーティションをグラフィカルなユーザー インターフェースで管理する無料ツールです。ハード ディスクのパーティションを作成、削除、サイズ変更、移動、チェック、コピーすることをサポートします。失われたパーティションからデータを救出するためにも使われます。

長所:

  • パーティションのUUIDを変更
  • コピー&ペーストをサポート
  • exfat、fat32など、さまざまなファイル システムをサポート

短所:

  • ユーザー インターフェイスが古い
  • 開発は遅い

ホーム ページからダウンロード:gparted.org/

3.Tenorshare Partition Manager

Tenorshare Partition Manager

他のディスク管理ソフト同様に、PC上のパーティションをクローンしたり、フォーマットしたり、サイズ調整したりできます。OSを起動するためにパーティションをアクティブとしてマークすることも可能です。それに加えて、データを失うことなくMBRをGPTに、またはGPTをMBRに変換することができます。

長所:

  • プレビュー機能付きで、使いやすいユーザー インターフェイス
  • データ損失なくディスクを変換
  • データを失わずにMBRとGPTとを相互変換

短所:

限定の無料トライアル

Tenorshare Partition Managerでディスクに関する操作を実行する前に、十分な未割り当て領域があることを確認してください。

Tenorshareからダウンロード:www.tenorshare.com/products/partition-manager.html

4.Acronis Disk Director

ディスク使用の最適化、データの保護、ファイル システムの管理とOSの管理を行うための強力かつ専門的なディスク管理ソフトです。また、ディスク ドライブのパフォーマンスを向上させてPC全体のエクスペリエンスを改善するのにも役立ちます。

Acronis Disk Director

長所:

  • ディスクのクローン、ボリュームのリカバリ、およびパーティション管理を行う
  • パーティションを分割、サイズ変更、変換しながらデータを管理
  • 誤って削除されたボリュームを回復
  • 複数台の物理ディスクを使用して論理ボリューム/パーティションを作成

短所:

  • プロ ユーザー向けで、一般的なユーザーに向いていない
  • ディスクのクローンに失敗したことが多くて、複数回の試行が必要

Acronis(アクロニス)からダウンロード:www.acronis.com/en-us/products/disk-director-home

5.Paragon Partition Manager

プロフェッショナル向けツールですが、個人および家庭向けにCommunity Editionバージョンも無料提供しています。パーティション管理、サーフェス テスト、削除の取り消しなどを実行できる完備なディスク管理ソフトです。それを使えば、フォーマットせずにHFS +パーティションをNTFSに変換したり、MBRディスクをGPTディスクに変換したりできます。

Paragon Partition Manager

長所:

  • ディスク/ボリュームおよびダイナミック ディスクを管理
  • MBRディスクからGPTディスクに、またはその逆に変換
  • 削除したボリュームを元に戻す

短所:

  • ディスク/ボリュームをバックアップできない
  • 別のPCへOS移行不能
  • データの消去をサポートしない

Paragonからダウンロード:www.paragon-software.com/free/pm-express/

結論

ディスクを管理するのは非常に簡単なことですが、不注意でデータが失われてしまう可能性もあります。Windows組み込みのディスク管理ユーティリテは操作を元に戻したりプレビューしたりする機能がないため、EaseUS Partition Masterなどのサードパーティ製ソフトを使用することをお勧めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Windows 11向けのディスク管理ツールに関するよくある質問

1.Windows 11のディスクの管理はどこにありますか?

Windows 11でディスクの管理を開く方法はWindows 10の場合とほぼ同じです。以下の手順に従えば、ディスクの管理がWindows 11で正常に起動します。

  • 「Windows」アイコンを右クリックします。
  • 表示されたメニューから「ディスクの管理」を選択して開きます。

2.Windows 11でパーティションのサイズを変更するにはどうすればいいですか?

パーティションを縮小する:

  • Windows 11でディスクの管理を開きます。
  • サイズを変更するパーティションを右クリックし、「ボリュームの縮小」を選択します。
  • 当該ボリュームの縮小したい容量をMB単位で入力します。
  • 「縮小」ボタンをクリックします。 

パーティションを拡張する:

  • ディスクの管理を開きます。
  • 未割り当てのパーティション(または拡張するパーティション)を右クリックし、ボリュームの拡張を選択します。
  • ディスクの選択ウィンドウで、拡張するディスクを選択し、ディスク領域(MB)を選択のデフォルト値をそのまま採用します。
  • 次へ>完了をクリックしてパーティションを拡張します。

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!