> How to Use > パーティション管理 > ディスク0をディスク1と結合する方法|Windows10

ディスク0をディスク1と結合する方法|Windows10

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年10月16日に更新

概要:

ディスク0をディスク1と結合することが可能ですか。Windows 10でディスク1の容量をディスク0に移動したいと思っていますが、実際には操作可能ですか。EaseUS Partition Masterなら、ディスク0をディスク1と結合することが可能です。この記事での対処法に従ってディスク0とディスク1を結合しましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

どういう場合ではディスクの結合が必要なのか?

パソコンに3つのディスクが備えていますが、最もよく使われているのはディスク0です。そのディスクにドキュメントを保存したり、動画やゲームなどをダウンロードしたりしていて、もうすぐ満杯になりそうです。しかし、ディスク1はあんまり使っていないので、空き容量がいっぱいです。それゆえ、ディスク1とディスク0を結合したいと思っています。2つの違うハードウエアディスクので、結合ができますか。パソコンにそんなに詳しくないので、ここで聞かせてもらいました。パソコンに詳しい人、ご回答お願いいたします。

上記のケースのように、ディスク容量を拡張するために、2つのディスクを結合したいユーザーは少なくないと思います。でも、このようなディスクの結合は本当に可能ですか。一定な条件に当てはまる場合は、結合ができますので、ディスク結合に要する条件、注意点及び結合を行う方法を次の部分でご確認ください。

2つのディスクを結合、ディスク0をディスク1と結合する方法

ディスク0とディスク1を結合するには、最も簡単な方法は、パーティション管理ソフトを使うのです。ディスクの結合といえば、完全無料なパーティションマジックソフト- EaseUS Partition Master が役に立ちます。下記の2ステップに従って2つのディスクを結合しましょう。(ディスク0とディスク1のどちらかがシステムディスクの場合は、ディスクの結合が不可能になるので要注意!)

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ステップ1. 2つのディスクともダイナミックディスクに変換する

1.EaseUS Partition Masterを開き、ソフトの画面ですべてのディスクが表示されます。ここでダイナミックディスクに変更したいディスクを右クリックして「ダイナミックディスクに変換する」をクリックします。

ダイナミックディスクへ変換するステップ1

2.ダイナミックディスクに変換する前になんの操作もできないので、保留中の操作をチェックして、「実行」のボタンをクリックします。ここのプロセスが終わると、ディスクがダイナミックディスクになります。

ダイナミックディスクへ変換するステップ2

3.ステップ1と2の操作をもう一度繰り返して、もう1つのディスクをもダイナミックディスクに変換します。

ステップ2. ディスク0をディスク1と結合する

2つのディスクともダイナミックディスクに変換したあと、EaseUS Partition Masterのパーティションサイズ変更の機能を使うことで、容易にディスク0とディスク1を結合することができます。

1.満杯になったディスク0を右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」をクリックします。
2.ディスクのサイズを調整します。
3.同じく保留中の操作をチェックして、「実行」ボタンをクリックしてリサイズのプロセスを開始します。

EaseUS Partition Masterでパーティション管理サイズを変更する

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

追記:システムディスクを拡張する方法

上記の方法に従って、2つのディスクを結合して容量を拡張することができますが、2つのディスクの中でどちらかのディスクがシステムディスクの場合は結合不可能になります。それでは、システムディスクの容量不足問題を解決し、システムディスクを拡張するにはどうしたらいいですか。

システムディスクがダイナミックディスクであっても、他のディスクと結合することができないので、システムディスクの容量を大きくするため、もっと大容量のディスクへの置き換えにほかならないと思います。ただし、新しいディスクに置き換えると、データが全部消えるし、システムがなくなるという心配があります。それでは、どうやってすれば現在使用中のシステムディスク上に保存しているOSやデータを含めて一括に新しいディスクにクローンすることが大事です。

システムディスクを大容量ディスクに完全にクローンする方法

上記のパーティション管理ツールで、ディスクを結合する他に、多彩な機能が備えています。その中でディスクをクローンすることもできます。このツールでシステムディスクをもっと大容量のディスクへのクローンを実行すれば、OS、データ、ディレクトリ情報なども新しいディスクに移行することができるので、新しいディスクを置き換えても使用になんの邪魔がないと思います。それでは、下記のステップに従って、システムディスクを新しいディスクにクローンしてみましょう。

1.EaseUS Partition Masterを実行して、上部のメニューで「クローン」を選択します。

2.クローンの操作画面が表示されます。ここで「ディスクモード」(ディスク全体をクローン)と「パーティションモード」(パーティションをクローン)があるので、適切なモードを選択します。そして、クローン元のパーティションまたはディスクとクローン先のパーティションまたはディスクを選択します。

EaseUS Partition Masterでディスク換装1

3.クローン先となるディスクまたはパーティション上のすべてのデータが上書きされますという提示が表示されるので、特に問題がない場合は、「OK」をクリックして先に進みます。

4.クローン操作を実行すると、クローン先の構造がクローン元と一緒になるので、ここでパーティションのサイズを調整して「OK」をクリックします。

クローンを実行する前にパーティションのサイズを調整

5.ここでソフトのメイン画面に戻るので、画面上部の「保留中の操作」の詳細を確認してから、「適用」をクリックしてください。

EaseUS Partition Masterでディスク換装

 

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!