> How to Use > パーティション管理 > Windows 11で削除したパーティションを取り戻す方法[解決済み]

Windows 11で削除したパーティションを取り戻す方法[解決済み]

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年04月12日に更新

概要:

Windows 11でパーティションを誤って削除したことがありますか?そうである場合、この記事に従って削除したものを取り戻す方法を確認しましょう。適切なソフトウェアを使用すれば、削除されたパーティションを回復し、データを取り戻すことができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パーティションを管理するときに削除したくないものを削除することが珍しくありません。Windowsには、パーティションを管理できる組み込みツール(ディスクの管理)が用意されています。ただし、不注意によるデータの紛失が発生する可能性があります。

この記事は、失われたパーティションを元に戻すだけでなく、そこからデータを回復するための方法も提供しています。その方法を入手したいのなら、次へ読み続けてください。

なぜ、パーティションが失われた?

なぜ、パーティションが失われてしまうのでしょうか?パーティションの不注意による削除のほかに、いくつかの理由があります。

例えば、HDDの故障、ウイルス感染、マルウェアの活動、不適切なシャットダウン、電力サージ、不適切なフォーマット、パーティションテーブルの破損、ラップトップの偶発的な落下、電源障害など。

そんなことを防ぐために、すべての重要なデータのバックアップを事前に作成しておくべきです。だが、すべてのユーザーがそうしているわけではありません。従って、ここで、パーティションを元に戻し、システムバックアップを作成する方法について説明します。そうしたら、すべてのデータが失われたとしても、削除されたパーティションを回復し、そこからデータを復元することもできます。

Windows 11で紛失パーティションを簡単に復元する方法

パーティションを削除したとしても、それが上書きされていない限り、完全な削除とは言えません。ユーザーとOSのアクセスから削除されただけです。だから、そういう紛失パーティションは、EaseUS Partition Masterなどのパーティション復元ソフトウェアによって回復されることが可能です。

EaseUS Partition Masterは、プロなディスク管理アプリケーションです。使いやすくて、誤って削除されないようにするインターフェイスを提供し、失われたパーティションを回復するのに役立ちます。

機能一覧:

  • スライダーを移動することで、パーティションのサイズを調整します。
  • データを失うことなく、パーティションをマージします。
  • ハードディスクのパフォーマンスを最適化します。
  • パーティションをクローンして、未割り当て領域に移行します。
  • ダイナミックディスクのサイズ変更/拡張/縮小/作成を簡単に行います。 
  • 失われたパーティションを回復します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ 1.「EaseUS Partition Master」を実行して、メインウィンドウの上部にあるメニューバーで「パーティション復旧」をクリックします。

パーティション復元1

ステップ 2.すべてのディスクがこの画面で表示されます。

パーティション復元2

ステップ3.紛失パーティションがある場合、その分の状態が未割り当てになるので、ディスクの未割り当ての部分を選択して「スキャン」ボタンをクリックします。

パーティション復元3

ステップ4.スキャンをクリックすると、紛失パーティションへの検出プロセスが始まります。まずはクイックスキャンで削除データを検出します。クイックスキャンが終わったら、ディープスキャンが自動的に始まります。このディープスキャンにより、さらに多くのデータを検出することが可能です。

パーティション復元4

ステップ5.スキャンのプロセスが終わると、すべての復元可能なファイルが表示されますので、必要なのを選択して容易に復元することが可能です。

追加-パーティションを保護する方法

先述べたように、データ損失を防ぐには、バックアップ計画を事前に立てることが重要です。バックアップがある場合は、パーティションを再作成し、そこからデータを復元できます。パーティションの復元と比べたら、はるかに高速でスムーズなプロセスになります。

バックアップを取るメリット:

  • データ損失の回避
  • データの上書きの回避
  • パフォーマンス向上
  • 高い信頼性

まず、Windowsの内蔵バックアップ&リカバリ機能を見てみましょう。このツールを利用すれば、PCに接続されているすべてのドライブのシステムイメージを作成できます。後でWindows回復機能を使用して復元できます。だが、データの全体復旧には時間も手間もかかります。

それと比べたら、EaseUS Todo Backupなどのプロのソフトウェアがよりいいオプションとなります。これは、バックアップを自動的に実行できるパーティションバックアップおよびリカバリプログラムです。定期的にディスクパーティションを作成する場合に特に便利です。バックアップにより、パーティションの紛失やデータ損失の問題から効果的に保護されます。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、「バックアップ内容の選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

ディスクバックアップ手順1

ステップ2.「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ディスク」を選択します。

ディスクバックアップ手順2

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクとパーティションを選択します。

ディスクバックアップ手順3

ステップ4.「バックアップの保存先を選択」をクリックします。

ディスクバックアップ手順4

ステップ5.ディスク/パーティションのバックアップの場合、バックアップをローカルドライブまたはNASに保存することを選択します。

ディスクバックアップ手順5

ステップ6.「今すぐバックアップ」をクリックします。プロセスの完了を待ちます。

ディスクバックアップ手順6

EaseUS Todo Backupの主な機能:

  • スケジュールを設定し、バックアップを自動的に作成します。
  • OSとデータを復元します。 
  • さまざまな種類のバックアップ。
  • リアルタイムのバックアップレポート。

さらに、Windowsを再び使用するために長時間待つ必要はありません。ただし、回復時間は、復元するファイルの数によって異なります。

結論

失われたパーティションの回復は、プロのソフトウェアを介してのみ可能です。Windowsはそれらを回復する方法を提供していません。バックアップがある場合にのみそれらを復元することができます。そのため、Windows 11で削除したパーティションを取り戻すには、EaseUS Partition Masterなどのプロなサードパーティのソフトウェアの利用をお勧めします。直感的なユーザーインタフェースを備え、完全な回復ソリューションを提供しているツールです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!