> How to Use > パーティション管理 > Windows 11/10/8でSSDを外付けHDDにクローンする2つの方法

Windows 11/10/8でSSDを外付けHDDにクローンする2つの方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年05月23日に更新

概要:

本記事では、Windows 11/10/8でHDD/SSDを外付けHDD/SSDにクローンする二つ方法を示されました。データを失うことなく、簡単かつ迅速にクローンできるこれらの方法を学びましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

SSDを外付けHDDにクローンするにはどうする

SSDまたはHDDのクローンを作成するプロセスは、ソースドライブをコピーして、ターゲットディスクに保存することです。

コピーアンドペーストとは異なり、ディスクを別のディスクにコピー方が安全で高速です。HDDまたはSSDに保存されているファイルをバックアップまたはクローンする必要がある場合、ディスククローンソリューションを最優先として選択してください。 

では、SSDをバックアップとして外付けHDDにコピーしようと、どうすればよいですか?こちらでガイドを提供しました。

#1.外付けハードドライブの準備と初期化

ツール: ソースSSDと同じまたはそれ以上の容量を持つ新しいSSD、ディスク管理。

所要時間:  2〜3分程度

ディスクのクローンを作成するには、ターゲットドライブが、内部ディスクといい、外部ストレージデバイスといい、少なくともソースSSDと同じかそれ以上の容量をを持つ必要があります。

また、新しい未割り当てのドライブの場合は、初期化する必要があります。そして、次の手順を実行しましょう。

ステップ1.USBケーブルを介して外付けハードドライブをコンピュータに接続します。

ステップ2. ファイルエクスプローラーを開き、新しい外付けハードドライブが見つかるかどうかを確認します。

そうでない場合は、次の手順に進みます。

ステップ3.Windows アイコンを右クリックして、[ディスクの管理]を選択します。

ステップ4. 外付けハードドライブの状態を確認し、コンピューターで検出できるようにします。

「不明、初期化されていません」と表示されている場合は、それを右クリックして[ディスクの初期化]>外付けHDDの[ディスクの種類]を選択します。

ディスクの初期化

「新しいボリューム」と表示されている場合は、それを右クリックして「ドライブ文字の変更」を選択し、外付けハードドライブに新しいドライブ文字を割り当てます。

ディスクマネジメント

#2.SSDをコンピューターで外付けHDDにクローンする

ツール:  USBケーブル付きの外付けハードドライブ、コンピューター、ディスククローン作成ソフトウェア。

所要時間:  2〜10分程度 

メリット: 使いやすく、高速で、データの損失がありません。

デメリット: 無料ではありません

まず信頼性の高いディスククローンソフトウェアをコンピュータにインストールします。ディスク/パーティション複製機能を備えたEaseUS Partition Masterは、SDカード上のデータを一度に外付けHDDに完全にコピーできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

使い方:

まず、SDカードと外付けハードドライブをコンピュータに正しく接続します。 

次に、次の手順に従って、EaseUS Partition Masterを利用して、SDカードを外付けハードドライブにクローンします。

Tips
データのあるSD/USB/外付けHDDを新しいディスクにクローンする前に、クローンする外部ストレージデバイスと大容量の新しいドライブ(SD/USB/外付けHDD)を事前にPCに接続します。

1.EaseUS Partition Masterを実行して、上部のメニューで「クローン」を選択します。

2.クローンの操作画面が表示されます。ここで「ディスクモード」(ディスク全体をクローン)と「パーティションモード」(パーティションをクローン)があるので、適切なモードを選択します。そして、クローン元のパーティションまたはディスクとクローン先のパーティションまたはディスクを選択します。

EaseUS Partition Masterでディスク換装1

3.クローン先となるディスクまたはパーティション上のすべてのデータが上書きされますという提示が表示されるので、特に問題がない場合は、「OK」をクリックして先に進みます。

4.クローン操作を実行すると、クローン先の構造がクローン元と一緒になるので、ここでパーティションのサイズを調整して「OK」をクリックします。

クローンを実行する前にパーティションのサイズを調整

5.ここでソフトのメイン画面に戻るので、画面上部の「保留中の操作」の詳細を確認してから、「適用」をクリックしてください。

EaseUS Partition Masterでディスク換装

 

#3.コンピュータなしでSSDを外付けハードドライブにクローンする

ツール:  USBケーブル付きの外付けハードドライブ、ハードドライブドッキングステーション

所要時間:  10分以上かも

メリット:ワンクリッククローン、コンピューターは必要ありません。

デメリット: ハードドライブのドッキングステーションを購入するには費用がかかります。

コンピューターを介してSSDのクローンを作成したくない場合は、HDDドッキングステーションを使うすこともできます。少し高いですが、プロセスは誰でもやれます。HDDドッキングステーションを購入して、下記の手順でSSDから外付けHDDへのクローンをやりましょう。

ステップ1. ハードドライブドッキングステーションを電源に接続します。

ステップ2.SSDをドッキングステーションに挿入します。

ステップ3.USBポートを介して外付けハードドライブをドッキングステーションに接続します。

hddドッキングステーショ

ステップ4.電源ボタンを押してドッキングステーションの電源を入れ、OTC/OTBボタンを押してクローン作成を始めます。

hdd docking station

上部の処理ライトがすべて点灯したあと、クローン作成プロセスが完了しました。この後、外付けHDDとSSDを取り出すことができます。 

 

まとめ

本文では、バックアップとしてSSDを外付けHDD/SSDにクローンための2つのソリューションが提供されました。どちの方が良いかと言えば、両方とも使いやすくて役に立てて、自分の選択次第です。ここにEaseUS編集者の選択があります:

  1. オフラインクローンの場合、HDDドッキングステーションがある場合は、オプション2が可能です。 
  2. ディスクのクローン作成のためにHDDドッキングステーションを購入するのは良いですが、ホームユーザーにとっては少したかいです。 
  3. 簡単で商用のSSDから外付けHDDへのクローン作成ソリューションについては、EaseUS Partition Masterは信頼に値します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!