> How to Use > ファイル復旧 > 削除した/失われたAppDataフォルダを復元する方法

削除した/失われたAppDataフォルダを復元する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年05月21日に更新

主な内容:

概要:

誤ってAppDataフォルダを削除した?AppDataフォルダが勝手に消えた?復元方法が分からない?心配しないで、この記事が削除した/失われたAppDataフォルダを復元する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

AppDataとは

AppDataとは、名前通りに、アプリケーションデータです。AppDataフォルダは、下図のように、C:\Users\ユーザー名の下にある隠しフォルダーであり、アプリケーションデータ、設定データなど、たくさんのソフトウェアの作業用データが格納されています。このフォルダーに保存されているデータは大体アプリの設定か配置と強くかかわるデータなので、基本的には触るべきではないデータです。もし間違ってそれらのデータを削除した場合、ソフトの設定が間違うようになったり、ソフトが正常に動作できなくなったりする可能性があります。

また、ソフトをインストールして、AppDataフォルダーに、そのソフトにかかわるデータが生成されますが、そのソフトをアンインストールすることと共に、それらのデータも一緒に消えることがありませんので、それらのデータを手動に削除することは大丈夫というか、「不要ファイルのクリーンアップ」となります。

appdataのフォルダー

AppDataのデータを削除した!

「何かAppDataフォルダを復元する方法はあるのかな?そうですね、聞き間違っていないよ、誤って削除したAppDataフォルダの復元方法を探してる。
今日はね、\appdata\roaming\microsoft\excel\というパスで消えたエクセルファイルを取り戻しようとしてたのに、誤ってAppDataフォルダを削除した。削除したファイルを全部ゴミ箱に入れると思って一応ゴミ箱でも探したけど、結果はなんもなかった。そのAppDataフォルダを復元できるのか。」

上記のように、誤ってパソコンのクリーンアップなどの操作を実行する時に、AppDataフォルダ内のデータを間違って削除する可能性があります。それでは、もし、AppDataフォルダ内のデータ紛失事故がおきたら、この記事では役にたちます。

AppDataデータはどこ?見つからない

この前に言った、AppDataフォルダは、C:\Users\ユーザー名の下にある隠しフォルダーでです。フォルダが見つからない、今まで削除したこともない場合は、隠しフォルダを簡単に見つけられます。ただし、appdataが削除または紛失した場合は、データ復元ソフトを使うことが必要です。

AppDataフォルダを再表示する

1.検索ボックスに「コントロールパネル」と入力すると, 「ファイルエクスプローラーオプション」を選択します

2.「表示」「隠しのフォルダー、ファイル、ドライブを表示する」を選択してOKにします。

AppDataフォルダを再表示する

データ復旧ソフトで削除した/失われたAppDataフォルダを復元する方法

appdataファイルが隠されずに削除されたら、どうすればいいでしょうか?以上のようなで困っている場合、次に効果のある復元方法を述べていきたいと思います。

誤って削除したAppDataデータを回復するために、新しいデータをPCに保存しないでください。ここで、皆さんに最高なデータ復旧ソフト EaseUS Data Recovery Wizardをお薦めします。このソフトを使うことでただ3ステップで失われたデータを復元できます。AppDataフォルダを取り戻したい場合、このソフトが必ず役に立ちます。今すぐパソコンにダウンロードし、以下の操作手順に参照して復元を試してみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

Step1.インストール済みのEaseUS Data Recovery Wizardを実行してください。次に、フォルダーが消えた場所を選んでから、スキャンします。

フォルダー復元1
Step2.スキャンが完了すると、まず「削除されたファイル」フォルダから確認してください。そして、検索ボックスで直接にフォルダ名を検索することも可能です。

フォルダー復元2
Step3.復元したいフォルダをご確認の上、チェックしてリカバリーすると完了です。

フォルダー復元3

 

 

ヒント:AppDataフォルダが消えたパーティションに新しいデータを書き込みを避けてください、上書きの恐れがありますので。

以上のように、簡単な操作でデータを復元するのは可能です。なお、EaseUS Data Recovery Wizardは、パソコンのハードドライブにあったデータを復元に対応する他、USBメモリの復元SDカードの復元などほぼすべての記憶メディアの復元にも対応しています。

手動で削除してしまったAppDataファイルを復原する方法

手動で削除してしまったAppDataファイルを復原したい場合は、次の手順を試してみてください。ただし、この方法ではappdataフォルダ内のすべてのファイルを復元することはできません。最も良い方法は、データ復元ソフトを使うことです。

1.appdataフォルダを作成します。

2.フォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。「以前のバージョンに戻す」を選択します。

3.appdataフォルダのバージョンを選択して復原します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ