> How to Use > パーティション管理 > Windowsを再インストールせずにMBRをGPTに変換する方法

Windowsを再インストールせずにMBRをGPTに変換する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年09月21日に更新

概要:

Windowsを再インストールすることなく、今使用中のMBRディスクをGPTディスクに変換するにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、Windows OSとすべてのソフトウェアを再インストールせずに、MBRをGPTに変換する方法について紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パーティションテーブルとは、各パーティションのプロパティと情報が記録されているものです。ディスクのパーティションテーブルが失われると、ディスク上のデータを読み取ったり新しいデータを書き込んだりすることができなくなります。マスターブートレコード(MBR)とGUIDパーティションテーブル(GPT)の2種類のパーティションテーブルはWindowsからサポートされています。GPTはMBRよりも新しい規格で、柔軟性が高くなります。

MBRとは

マスターブートレコード(MBR)は、現在使用中のディスクの組織を記録するための512バイトのブートセクターです。最大4つのプライマリパーティションをサポートします。それ以上のパーティションを作成したい場合は、1つのプライマリーパーティションを拡張パーティションにしてロジカルパーティションを作成すればいいです。

長所:

  • メンテナンスが簡単
  • すべてのWindows OSをサポート
  • パーティション数の制限は構わない場合に便利

短所:

  • データ整合性チェックは不可能
  • 安全性が低い

GPTとは

GPTまたはGUIDパーティションテーブルは、MBRの後に、新しく発表されたパーティションテーブルです。MBR機能だけでなく、128個のパーティションの作成もサポートしています。また、すべての重要なデータが隠されているため、MBRよりもデータの安全性が高いです。最新バージョンのWindowsで採用されています。

長所:

  • データの安全性が高い
  • データ整合性チェックは可能
  • より多くのパーティションを作成

短所:

  • 古いOSバージョンと互換性がない
  • UEFIにのみ対応

なぜGPTに変換する?

GPTディスクのメリット一覧:

  • 2TB以上のディスクをサポート
  • MBRより強力で、最大128のパーティションを作成可能
  • 巡回冗長検査が含まれる
  • プライマリーGPTとパーティションエントリーが含まれ、データの安全性が高い

OSのシステム要件がますます厳しくなっていくのは、MBRをGPTに変換する主な理由の1つだと言えます。例えば、Windows 11にアップグレードするには、UEFIファームウェア、TPM 2.0とGPTパーティションテーブルなどのシステム要件を満たさなければなりません。しかも、Windowsを再インストールせずに、MBRをGPTに変換することが難しいです。

一般ユーザーの場合、Windows 10のサポートは数年後に終了するかもしれませんから、Windows 11にアップグレードするために、MBRをGPTに変換する必要があります。

OSを再インストールせずにMBRをGPTに変換

Windowsとすべてのアプリを再インストールしてアクティブ化するにはかなり時間がかかります。Windows内臓ユーティリティでMBRをGPTに変換する場合、パーティションを削除して再作成して、Windowsとすべてのソフトウェアを再インストールする必要があります。

だから、ここでお勧めしたいのはEaseUS Partition Masterというサードパーティのパーテーション管理ソフトです。これを使えば、パーティションが削除またはフォーマットされることはありません。

EaseUS Partition Managerの機能一覧:

  • スライダーを移動することで、パーティションのサイズ変更と移動を簡単に行う
  • パーティションの作成、フォーマット、マージ、ワイプ、削除
  • ディスククローン、MBRの再構築、GPTへの変換
  • サーフェステストと4Kアライメント

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを実行します。MBRディスクを右クリックして、「MBRをGPTに変換」を選択します。

MBRディスクからGPTディスクに変換1

ステップ2.ソフトが10秒以内で迅速にディスクの変換を実行します。

MBRディスクからGPTディスクに変換2

ステップ3.ディスクの変換が完了した後、元のMBRディスクがGPTディスクと表示されます。「保留中の操作」を確認して、「適用」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクに変換3

ステップ4.最後に「OK」をクリックして、操作の適用を確認します。

MBRディスクからGPTディスクに変換4

EaseUS Partition Managerを利用すれば、ディスクを右クリックして、GPTへの変換を選択するだけです。

まとめ

MBRとGPTはどちらも広く利用されているパーテーション形式で、各自のメリットを持っています。GPTの最大メリットは、大容量のハードディスクとより多くのパーティション数のサポート、およびセキュリティです。

総じていえば、MBRからGPTディスクに変換するには、EaseUS Partition Managerは利用可能なソリューションです。これにより、Windowsやその他のソフトウェアを再インストールする必要もありません。それにしても、万が一の場合に備えて、バックアップを事前に作成しておくことをお勧めします。

変換機能に加えて、EaseUS Partition Managerはオールインワンのパーテーション管理ツールとして、Windowsの組み込みツールより優れた強力な機能を多く備えています。ディスクのサイズを調整するためのスライダー移動機能も高く評価されています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!