> How to Use > パーティション管理 > SSDを起動ドライブにする方法

SSDを起動ドライブにする方法

2016-05-25 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
OSをSSDに移行し、SSDを起動ドライブとして利用できるようにさせる方法を、このページで紹介いたします。

「SSDを買おうと思って、パソコンに換装したいですが、システムOSが既にHDDにインストールされています。どうすれば、OSをSSDに移行し、SSDを起動ドライブとして利用するが可能になるでしょうか。」このような疑問を抱いている方々はきっと少なくないと思います。伝統的なHDDより性能が優れるSSDが数多くのユーザーに愛用されいます。しかし、インストールされたOSを丸ごとにSSDに移行するのは、素人のユーザーには容易いことではありません。どうすればいいでしょうか?

その仕事は、パーティション管理専門家であるEaseUS Partition Master Freeに任せたらいかがでしょうか。素人に対してもすぐに使えるユーザーフレンドリーな無料ソフトですから、皆さんにはおススメです。それでは、EaseUS Partition Master Freeを使って、OSの移行を実際にやってみましょう。

操作手順

1.まずは、用意したSSDをパソコンに接続します。

2.ソフトの最初の画面で「OSをSSD/HDDに移行する」機能を選択します。

3.SSDを目標ディスクと指定します。

目標ディスクを指定

4.目標ディスクのすべてのパーティションを削除します。

目標ディスクのパーティションを削除

*新品のSSDなら問題ないですが、もしSSDにはパーティションがあれば、削除しないとOSの移行がうまくいけません。

5.SSDの状態が表示されています。パーティションをリサイズするのはできますが、SSDに移行するので、「SSDを最適化する」を選択しておけば大丈夫です。

ssdを最適化

6.SSDの状態を確認してから、「完了」します。

確認と完了

7.最後に操作を適用するのを忘れないでください。

EaseUSが選ばれる理由