> How to Use > ファイル復旧 > ディスク断片化によって開けないファイルを復元する方法

ディスク断片化によって開けないファイルを復元する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2020年12月23日に更新

主な内容:

概要:

ディスク断片化によって開けないファイルを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

ディスク断片化によるファイルアクセス不能

「長い間デフラグを行っていなかったせいか、ディスクの断片化がかなりひどくなりました。しかも一部のファイルが開けない状態になってしまいました。ディスク断片化によって開けないファイルを復元する方法はありますか?」

ファイルの断片化とは?

では、そもそもファイルの断面化とは何なのでしょうか。

ファイルの断面化

1つのデータがハードディスクなどの複数の場所に分散して保存されている状態。「フラグメンテーション」とも呼ぶ。断片化は、1カ所の連続した領域に保存されていたファイルが、移動や削除を繰り返すことで起こる。たとえば、ファイルの更新により、サイズが大きくなると、今まで記録していた場所に収まりきらず、あふれた部分が別の場所に書き込まれる。そのファイルを読み書きするたびに、複数の場所にアクセスしなければならないので、アクセスの速度が遅くなる。これを解消させることを「最適化」、または「デフラグ」という。Windowsには、デフラグ用のツールが標準で付属している。(参考:「ASCII.jpデジタル用語辞典の解説」)

ファイル断面化解消のメリット

ファイル断面化を解消するとどんな利点があるのかというと、

1.ハードディスクの動きが速くなる

一つのファイルの情報が連続して読み込め・書き込めるようになるため、ハードディスクの処理速度は上がります。

2.ハードディスクの寿命が延びる

点在したデータ情報を読み取る必要がなくなるため、無駄な動きが減り、より長くそのハードディスクを使用できるようになります。

ファイルの断面化への対処法

デフラグを行うことはファイルの断面化への対処法の一種です。デフラグとは、日本語で「最適化」という意味です。

デフラグ中の注意事項

1.デフラグ中には絶対に電源を切らないようにしてください。

もし、デフラグ中に電源を切った場合、最悪、パソコンが起動しなくなる可能性があります。デフラグを行う前は、他に影響のありそうな電気製品を使用していないか、ブレーカーが落ちやすくないか、などしっかりと確認をし、環境を整えてから行うようにしましょう。

そこで、パソコンの電源が落ちるなどの状況に対応するために、デフラグを行う前にバックアップは取ったほうがいいと思います。

2.ディスクの空き容量を確保してください
ディスクの空き容量が足りないとデフラグを行うことができません。

3.進行中のアプロケーションやプログラムを閉じてください。

断面化が残るトラブルを避けるために、開いているアプロケーションやプログラムなどを閉じてください。

デフラグを実行する方法

ステップ1.スタートボタンを右クリックし、「エクスプローラー」>「PC」>「ローカルディスク(C:)」を右クリックします。

ステップ2.「プロパティ」>「ツール」>「最適化」をクリックします。

ステップ3.「ドライブの最適化」ウィンドで、一番したの「スケジュールされた最適化」の「設定の変更」をクリックします。

ステップ4.「有効にする」>「最適化のスケジュール」>「スケジュールに従って実行する (推奨)」にチェック入れます。

ステップ5.「頻度」で頻度を選択して、「選択」>「定期的なスケジュールで最適化するドライブを選択してください」という枠にチェックをつけます。

ステップ6.「OK」>「最適化のスケジュール」が表示され、「OK」をクリックし、「ドライブの最適化」が表示され、「閉じる」をクリックします。

断片化ファイルを復元する

ディスク断片化によるファイル紛失によって、デフラグ指令dfrg.mscを実行し、ディスク断片化を緩和する重要さを思い知らされました。しかし、既にアクセス不能状態になったファイルは、どうすれば復元させられるでしょうか?

ここで、データリカバリ&復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。断片化されたファイルを修復し、他のドライブに復元することが可能です。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ