> How to Use > ファイル復旧 > Microsoft Office 2016のファイルを簡単復活

Microsoft Office 2016のファイルを簡単復活

2015-10-27 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
「捨てる神あれば拾う神あり」っていうことわざは本当です。絶望ししていた時、友人が『EaseUS Data Recovery Wizard』という使いやすい復元ソフトを勧めてくれました。パソコンのHDD、SSDの他、USBメモリ、SDカードから削除したり消失したりした Office 2016アプリのファイルを復元することもできます。

Office 2016のファイル損失

Windows 10の正式版が7月29日にリリースされました。それに最適なOffice 2016も、すぐ後の9月23日に公開されました。PC版はWindows 7/8/10に対応するほか、Macパソコン、iPhone、Android、Windows Phoneアプリでつながることもできます。Word、 PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote、Project、Visio、Access等のアプリを備えたOffice 2016は、生産性の一番高いツールと思います。Office 2016では、いつどこでも、作業ができるようになりました。

Office 2016で一ヶ月間くらい仕事をやっていますが、先日USBメモリに保存していた重要なレポートをOneDriveにアップロードした後、USBメモリを直接パソコンから取り外しました。今朝、もう一度編集するために、OneDriveで共有したExcelファイルを探そうとしていた時、ファイルが見つからなくなりました。同僚の誰かがそのファイルを誤って削除した可能性が考えられます。USBメモリ内を探しでも全く見つかりません。ちゃんとファイルを保存していなかったことをとても悔やんでいますが、もう取り返しがつかないと諦めかけています。

「捨てる神あれば拾う神あり」っていう諺は本当です。絶望ししていた時、友人が『EaseUS Data Recovery Wizard』という使いやすい復元ソフトを勧めてくれました。パソコンのHDD、SSDの他、USBメモリの復元、SDカードから削除したり消失したりした Office 2016アプリのファイルを復元することもできます。下記ボタンからこの高機能のファイル復元ソフトをダウンロードすることができます。ソフトのスペックについては、こちらをご覧ください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

3ステップでOffice 2016のファイルを復活

『EaseUS Data Recovery Wizard』を使うと、失われたファイルを簡単に数クリックで復活させることができます。下記手順をご参照ください。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ってください。そこでメールファイルを保存していた元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを開始します。

メールを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「メール」を選択してください。検出されたメールファイルが一つずつ確認することができます。

メールを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいメールファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたメールファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルを上書きしないため、復元されたメールファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

メールを復元するステップ3-ファイルの保存

無料版の『EaseUS Data Recovery Wizard Free』は、データ復旧のフリーソフトです。2GBまでファイル復活させるのができます。下記ビデオチュートリアルを参照しながら、失われたファイルを復元しましょう!

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。