> How to Use > パーティション管理 > 「delete partition override」エラーを解決する方法

「delete partition override」エラーを解決する方法

2017-04-10 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
コマンドプロンプトのdiskpart機能を利用して、パーティションを削除しようとしたのですが、「delete partition override」とエラーメッセージが提示され、パーティション削除ができませんでした。「delete partition override」エラーを解決するにはどうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Diskpartでパーティションを削除不能

「コマンドプロンプトのdiskpartで、パーティションを削除しようとしました。しかし、delete partition overrideとエラーメッセージが提示され、パーティション削除ができませんでした。どうすればいいでしょうか?」

diskpartでパーティションを削除不能

Diskpartコマンド「delete partition override」を使用すると、隠しパーティションや保護パーティションを削除する事ができます。しかし、「この操作はオブジェクトによってサポートされていません。指定されたコマンドまたはパラメータは、このシステムではサポートされていません」というエラーメッセージがDiskpatコマンド「delete partition override」を使用中に表示されることもあります。

「delete partition override」でパーティションが削除できない

このエラーは、ダイナミックディスクでDiskpartの削除機能を実行した場合発生する可能性があります。ここでは、解決方法を紹介したいと思います。

解決方法1:Diskpartコマンドの変更

お使いのHDDがダイナミックディスクだと、Diskpartには「partition」が「volume」に置き換えられます。「delete volume override」コマンドを使用してダイナミックディスクの隠しパーティション、または保護パーティションを削除できます。

手順は以下の通りです:

1 . 管理者としてDiskpartを実行します。

2 . 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します:

  • list volume - お使いのパソコン上のボリュームを一覧表示します。
  • select volume "m"- mは削除したいボリュームの番号です。
  • delete volume override

不要なパーティションが正常に削除されたら、exitと入力してプログラムを閉じます。

Diskpartでパーティションを削除するのは確かに安全性高い方法ですが、暗号化されたまたはロックされたパーティションを削除する事はできません。また、PC初心者の方にはある程度の専門知識が必要なので、次にdiskpartの代わりにパーティションを簡単に削除できるツールを皆さんに紹介します。

パーティションを削除できる無料ソフト

ここで、パーティションを削除できる無料ソフトEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。簡単なステップでパーティションを削除することができます。

1.ソフトを実行し、初期画面で削除したいパーティションを右クリックして、「パーティションを削除」を選択します

「パーティションを削除」を選択する

2.「OK」をクリックします。

「OK」をクリックする

3.最後に、操作を実行します。

EaseUS Partition Master FreeでWindows 10 パーティションを削除

EaseUSが選ばれる理由