> How to Use > パーティション管理 > SFCとCHKDSKの相違点を解明:それぞれの実行方法は?

SFCとCHKDSKの相違点を解明:それぞれの実行方法は?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月17日に更新

概要:

SFCとCHKDSKコマンドは、破損検出に関連するコマンドラインです。しかし、この2つのコマンドの間、何の違いがありますか?本文では、SFCとCHKDSKコマンドの相違点を解説した上、それぞれの実行方法を皆さんに紹介しようと思います。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

SFCとCHKDSKはどちらも、ファイル破損の検出に強く繋がるコマンドです。ただし、この2つの間には明らかな違いがあります。SFCとCHKDSKコマンドの相違点を解説した上、それぞれの実行方法を皆さんに紹介しようと思います。

SFCとは?

SFCはシステムファイルチェッカー(system file checker)の略語です。これは、Windowsパソコンでよく使われているユーティリティの1つです。この機能を使って、パソコンの管理者は、エラーが発生したファイルの破損状態を確認できます。また、レジストリ情報の問題を修正したい場合、このユーティリティは役に立ちます。SFCコマンドは、Windows 7、8、10、11、Vistaなどのバージョンで適用されます。

sfc

SFCコマンドを使用するには、コマンドプロンプトを管理者として実行することが必要です。SFCコマンドは、ファイルが破損しているかどうかをスキャンするユーティリティとして、一定の時間が必要となります。ゆえに、スキャンのプロセスが完了するまで、コマンドプロンプトのウィンドウを閉じてはいけません。

スキャン時に、SFCはファイルの整合性の違反が見つからなかったことを示すメッセージが表示される場合もあります。SFCが破損したファイルを検出して、それを修復できる場合は、破損したファイルが検出&修正されたというメッセージが表示れます。しかし、SFCコマンドは、処理できないエラーの場合、ユーザーは手動で処理する必要があります。

Windows 10でSFCユーティリティを実行する方法

それでは、以下の説明を参照して、正しくSFCコマンドを実行しましょう。

ステップ1.Windowsアイコンを右クリックして、Windows ターミナル(管理者)、もしくはコマンドプロンプト(管理者)を選択します。

SFCを実行する

ステップ2.SFCコマンドラインを実行した後、以下のコマンドを入力してSFCスキャンを実行します。このプロセスを中止せず、完了するのを待ってください。スキャンが完了すると、結果が表示されます。

ステップ3.入力後、キーボードのEnterキーを押すことでPC上で破損または失われたファイルを探し始めます。

SFCはどのようにPCをスキャンしますか?

このコマンドは、PC上のファイルの破損に関連する問題を抱えている人にとって役立ちます。保護されているすべてのシステムファイルをスキャンし、破損したファイルを圧縮フォルダーC: WindowsSystem32dllcacheにあるキャッシュコピーに置き換えます。

SFCスキャン結果:

プロセスが100%完了した後、すべてがうまくいくと、次のメッセージが表示されます。次の画像に示すように、Windows Resource Protectionは整合性違反を検出しませんでした。

SFCコマンドが次のメッセージを表示する場合、Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。その詳細の情報は、CBS.Log%WinDir%NN-LogsCBSCBS.logで確認することができます。次に、以下に説明する次の方法を使用してコンポーネントを確認できます。

  • コマンドプロンプトに移動し、次のコード行を入力してから、エンターキーを押します。
  • Findtr / c: »[SR]»% windir% \ N-LogsNCBSNCBS.log> »% user profile% N-DesktopNsfcdetails.txt

破損したシステムコンポーネントを修復する場合は、次のコマンドを入力し、コマンドプロンプトでEnterキーを押します。

Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth

上記のコマンドの最後にあるテキストには、PCで実行できるSFCプロセスの詳細(日付と時刻)がすべて含まれています。デスクトップからファイルsfcdetails.txtを開くと、分析の詳細を確認できます。

SFCコマンドで問題を解決できない場合は、CBS.LOGファイルを読み取りできるサードパーティ修復ツールのSFCFixを試してください。

CHKDSKとは?

CHKDSKもWindowsで利用可能なコマンドの1つであり、ハードディスクまたはそのパーティション上のファイルシステムの整合性を検証するユーティリティです。CHKDSKコマンドにはいくつかの部分があります。以下に示す部分では、CHKDSKコマンドの構造を簡単に説明していますが、CHKDSKで実行できるのはこれだけではありません。これを踏まえて、ツールを使用して可能なすべての状況を示します。

chkdsk

CHKDSKを利用するには、SFCのように、Windowsターミナル、もしくはコマンドプロンプトを再度と管理者として実行します。

そして、「chkdsk /?」を入力して、Enterキーを押します。

上記のコマンドを入力すると、コマンドコンソールにCHKDSKコマンドに関連するすべての情報が表示されます。同様に、特定の機能を使用するために、相応のパラメーターを利用してください。

CHKDSKコマンドの後に表示されるパラメーターを入力することで、相応の機能を実行することができます。たとえば、「chkdsk c: l」、「chkdsk c: f」、または「chkdsk c: v」などを入力します。

Windows 10でCHKDSKコマンドを実行する方法ステップバイステップ

Windowsの起動時にディスクチェックまたはCHKDSKを無効にしようと思っていますが、実際のところ、CHKDSKコマンドは非常に便利なユーティリティです。このため、このガイドでは、Windows 10でCHKDSKコマンドを使用または実行して、ドライブパーティションに問題があるかどうかを確認する方法を紹介します。

CHKDSKコマンドは、ストレージユニットの問題を検出するのが非常に効率的です。パフォーマンスの問題または安定性の障害が発生する場合、Windows内で診断および修復ユーティリティのCHKDSKは役立ちます。

コンピューターがフリーズしたり、正しく動作しなかったりする場合、ハードディスクはいつも主な原因になっています。ゆえに、CHKDSKを使用して、ディスクパーティションエラーが機器の障害の原因になるかどうかを確認できます。それでは、CHKDSKコマンドの使用方法を詳しくしるには、次のガイドをお読みください。

ステップ1.Windowsアイコンを右クリックして、Windows ターミナル(管理者)、もしくはコマンドプロンプト(管理者)を選択します。

ステップ2.新しいウィンドウが表示されたら、「chkdsk c:」を入力して、Enterキーを押します。 (ここでCをチェックしたいドライブに置き換えます。)

ステップ3.ここでCHKDSKのプロセスが表示されます。プロセスが完了した後、ドライブの概要が表示されます。また、Windowsは問題が見つかったかどうかを通知します。状況の解決策が見つからない場合は、DISMおよびSFCコマンドを一緒に使用してWindows10システムの修復を試しましょう。

シンプルで強力なCHKDSKの代替品はありますか?

Windowsコマンドプロンプトは、コンピューター上のほとんどのハードディスクの問題とファイルシステムエラーを解決することができますが、すべてのユーザーもこのような複雑なコマンドラインを十分に活用できるわけではありません。ご覧のとおり、SFCとCHKDSKのどちらのコマンドを使用するには、多くの方にとって意味不明なコードを入力してコントロールする必要があります。これらのコマンドを実行するには、間違いなく一定の専門知識が必要となります。それでは、パソコンの初心者にとって、ハードディスク問題及びファイルシステムのエラーをチェックして修復するオプションはありますか?

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここで、WindowsのCHKDSKとSFCユーティリティを完全に代替できるものを皆さんに紹介します。それは、EaseUS Partition Masterです。このソフトは、非常に直感的なインターフェースを備えているので、だれでも簡単にハードディスク及びそのファイルシステムのエラーチェックを行うことができます。また、このソフトは、パーティションのサイズ変更/移動、削除、フォーマット、非表示、コピー、クローン作成などの実用的な機能を提供しています。それでは、次のガイドを参照して、エラーチェックを今すぐ開始しましょう。

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

SFCとCHKDSKの違い

CHKDSKがハードディスクシステム上の特定のパーティションのエラーを検出する機能に対し、SFCはWindows 10システムファイルのエラーを検出&修復する機能です。SFCは、破損または紛失しているシステムファイルを検出すると、システムファイルを正常な状態に戻すことができます。Windows 10でBSODが発生し、システムファイルが見つからないというメッセージが表示された場合は、SFCを実行すると解決できます。

結論

SFCとCHKDSKのどちらもパソコンのエラーを検出するためのユーティリティです。ただし、どちらのユーティリティを使うにも、専門の知識が求められています。だから、パソコンに非常に精通している方は、エラーの種類によってSFCかCHKDSKを選択して利用してください。そんなに高度ではないユーザーは、本文でおすすめした使いやすい代替ツールのEaseUS Partition Masterを使ってください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!