> How to Use > ファイル復旧 > 紛失されたWPS Office 2016ファイルを復旧する方法

紛失されたWPS Office 2016ファイルを復旧する方法

2016-12-12 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
WPS Office 2016というのは日常生活によく利用されるドキュメントファイル編集ソフトです。特にパソコンで仕事をする人なら必ずWPS Office 2016を使ったことがあるでしょう?誤削除、システムクラッシュなどの原因によって、WPS Office 2016ドキュメントファイルが紛失された場合、どうすれば、そのドキュメントファイルを復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

WPS Office 2016ファイルの紛失

「先日パソコンでドキュメントファイルを編集していたところ、突然に停電が起こってしまい、パソコンを再起動したら、編集していたドキュメントファイルが既に紛失されました。大事なドキュメントなので復旧できないと大変です。WPS Office 2016でドキュメントを編集していました。何とか助けてください。」

WPS Office 2016ファイルを復旧する方法

WPS Office 2016というのは日常生活によく利用されるドキュメントファイル編集ソフトです。特にパソコンで仕事をする人なら必ずWPS Office 2016を使ったことがあるでしょう。大事なドキュメントファイルが紛失されるとは確かに困りますが、上書きされない限り、復旧することが可能です。ここで、WPS Office 2016に完全対応データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。紛失、或いは削除されたドキュメントファイルをただ三つのステップで復元することができます。是非体験版で試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

WPS Office 2016ファイルを復旧できる簡単な3ステップ

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でOfficeファイルを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

Officeファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたOfficeファイルを一つずつ確認して選択することができます。

Officeファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいOfficeファイルを指定して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を選定してください。上書きをしないため、PowerPointの元ディスクと異なる場所を選択してください。

Officeファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

チュートリアルビデオ

人気記事

記憶媒体復旧
USBメモリ復元
SDカード復旧
HDD復旧
SSD復旧
ファイル復旧
写真復旧
動画復旧
EXCEL復旧
WORD復旧
PDF復旧
PHOTOSHOP復旧
PPT復旧
メール復旧
その他の復旧
ゴミ箱復旧
フォーマット復旧
パーティション復旧
サーバー復旧
起動できないPC復旧

EaseUSが選ばれる理由