> How to Use > パーティション管理 > Windows 7で仮想HDD(VHD)作成とVHDサイズの調整/拡大/縮小

Windows 7で仮想HDD(VHD)作成とVHDサイズの調整/拡大/縮小

2014-10-17 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows 7で仮想HDD(VHD)作成とVHDサイズを調整/拡張/縮小する方法を紹介します。パーティション管理フリーソフト- EaseUs Partition Master FreeとWindows 7に内蔵しているパーティション管理ツールの二つのVHDサイズ変更方法があります。次にVHD作成とリサイズの手順を詳しくご紹介します。

Windows 7で仮想HDDの作成について

仮想HDD(VHD)とは、物理的なHDDと構造的に似ているファイル形式です。 特に仮想化ソフトウェアパッケージで、様々なOS(Microsoft WindowsやLinuxなど)をインストールするために利用されています。 いずれの前バージョンのWindows OSとは違って、Windows 7のディスク管理ツール は仮想HDDの作成、接続、または着脱などの強力な機能を備えています。

Windows 7で仮想HDDを作成する手順

Step1. 「マイコンピュータ」「管理」を選択して、 「ディスクの管理」 を選びます。

VHDを作成するステップ1.

Step2. 「操作」をクリックし、「VHDの作成」をクリックします。

仮想HDDを作成するステップ2.

Step3. フォルダの場所を指定して、ディスクのサイズを入力します。

VHDを作成するステップ3.

Step4. 「OK」をクリックして、仮想HDDの作成が完了します。

Step5. 動作が適用されたら、仮想HDDにパーティションを作成することができます。

Windows 7で仮想HDDのサイズを変更する方法

方法1. VHDのサイズをパーティション管理無料ソフト - EaseUS Partition Master Freeで調整する

第三者パーティション管理ソフトとしての EaseUS Partition Master FreeはVHDのサイズを簡単で直接に拡張/縮小することができるほか、 VHDパーティションのコピー、FAT VHDをNTFSに変更など、より豊富な機能が付いています。

次は、EaseUS Partition Master Free という完全無料のパーティション管理ソフトで、VHDのサイズを変更する手順を紹介します。

注意:データの100%の安全を確保するために、仮想ディスクをリサイズする前に、 大切なデータをバックアップしてください。

  •    EaseUS Partition Master Freeを実行して、VHDでサイズを変更したいパーティションを右クリックして、 「パーティションサイズを調整」或は「パーティションを移動する」をクリックします。

EaseUS Partition Master FreeでWindows 7 仮想HDDのサイズを調整/拡大/縮小するステップ1.

  •  「全部の未割り当て領域」「パーティションサイズ」 の数を入力し、またはボリュームのハンドルをドラッグすることによって、パーティションサイズを縮小します。

EaseUS Partition MasterでWindows 7 仮想HDDのサイズを調整/拡大/縮小するステップ2.

  •    未割り当ての領域ができたら、未割り当ての領域を拡張したいパーティションの後に移動することができます。

EaseUS Partition MasterでWindows 7 仮想HDDのサイズを調整/拡大/縮小するステップ3.

  •   サイズを拡張したいパーティションを右クリックして、 「パーティションサイズを調整」或は「パーティションを移動する」 を選択し、パーティションのサイズを設定します。

EaseUS Partition MasterでWindows 7 仮想HDDのサイズを調整/拡大/縮小するステップ4.

  • 「適用」をクリックして、完了します。

方法2. Windows 7内蔵ディスク管理ツールで仮想HDDのサイズを調整

  •   Windows 7は仮想HDDのサイズを拡張/縮小するパーティション管理ツールを内蔵しています。このツールによってボリュームを拡張、縮小できます。

Windows 7の内蔵ツールで仮想HDDのサイズを調整/拡張/縮小する

EaseUSが選ばれる理由