> How to Use > パーティション管理 > Windowsの「指定されたディスクは変換できません」エラーの修正

Windowsの「指定されたディスクは変換できません」エラーの修正

EaseUSの筆者のプロフィール写真

aoki | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年01月11日に更新

概要:

ディスクの変換や初期化中に「指定されたディスクは変換できません」エラーが発生したことはありませんか?ここでは、EaseUSパーティションソフトとCMDコマンドラインを使って、このエラーを修正し、ディスクをGPTまたはMBRに正常に変換することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

このページでは、このエラーを修正し、ディスクをMBRまたはGPTに正常に変換するための解決策を紹介します。また、このエラーの原因や再発防止策もご紹介します。

ディスクの変換中またはディスクを GPT/MBR に初期化中に、Windows が「指定されたディスクは変換できません」と警告しても、心配しないでください。今すぐディスクからこのエラーを取り除く方法を見るために従ってください。

ご注意:現在ディスクにアクセスできる場合は、「指定されたディスクは変換できません」エラーの修正中にファイルが失われた場合に備えて、先にディスクデータのバックアップを作成してください。

修正1.指定されたディスクは、サイズがGPTディスクの最小要件未満のため変換できません

指定されたディスクは変換できませんエラー

エラーメッセージ 症状
「指定されたディスクは、サイズがGPTディスクの最小要件未満のため変換できません。」
  1. 1.ディスクが初期化できない
  2. 2.GPTに変換できない
  3. 3.ディスクは0GBと表示され、「読み取り専用」と表示される

このエラーの原因:1.ディスク上にパーティションが存在する;2.ディスクに不明なエラーが含まれている

「指定されたディスクは、サイズがGPTディスクの最小要件未満のため変換できません」エラーは通常ディスク管理でディスクをGPTに初期化する時に発生します。では、このエラーを修正して、ディスクを正常に変換するにはどうすればよいのでしょうか。

「指定されたディスクは、サイズがGPTディスクの最小要件未満のため変換できません」エラーを修正

では、どのようにWindows 11/10/8/7のディスクからこのエラーを取り除くことができますか?以下のガイドに従ってください、あなたのディスクを再び変換できるようになります。

#1.ディスクの管理でディスクの状態を確認します。

ステップ1. 新しいディスクをパソコンに接続またはインストールします。

ステップ2. Windows + Rキーを押しながら、「ファイル名を指定して実行」ダイアログにdiskmgmt.mscと入力し、「OK」をクリックします。

ステップ3. 「ディスクの管理」を開き、ディスクの状態を確認します。

  • 0GBまたは読み取り専用と表示されている場合は、#2の手順に従って、読み取り専用の状態をクリーニングしてください。
  • ディスクは不明、初期化されていません」と表示された場合は、#3に移動してディスクを初期化します。

読み取り専用または「ディスクは不明、初期化されていません」と表示される

#2.ディスクをGPTまたはMBRに初期化します。

ここでは、数クリックでディスクを初期化できるEaseUSパーティションマネージャーソフトのEaseUS Partition Masterを試してみることをお勧めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Partition Masterを起動し、パーティションマネージャーを表示させます。

ステップ2. ターゲットディスク-HDDまたはSSDを右クリックして、「MBRに初期化」または「GPTに初期化」を選択します。「タスクの実行」及び「適用」をクリックして、変更を保存します。

0:00-0:18 MBRに初期化、0:19-0:44 GPTに初期化

#3.DiskPartで読み取り専用の状態を解除します。

ステップ1. Windowsキー+Rキーを押しながら、「ファイル名を指定して実行」にcmdと入力し、「OK」をクリックすると、コマンドプロンプトが起動します。

ステップ2. diskpartと入力し、Enterキーを押してDiskPartを開きます。

ステップ3. 以下のコマンドラインを1つずつ入力し、その都度Enterキーを押してください。

  • list disk
  • select disk 0(0は読み取り専用ディスクのディスク番号に置き換える)
  • clean
  • exit

この方法はディスク全体をクリーンアップしてしまうので、そこにファイルがある場合、ディスクのデータを失ってしまうことに注意してください。失われたデータを復元するには、信頼性の高いデータ復元ソフトウェアのEaseUS Data Recovery Wizardに頼ることができます。

この後、変換可能な問題なくディスクをGPTに初期化するために、#3に移行することができます。

処理が完了するのを待ちます。これで、次にハードディスクをパーティションし、ディスクの空き容量を活用します。

修正2.指定されたディスクが変換できません。CORMやDVDは変換できないディスクの一例です

指定されたディスクが変換できません。CORMやDVDは変換できないディスクの一例です。

エラーメッセージ 症状

仮想ディスクサービスエラー
指定されたディスクは変換できません
CDROMとDVDは変換できないディスクの一例です。」

  1. 1. GPTやMBRに変換できない
  2. 3. DiskPart CMDにエラーメッセージがポップアップ表示される

WindowsはCDやDVDをMBRやGPTに変換することができないので注意してください。そのため、CDやDVDを変換しようとすると、このエラーを修正することはできません。しかし、ハードディスクであれば、ここで原因と直し方をチェックしてください。

このエラーが発生した原因:1.ドライブにパーティションが存在する 2. Windows内蔵のユーティリティは、ディスク変換のために既存のパーティションをすべて削除する必要がある

DiskPartを使用してMBRとGPTの間で変換するために、ディスク全体をクリーニングする必要があります。そうしないと、Windowsはハードディスクの消去を許可しないので、システムディスクをGPTに変換したり、逆にGPTに変換することはさらに難しくなります。

「指定されたディスクは変換できません」エラーを修正し、ディスクをMBR/GPTに変換できるようになった

では、パーティションやデータを失うことなく、「指定されたディスクは変換できません」エラーを修正するにはどうすればいいのでしょうか?ここで、信頼できるディスク管理ツール- EaseUS Partition Masterが役に立ちます。そのディスク会話機能は、パーティションを削除したり、データを失うことなく、ディスクをGPTからMBRに、またはMBRからGPTに完全に変換することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここにある手順に従って、今すぐ数クリックでディスクをMBRに変換することができます。

ステップ1. EaseUS Partition Masterをパソコンにインストールして起動し、「ディスクの変換」セクションに進みます。

ステップ2. 「GPTをMBRに変換する」を選択し、「次」をクリックして続行します。

「GPTをMBRに変換する」を選択し、「次」をクリックして続行する

ステップ3. MBRに変換したい対象のGPTディスクを選択し、「変換」をクリックすると変換が開始されます。

MBRに変換したい対象のGPTディスクを選択し、「変換」をクリックすると変換が開始される

変換処理が完了したら、再びデータを保存するためにドライブを使用し続けることができます。

「指定されたディスクは変換できません」エラーからドライブを保護する方法

「指定されたディスクは変換できません」というエラーから、ドライブやデータを保護する方法はありますか?はい、あります。ここでは、いくつかのヒントを紹介しますので、試してみてください。

  1. 1.ハードディスクデータのバックアップを作成する
  2. 2.ウイルス対策ソフトを起動し、ウイルスやマルウェアを駆除する
  3. 3.ディスクドライバを適時更新する
  4. 4.EaseUS Partition Masterのようなディスク変換ツールを正しく選択し、手助ける

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ディスクを安全に保護するために行動を起こそう

ハードディスク、SSD、あるいは外付けハードディスクをMBRやGPTに変換する際に、「指定されたディスクは変換できません」というエラーメッセージに遭遇しても、心配は無用です。

お使いのパソコンのエラーメッセージを確認し、ここで、それぞれのガイドに従って、すぐにエラーを修正してください。今、あなたの番です。アクションを取ると、正常にディスクを変換することができます。

「指定されたディスクは変換できません」エラーの修正に関するFAQ

このページでは、Windows パソコンの指定されたディスクが変換可能でないエラーの修正に役立つ完全なガイドを提供します。しかし、原因は複雑である可能性があり、この問題についてさらに質問がある場合は、以下に従って回答を見つけてください。

1.仮想ディスクサービスエラー「指定されたディスクは変換できません」を修正するにはどうすればよいですか?

Windows パソコンで仮想ディスクサービスエラー - 指定されたディスクは変換できない場合、こちらのヒントで修正することができます。

  • EaseUS Partition Masterをパソコンにインストールし、起動します。
  • 仮想ディスクサービスエラー「指定されたディスクは変換できません」と表示されたディスクを右クリックし、「ディスクの変換」を選択します。
  • 次に、「MBRをGPTに変換する」をクリックし、「タスクの実行」をクリックします。
  • その後、「適用」をクリックします。

2.GPTからMBRにするにはどうしたらいいですか?

Windows パソコンで、ディスクの管理を使ってGPTディスクをMBRに変換するには、次のような方法があります。

  • GPTディスクのすべてのファイルを安全な別の場所にバックアップします。
  • ディスクの管理を開き、GPTディスクの既存のパーティションを右クリックします。
  • すべてのパーティションを削除し、GPTディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

3.MBRをGPTに変換するとどうなりますか?

  • ディスクの管理を使用してMBRをGPTに変換する場合、既存のパーティションをすべて削除する必要があります。その結果、GPTディスク上のすべてのパーティションとデータが失われます。その後、ディスクの種類がMBRからGPTに変更されます。
  • EaseUS Partition Masterなどのサードパーティ製のディスク変換ソフトを使用した場合、ディスクの種類がMBRからGPTに切り替わるだけです。また、データ損失の問題は全く起こりません。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!