> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれています。

対処法:「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれています。

2019年05月09日に更新

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
毎回Word 2003/2007/2012/2013/2016を立ち上げ、エラーメッセージ-「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれています。次回wordでこれらのファイルをを起動するときに参照しますか?が表示されたら、どうすればいいのでしょうか。また、「いいえ、必要なファイルは保存したので、これらのファイルを削除します」を誤って選択した場合、どうすればいいのでしょう?この記事では、このエラーの対処法及び誤選択によって削除したドキュメントファイルを復元する方法を紹介していこうと思います。

「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれています。これらのファイルを次回wordを起動するときに参照しますか?

ワードのエラー

ワードソフトを立ち上げると、以上のようなエラーが発生したことがありますか。どうしてこのウィンドウが開かれるのでしょうか。一般的には、最近に編集したファイルが保存されていないと、このエラーが発生します。

エラーのシチュエーション

1.「いいえ、必要なファイルは保存したので、これらのファイルを削除しますという項目を誤って選択しました。どうすればいいのでしょうか。これらのファイルを復元することは可能ですか。」

2.「「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれていますというエラーメッセージが毎回wordを立ち上げる時に必ず表示されます。本当に邪魔です。どうすればこのようなエラーを解消できますか。」

対処法:「ドキュメント回復」作業ウィンドウには、回復されたファイルでまだ開かれていないファイルが含まれています。

全部分の2つのシチュエーションによって下記も2つの対処法をみなさんに紹介していこうと思います。

誤って削除したファイルを復元する対処法

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

誤って「いいえ、必要なファイルは保存したので、これらのファイルを削除します。」を選択して、これらのファイルがなくなった場合、ここで、その復元方法を皆さんにご紹介します。高機能なデータ復旧ソフトを使うなら、こんな時にファイルを復旧可能です。下記は具体的な操作手順ですので、ご参照ください。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

エラーメッセージが毎回自動表示を解消する方法

このエラーメッセージが発生したら、まず、ソフトを完全に閉じて下記の操作ガイドに従ってください。

1.Windows + Rキーを同時に押して、Regeditを入力してエンターキーを押してください。

2.レジストリエディタで下記のパスに移動してください。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\General

3.上記の場所でDoNotDismissFileNewTaskPaneというキーがあります、それを削除してください。 

4.レジストリエディタを閉じてエラーがまた発生するかを確認してください。

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。