> How to Use > ファイル復旧 > Wordドキュメントを保存する時に発生するファイルエラーの解決法

Wordドキュメントを保存する時に発生するファイルエラーの解決法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年01月07日に更新

主な内容:

概要:

Wordドキュメントを保存する時に発生するファイルエラーを、どうすれば解決できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

ドキュメントを保存できない―ファイルエラーが発生した

「ドキュメントを保存できなくなりました。保存ボタンをクリックすると、「ファイルエラーが発生しました」と提示され、何度繰り返しても保存できません。どう対応すべきでしょうか?」

Word 2003、2007、2010、2013、2016ではよく現れる問題ですが、ファイルエラーでワードファイルを保存できないと実に困ります。でも、心配しないでください。次はその問題の対処法を皆さんに紹介します。

お見逃しなく対処法:ワードファイルが文字化けになっている

Wordドキュメントを保存できないときの対処法

1.空き容量の確認

保存先の空き容量が十分であるか確認し、もし、空き容量が足りなそうであれば、不要なファイルを削除しましょう。

2.   新規Wordを作成

編集したWordドキュメント全体の内容をコピーし、新規Wordに貼り付けて保存してみます。もし、この方法でうまくいかない場合はその内容を別のプログラムにコピーし、データを安全に保管するようにします。

3.「読み取り専用」を外す

もし、そのドキュメントが読み取り専用になっている場合、元の文書を変更することが不可能であるため、編集した文書ももちろん保存することができません。
この場合、ファイルを選択、右クリックし、「プロパティ」を選択、「読み取り専用」のチェックを外しましょう。

4. リッチテキスト形式(RTF)による保存

名前を付けて保存」で、保存するファイル形式を「*.rtf」にして試してみます。

5. アドインを停止する

Wordをインストールする際、通知をせずに追加されるアドインは多く、Wordの機能を高めてくれる一方で、不具合を生じさせる原因ともなります。
このアドインを停止するには、メニューバーから「ファイル」>「オプション」>「アドイン」へ進み、「管理(A):」右横のドロップダウンメニュー>目的のアドインの種類選択>「設定」によって不具合を起こす可能性のあるアドインを停止することが可能です。

ファイルエラーによる紛失されたドキュメントを復元

上記の方法で、復元できなかった場合、保存できなかったドキュメントは空きファイルになったり、紛失してしまったりするのでしょうか。では、どうやって紛失のファイルを復元すればいいのでしょう?

ここで、word復元に対応できる高機能のデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。このソフトを使うことで、保存されなかったドキュメントファイルを復元することが可能です。また、ワードファイルが破損しても修復することができます。下記のダウンロードボタンをクリックして、紛失のドキュメントファイルを復元できるかどうかをチェックしましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこでワード(Word)ファイルを保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたワード(Word)ファイルが一つずつ確認して選択することができます。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいワード(Word)ファイルを決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたワード(Word)ファイルの保存場所を指定してください。ここまでは復元は完了しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

まとめ

ワードが保存できない問題に直面したとき、上記の対処法により、簡単に解決することができると思います。その中で、EaseUS Data Recovery Wizardを利用して、ファイルエラーによる紛失されたワードファイルを復元できます。しかも、こ高機能のソフトは、2GB無料復元容量があります。ワードドキュメントを復元するには十分だと思います。また、無料復元容量が足りない場合は、有料版を検討してください。ぜひ試してくださいね。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ