> How to Use > ファイル復旧 > 「対処法」プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?

「対処法」プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?

Shawty
更新者:Shawty 2024/05/09
   
WuYanG
執筆者:WuYanG
   

主な内容:

概要:

プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?Windows 11/10/8/7でファイルを別のドライブにコピーしようとしたときに、このエラーメッセージに直面した場合、この記事では、データを失うことなくこのエラーを解決するための実用的なソリューションを提供します。読み続けて、そのプロパティなしでファイルをコピーするのをやめましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

「こんにちは!時々、私は様々なフラッシュドライブでファイルを転送します。その際、「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」という古いメッセージが何度も出てきます。とにかくどんなプロパティが失われるのでしょうか?私の場合、「はい」と答えることで問題になったことはありません。」

このファイルをプロパティなしでコピーしていいんですか?

概要:

ファイルをプロパティなしでコピーしようとすると、「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」というエラーメッセージが表示されます。

ファイルのプロパティは、ファイルの内容を記述するメタデータです。ファイルをコピーするとき、プロパティは通常、ファイル本体と一緒にコピーされません。このため、そのファイルを、プロパティに依存する別のプログラムで使用すると、問題が発生する可能性があります。

このエラーは、所有者、グループ、権限などの関連する属性をコピーせずに、ファイルをコピーしようとした場合に発生します。これらの属性がない場合、ファイルは使用できません。このエラーを修正するには、以下の解決策に従ってください。

方法1.宛先ドライブをNTFSに変換してエラーを解決する

このエラー「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」は、ファイルシステムに起因している可能性があります。コピー先のディスクやパーティションがFATの場合、プロパティ付きでコピーや転送ができないファイルがあります。これは、NTFSファイルシステムはADSやファイル暗号化情報に関わるプロパティを保存できるのに対し、FATドライブでは保存できないためです。そして、「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」というエラーが発生します。

ファイルシステムエラーを修正するには、以下の手順でFAT32をNTFSに変換してください。

ステップ1.「このPC」または「マイコンピュータ」を右クリックし、「管理」を選択します。

ステップ2.デバイスマネージャに入り、「ディスクの管理」をクリックします。

ステップ3.「ディスクの管理」を開き、対象デバイスを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ステップ4.選択したデバイスに「NTFS」を設定し、「クイックフォーマット」にチェックを入れて、「OK」をクリックして確定します。

NTFSに変換

その後、対象ドライブにファイルをコピーしてみて、エラーが解消されているかどうかを確認してください。エラーがある場合は、Windows 11/10/8/7でパーミッションを変更してください。

方法2.ユーザーにファイルのアクセス権を「許可」に設定する

ファイルに固有のセキュリティ属性がある場合、「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」というエラーに直面することがあります。権限を変更することで、エラーを修正することができます。

ステップ1.ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「セキュリティ」にて、ユーザー名を選択し、「編集...」をクリックします。

パーミッションの変更 - 1

ステップ3.権限がすべて有効になっているかを確認し、以下のチェックマークをすべて解除します(拒否を解除)。

パーミッションの変更 - 2

ステップ4.すべての権限を有効にした後、「適用」をクリックします。

これで、ファイルを別のドライブにコピーすることができます。

方法3.ファイルを圧縮した後にコピー・移動・転送をする

「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」エラーを修正する最後の提案は、ファイルを圧縮することです。一部のユーザーは、ファイルを圧縮して別のドライブにコピーするのが便利だと感じています。ファイル圧縮のプロセスを学んでください。

ステップ1.ZIPしたいファイルやフォルダを探します。

ステップ2.ファイルまたはフォルダを右クリックし、「送る」を選択し、「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択します。

ファイルを圧縮して修正する このファイルをプロパティなしでコピーすることを確認していますか?

同じ場所に、同じ名前の新しいzipフォルダが作成されます。名前を変更するには、フォルダを長押し(または右クリック)して「名前の変更」を選択し、新しい名前を入力してください。

ステップ3.圧縮ファイルを目的の場所にコピーする。

方法4.Windows 11/10/8/7で失われたファイルを移動/復元する

それでもプロパティでファイルをコピーできない場合、EaseUS Data Recovery Wizardを使用してみてください。このデータ復元ソフトは、ハードドライブ、SSD、SDカード、USBドライブをスキャンして、失われたファイルや既存のファイルを見つけることができます。そして、Windows 11/10/8/7のターゲット場所にそれらを回復/移動することができます。

  • SDカード、HDD、SSD、USB、カメラカードなどの削除されたファイルを転送/復元することができます。
  • Windows 11/10/8/7で削除された写真、ビデオ、ドキュメント、その他のファイルを復元することができます。

EaseUSハードディスク復元ソフトをダウンロードして実行し、ファイルを別のドライブに復元/移動/コピーします。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えE:)を選択して「紛失データの検索」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データ復元手順1

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

データ復元手順2

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

データ復元手順3

まとめ

「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」というエラーが表示された場合、まず、ファイルをコピーまたは移動したいファイルの場所がNTFSフォーマットであるかどうかを確認します。もしそうでなければ、上記の4つの方法のいずれかを使って変換してください。それが終わったら、もう一度ファイルをコピー/移動/転送してみて、問題が解決されたかどうかを確認してください。もし、まだ同じエラーメッセージが表示されたり、これらのステップのいずれかを完了するのが困難な場合は、遠慮なくお問い合わせください。私たちの専門家チームは、この問題のトラブルシューティングをさらに支援し、エラーが発生することなくファイルをコピーすることができるように、喜んでお手伝いします。

よくある質問

1.ファイルのコピー時にアクセスが拒否された場合の対処方法について教えてください。

Windows 10でファイルのコピーがアクセス拒否されたのを修正する:

  • ファイルやフォルダの所有権を取得する
  • ファイルやフォルダのアクセス権を変更する
  • ファイルまたはフォルダの暗号化を解除する
  • CHKDSKコマンドを実行する
  • データ復旧ソフトを使う

2.ファイルプロパティとは何ですか?

ファイルプロパティとは、メタデータとも呼ばれ、ファイルについて説明または識別するための詳細です。タイトル、著者名、件名、文書のトピックや内容を特定するキーワードなどが含まれます。

3.このファイルをプロパティを修正せずにコピーして本当にいいのですか?

  • 保存先ドライブをNTFSに変換する。
  • プロパティで権限設定を変更する。
  • ファイルを圧縮して、再度コピーしてください。
  • これらのダイアログを自動的に解除してくれるスクリプトを使用します。
  • サードパーティ製のファイルコピー・移動プログラムを使用する...

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ