> How to Use > パーティション管理 > USBで起動ディスクを作成する方法

USBで起動ディスクを作成する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月16日に更新

概要:

簡単にUSBで起動ディスクを作成する方法あるでしょうか?この記事では第三者ソフトを利用して起動ディスクを作成する方法を皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows起動ディスクについて

パソコンが突然に起動できなくなるのは誰にも遭ったことでしょう。クラッシュやシステムに不具合が出る時、パソコンの起動もできなくなるのはよくあることです。そんな場合、USBなどの記憶装置で起動ディスクを作成して、その起動ディスクでパソコンを起動すれば、修復作業が行えるようになります。しかし、自分で起動ディスクを作るのは面倒だし、一般のユーザーには少々難しいかもしれません。簡単にUSBで起動ディスクを作成するにはどうすればいいのでしょうか?

USBで起動ディスクを作成する方法

第三者ソフトを利用して起動ディスクを作成するのは一番便利な方法と思われます。ここで、ブータブル作成が搭載されるEaseUS Partition Master Proを皆さんにお薦めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

USBで起動ディスクを作成する操作手順

1.ウインドーの左側にある「WinPEブータブルディスク」をクリックします。

EaseUS Partition Master でwindows peブータブルを作成するステップ1

2.USB或いはCD/DVDを挿入し、相応の項目を選択して「実行」すれば、USB或いはCD/DVDにブータブルディスクを作成します。

EaseUS Partition Master でwindows peブータブルを作成するステップ2

3.もしブートディスクの作成に失敗したら、ISOをエクスポートして第三者書き込みソフトで作成してください。

EaseUS Partition Master でwindows peブータブルを作成するステップ3

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!