> How to Use > ファイル復旧 > 削除/紛失されたフォントファイルを復元する方法

削除/紛失されたフォントファイルを復元する方法

2017-05-04 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
ドキュメントを編集する時、もし入力した文字が空白或いは化け文字になったら、フォントファイルが誤削除されて、或いは不明な原因で紛失された可能性があります。削除/紛失されたフォントファイルを復元するにはどうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

フォントファイルが紛失されたら?

「昨日Windowsシステムアップデートした後、ドキュメントの文字表示がおかしくなりました。化け文字になったり、文字が全然表示されないドキュメントが多く現れました?原因は何でしょうか?修復する方法はあるでしょうか?」

正常だったドキュメントの文字が突然に空白或いは化け文字になったら、フォントファイルが誤削除されて、或いは不明な原因で紛失された可能性が高いです。

フォントファイルの紛失

心配しないでください。次は削除/紛失されたフォントファイルを復元する方法を皆さんに紹介します。

究極対処:フォントファイルを復元して再インストール

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。上書きされない限り、紛失されたフォントファイルを復元することは可能です。上記の画像のように、フォントファイルが紛失した場所は常にC:\Windows\Fontsです。紛失フォントファイルを探す時間を節約するため、下記ソフトで場所を特定してから、スキャンを開始することが可能です。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

最後に、復元されたフォントファイルをC:\Windows\Fontsまでコピーして、再インストールすればいいです。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

他の対策:紛失フォントを改めてダウンロードしてインストール

  1. 1. マイクロソフト或いは他のフォントサイトから紛失フォントを改めてダウンロードして、安全なドライブに保存します。
  2. 2. 「File Explorer」を開けて、「fonts」とタイプしてフォントフォルダを見つけます。
  3. 3. フォントフォルダを開けて、「Fonts」をクリックして、「ファイル」「新フォントをインストール」を選択します。
  4. 4. 「フォントを追加」ボックスで、フォントのインストールドライブを指定します。
  5. 5. フォントフォルダをダブルクリックして、追加したいフォントをリストに加えます。最後に、「インストール」をクリックします。
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。