> How to Use > パーティション管理 >【ガイド】MBRにWindows 11をインストールする方法

【ガイド】MBRにWindows 11をインストールする方法

NANAちゃん | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年11月30日に更新

概要:

Windows 11はMBRを実行できますか?もし同じような疑問を抱いているなら、この記事で答えを探せます。また、MBRパーティションにWindows 11をインストールする方法がわかります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

インストールする前の質問:Windows11はMBRを実行できますか?

MBRはMaster Boot Record(マスターブートレコード)の略です。MBRはOSに関する情報を保持し、コンピュータの起動やOSをRAMにロードして実行するのに役立ちます。簡単に言えば、MBRはOSを実行するための原動力です。

ご質問の件ですが、Windows 11ではMBRは動作しますが、2番目のディスクとしてのみ動作します。つまり、MBRをWindows 11のプライマリディスクとして使用することはできません。残念ながら、マイクロソフトはGPT (GUID Partition Table)の構成をUEFIに設定し、セキュアブートでWindows 11の実行とインストールを可能にしています。

そのため、MBRにWindows 11をインストールするには、OSのディスクタイプがGPTである必要があります。しかし、MBRはWindows 11のセカンドドライブとして機能します。GPTディスクをお持ちでない方もご安心ください。とりあえず、MBRにWindows 11をインストールする方法を以下に見てみましょう。

MBRパーティションにWindows 11をインストールする方法

MBRパーティションのディスクをお持ちで、Windows 11を実行したい場合、この記事を読めば、うまく実行できるようになります。

1.お使いのPCがWindows 11のシステム要件に適合しているかどうかを確認する

Windows 11をインストールする前に、お使いのPCがWindows 11を実行するための最小限のシステム要件を満たしていることを確認する必要があります。以下は、Windows 11のインストールに必要なシステム要件とハードウェア要件の一覧です。

  • ストレージの空き容量Windows 11をインストールするには、Cドライブに少なくとも64GB以上の空き容量が必要です。
  • TPM 2を有効にする。TPM(Trusted Platform Module)がWindows 11で動作することを確認する必要があります。もし、それが有効になっていなくても、心配しないでください。次のセクションでそれを有効にする方法を見ることができます。
  • BIOSでUEFIとセキュアブートモードをサポートする。前述のように、MicrosoftはWindows 11のインストールにBIOSでのUEFIサポートとセキュアブートモードを要求しています。したがって、インストールを進める前に、この要件を満たしていることを確認してください。
  • OSドライブのディスクタイプはGPTです。Windows 11をインストールするには、OSドライブがGPTタイプである必要があります。しかし、この記事はMBRパーティションにWindows 11をインストールするためのものですので、何も心配することはありません。

2.Windows 11をインストールするためにディスクをMBR からGPTに変換する

MicrosoftのMBRの制限は、Windows 11をインストールする際に避けることができないものです。しかし、MBRディスクをGPTに変換することで、Windows11のインストールを行うことができます。この作業はEaseUS Partition Masterを使えば、見た目よりもずっと簡単にできるので、慌てる必要はありません。

EaseUS Partition Masterは、MBRディスクパーティションをGPTフォーマットに変換するための包括的なソリューションを提供します。また、他のパーティション管理および作成タスクを実行するための多くの機能を提供します。

そこで、今すぐEaseUS Partition Masterをダウンロードし、以下の手順でディスクをMBRからGPTに変換してください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterをパソコンにダウンロードし、起動します。

ステップ2.ディスクコンバータに移動し、MBRをGPTに変換を選択し、次へをクリックして続行します。

MBRからGPTへの変換 - 1

ステップ 3.GPTに変換したいMBRディスクを選択し、変換をクリックすると変換が開始されます。

MBRからGPTへの変換 - 2

3.Windows 11をインストールするためのPCの設定と準備

インストールする前に、もう一つ欠かせないのが、Windowsブートモードの設定とTPM 2.0の有効化です。その方法を見てみましょう。

セキュアブートモードを有効にする手順

ステップ1設定に移動し、更新とセキュリティを選択します。そこで、復元オプションを選択します。

ステップ2:詳細なスタートアップで、今すぐ再起動ボタンを選択します。

restart now ボタンをクリックします。

Step 3:再起動後、詳細起動メニューからトラブルシューティングを選択します。

セレクトトラブルシューティング

ステップ4:詳細オプションに進みます。

詳細オプションの選択

ステップ5: UEFIファームウェアの設定オプションを開く必要があります。

uefiファームウェアの設定を開く

ステップ6: 再起動ボタンをクリックします。

システム再起動

ステップ7:ブートまたはセキュリティの設定ページを開く必要があります。そこで、Secure Bootオプションに移動する必要があります。そこで、Enterキーを押します。

ステップ8:オプションとしてEnabledを選択します。その後、Enterキーを押すだけです。

セキュアブートをオンにする

ステップ9:ここで、新しい変更を確認してUEFTの設定を終了します。

システムが再起動し、コンピュータのセキュアブートが有効になります。

TPM 2.0を有効にするための手順

ステップ1:再び設定に移動し、更新とセキュリティを選択します。そこから、回復オプションを選択する必要があります。

手順2:詳細スタートアップから再起動します。

今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

ステップ3:トラブルシューティングを選択します。

トラブルシューティングをクリック

ステップ4:詳細オプションに進みます。

トラブルシューティングから高度なオプションを選択する

ステップ5:ここで、UEFIファームウェアの設定を開く必要があります。

オープンUEFIファームウェアの設定

ステップ6:再起動ボタンをクリックします。

ステップ7:起動またはセキュリティの設定ページに移動します。

ステップ8:今度はTPMの状態の変更で、Enabledを選び、Enterキーを押します。

セキュリティページでtpmを有効にする

ステップ9:UEFI設定を終了し、新しい変更を確認します。

これで、システムが再起動します。Windows 11をインストールするためにTPMが有効になっているはずです。

4.Windows 11のISOファイルをダウンロードし、インストールする

これでWindows 11のダウンロードとインストールは完了です。以下の手順に従ってください。

ステップ1: Windows 11のISOファイルをダウンロードします。

Microsoftアカウントにサインインしてください。メニューからWindows 11を選択する必要があります。

セレクトウィンドウズ11

ステップ2:ここでISOファイルの64ビットダウンロードを選択し、あなたのディスクに保存してください。

ISOファイルダウンロード

その後、製品の言語を選択するように指示されます。それを選択して、確認をクリックします。しばらくすると、Windows 11のISOファイルがユーザーのコンピュータにダウンロードされます。

ステップ3:ここで、ISOファイルをUSBドライブまたはWindows 11インストール用のディスクに書き込みます。

USBドライブまたはディスクをコンピュータに挿入します。次に、Windows 11のISOファイルを選択し、右クリックしてディスクイメージの書き込みを選択します。ここからUSBまたはDiscの場所を選択し、書き込みボタンをクリックします。

アイソファイルを焼く

しばらく待つと、Windows 11のファイルがUSBメモリやディスクに書き込まれます。

ステップ4:コンピュータを再起動し、Windows 11が書き込まれたUSBドライブまたはディスクから起動します。

ステップ5:今、Windows 11のセットアップが表示されます。言語を選択し、次へボタンをクリックします。

Windows 11の言語を選択する

ステップ6:Windows 11のプロダクトキーを追加し、次へをクリックします。

プロダクトキーの追加

ステップ7:ライセンスと契約書に同意して進みます。

ステップ8:カスタムインストールオプションを選択します。

カスタムインストールを選択

ステップ9:インストールするGPT変換されたMBRドライブを選択し、次へをクリックします。

インストールするドライブを選択する

これで完了です。この後、基本的なインストール手順を進めていけば、Windows 11のセットアップが完了します。完了すると、以前はMBRだったドライブにWindows 11がインストールされます。

Win 11の完全インストール

Windows 11のディスクパフォーマンスを最適化するためのヒント

Windows 11は、Windows Microsoftの最新バージョンです。それは、UIとパフォーマンスの面ではるかに改善されています。あなたは、Windowsの11ディスクのパフォーマンスを最適化する場合だから、それは最善である。Windowsの11の最適化のためのいくつかの本質的なヒントは、以下のとおりです。

  • Cドライブを解放する。システムのCドライブに少なくとも120GB以上の空き容量を確保するようにします。
  • ディスククリーナーを実行する。Windowsのディスククリーナーユーティリティを使用して、Cドライブから余分なファイルや無駄なファイルを定期的に掃除します。
  • 大容量ファイルを移行する。Windows 11がインストールされているドライブ以外のドライブに、すべての大容量ファイルが存在することを確認してください。
  • アンチウイルスまた、時々、コンピュータで優れたアンチウィルスを実行するのがベストプラクティスです。

まとめ

マイクロソフトは、特定のハードウェアとソフトウェアの要件を満たした場合にのみ、Windows 11を実行できるようにしました。主な要件は、ストレージに空き容量があること、TPMが有効であること、Secure Bootが有効であること、そしてGPTディスクドライブであることです。

そのため、MBRディスクドライブを使用している場合、Windows 11をインストールするには、まずそれをGPTに変換する必要があります。EaseUS Partition Masterを使えば、数クリックでMBRをGPTに自動変換してくれるので、作業はとても楽になります。

要件がすべて揃ったら、Windows 11のISOファイルをダウンロードし、この記事で紹介した手順でWindows 11をインストールします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

よくある質問

1.MBRのデメリットは?

MBRの最も目立っているデメリットは、MBRディスクの最大容量の制限が2TBということです。 だから、ディスクのパーティション形式がMBRの場合、2TB以上のディスクを利用して、最大2TBの容量のみを利用できます。

2.mbrにwindows11をインストールする方法は?

本記事でご参照ください。本文はEaseUS Partititon Masterを使って、mbrにwindows11をインストールする方法を詳細に紹介しました。

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!