> How to Use > パーティション管理 > 【対処法】Service Host: Local Systemでディスク、CPU、メモリーの使用量が多い

【対処法】Service Host: Local Systemでディスク、CPU、メモリーの使用量が多い

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年01月05日に更新

概要:

サービスホスト。Windows 10、8、7 のタスクマネージャで、Service Host: Local System がすべてのリソースを使用している場合、ご安心ください。サービスホスト:ローカルシステムが使用する99%または100%のディスク使用量、CPU使用量、メモリ使用量は、こちらの詳しい説明で難なく修正できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

もし、Service Hostというプロセスが表示されたら。Windows 10、8、7 のタスクマネージャーで、Service Host: Local System というプロセスがコンピューターやラップトップのリソースをすべて使っていることがわかったら、この記事を最初から最後まで読んで、Service Host: Local System を停止する解決策を手に入れましょう。Local System がディスク使用量、CPU 使用量、メモリ使用量、またはネットワーク帯域幅を大量に消費するのを阻止する解決策をご紹介します。

サービスホストとは何ですか?ローカルシステムとは?

Ctrl + Alt + Del を押すと、タスクマネージャに簡単にアクセスすることができます。最初のプロセスタブに留まり、スクロールダウンすることで、サービスホスト関連のプロセスを多数見つけることができるはずです。Service Host: Local System (Network Restricted), Service Host: Local Service, Service Host: Network Serviceなど。

調べたところ、Service Host: Local SystemはタスクマネージャでWindows 10のディスク使用率が100%になる主な原因です。

Service Host: Local Systemは、システムプロセスのバンドル、または一般的なサービスホスティングコンテナと呼ばれます。Windows自動更新を含むプロセスが含まれ、多くの必要なシステムサービスがその中で実行されます。そのため、特に Windows 10 のアップデートを行った後は、ディスク、メモリ、RAM、さらにはネットワーク帯域幅を大量に消費し、コンピュータリソースを占め切る可能性が非常に高いのです。

サービスホストローカルシステムのディスク使用量、CPU使用量、メモリ使用量の高さ

Service Host: Local Systemでディスク、CPU、メモリ使用量が多い問題を解決する方法?

解決策1.ハードディスクの健全性を回復し、システムを最適化する

1.パソコンやノートパソコンにEaseUSpartition managerをダウンロードし、インストール後に起動します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.ハードディスク修復とシステム最適化の全手順をソフトウェアで完了するために移動します。

 ハードディスクの健全性を正常な状態に戻す

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

3.ハードディスクエラーやシステムファイルエラーを自動的にチェックし、修復することができます。

冗長なネットワークデータ、ファイル、システムログを削除し、コンピュータの最適化を継続する。

解決策2.Service Host: Local Systemを直接無効化する

手順1.タスクマネージャでサービスホストをさがし、「Service Host: Local System」を展開し、どの項目がより多くのディスク、CPU、メモリを使用しているかを明確にします。

手順2.コンピュータのリソースを占有する項目を特定したら、その項目を右クリックして「タスクの終了」を選択します。

サービスホストのローカルシステムタスクを無効化し、ディスクのCPUとメモリ使用量の高さを修正する。

手順3.すべての疑わしいタスクが停止するまで何度も繰り返す。その間、CPU、ディスク、メモリの各タブに注目し、パーセント数が減少しているかどうかを確認する。

手順4.問題の原因となっている項目を特定したら、その項目を右クリックし、「サービスを開く」オプションを選択します。

手順5.タスクマネージャで、同じ名前のサービスを見つけるまで調べ、その上で右クリックします。そして、「 停止」をクリックします。

手順6.問題の原因となっているサービスを見つけたら、それをダブルクリックして、「スタートアップの種類」メニューを展開し、「無効化」をクリックします。そして、「適用」ボタンと「OK」ボタンをクリックします。

解決策3.Transfer Service転送サービスを無効にする

手順1.Windowsタスクマネージャで、「サービス」タブをクリックします。

手順2.「サービス」ウィンドウの下部に「サービスを開く」ボタンが表示されます。それをクリックします。

バックグラウドインテリジェント転送サービスを無効にして、サービスホストローカルシステムの高ディスクCPUとメモリ使用量の問題を修正する。

手順3.新しいウィンドウが開いて、すべてのサービスの巨大なリストが表示されます。そこでBackground Intelligent Transfer Serviceというサービスを見つけます。その上で右クリックし、「停止」をクリックします。

解決策4.Superfetch Serviceを無効にする

手順1.WindowsキーとXキーを同時に押します。メニューが表示されますので、「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

サービスホストローカルシステムのディスク、CPU、メモリ使用量をコマンドプロンプトで修正する。

手順2.ここで、コマンドプロンプトを開きます。「net.exe stop superfetch」とコマンドを入力し、Enterキーを押します。

サービスホストローカルシステムのディスク、CPU、メモリ使用量をコマンドプロンプトで修正する。

解決策5.自動アップデートを無効にする

手順1.「Windows + R」キーで「ファイル名を指定して実行」を開き、「services.msc」と入力し、Enterキーを押します。

自動アップデートを無効にして、サービスホストローカルシステムのディスクCPUとメモリ使用量の問題を恒久的に修正する。

手順2.サービスのリストが表示されたウィンドウがポップアップします。Windows Updateサービスを探します。Windows Updateサービスをダブルクリックすると、Windows Updateサービスのプロパティ画面が表示されます。

手順3.「一般」タブで「スタートアップの種類」を探し、ドロップダウンリストから「無効」を選択します。「OK」をクリックして、変更を適用します。

手順4.Windows Updateを完全に無効にした後、解決策2に従い、サービスホストのタスクを終了させます。ローカルシステム。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!