> How to Use > ホットトピック > Windows 10 KB3200970/KB3198586/KB3198585:ダウンロード&アップデートエラー解決

Windows 10 KB3200970/KB3198586/KB3198585:ダウンロード&アップデートエラー解決

2016-11-10 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
2016年11月8日、最新のWindows 10累積アップデートKB3200970/KB3198586/KB3198585がリリースされました。しかし、前の累積アップデート更新と同様、KB3200970/KB3198586/KB3198585アップデートを行う時エラーが発生したというケースもよく見られます。この記事では、アップデートKB3200970/KB3198586/KB3198585のダウンロードリンクを皆さんに提供し、またはアップデートする時エラーが発生した場合の対処法も紹介します。

2016年11月8日、最新のWindows 10累積アップデートKB3200970/KB3198586/KB3198585がリリースされました。それぞれの対応バージョンは何でしょうか?見てみましょう。

  • KB3200970:Windows 10 1607(ビルド14393.447)
  • KB3198586:Windows 10 1511(ビルド10586.679)
  • KB3198585:2015年7月リリースされた初期バージョン(ビルド10240.17190)

しかし、前の累積アップデート更新と同様、KB3200970/KB3198586/KB3198585アップデートを行う時エラーが発生したというケースもよく見られます。どうすれば、アップデート中のエラーを排除し、うまくKB3200970/KB3198586/KB3198585をインストールできるでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

システムアップデートを行う前にやるべきこと

システムディスク容量不足、ジャンクファイルの累積など、パソコンに悪い影響を与える他システムアップデート失敗させる可能性も高いです。ここで、無料パーティション管理ソフトであるEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。無料ソフトでありながら、システムディスクを拡張、ジャンクファイルを検出し削除、ディスクのエラー修復など多彩な機能が搭載されています。それを利用して、Windowsシステムアップデートを行う前にパソコンの最適化を行いましょう。

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや大容量ファイルを削除するのができます。

パソコンでのジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを削除

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。それでディスクでのエラーを検出、修復することができます。

ディスクでのエラーを検出し、修復

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

KB3200970/KB3198586/KB3198585ダウンロードリンク

Windows自動更新がうまくいかなかった場合、手動でパッチファイルをダウンロードしてインストールするのがいい方法です。

KB3200970ダウンロードリンク:

Windows 10 14393.447 (KB3200970) x64
Windows 10 14393.447 (KB3200970) x86

KB3198586ダウンロードリンク:

Windows 10 10586.633 (KB3198586) x64
Windows 10 10586.633 (KB3198586) x86

KB3198585ダウンロードリンク

Windows 10 10240.17146 (KB3198585) x64
Windows 10 10240.17146 (KB3198585) x86

KB3200970/KB3198586/KB3198585アップデート中発生したエラーを解決する方法

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードでパソコンを起動すれば、一部のエラーの発生率が下がります。セーフモードでパソコンを起動して、エラーが解決されたかどうかを確認しましょう。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。